スポーツ全般

渡辺雄太の海外の反応まとめ「YU TIME!」「子どもたちの憧れに」

米4大スポーツの一つ、世界最高峰のプロバスケットリーグ・NBAで、グリズリーズの渡辺雄太選手が日本人選手として史上2人目の出場という快挙を成し遂げました。
27日、地元テネシー州メンフィスで行われたサンズ戦に途中出場した渡辺雄太選手。NBAのコートに立った日本人としては2004年にサンズでプレーした田臥勇太選手以来、14季ぶりの偉業となりました。
日本のファンや関係者に感慨が広がる中、海外の反応はどうだったのかをまとめました。

田臥選手以来何人もはね返されてきたNBAの壁。遂に!!
Sponsored Links




渡辺雄太の海外の反応・評価は?

今年、下部チームとの「ツーウェイ」と呼ばれる契約を結び、NBA出場を待機していた渡辺雄太選手。グリズリーズでは主力に故障者が相次いだこともあり、開幕5試合目となる27日に早くも昇格しました。

渡辺雄太選手は、25点の大差がついた最終第4クオーター途中からコートへ。残り1分40秒には体を回転させながらゴール下に切り込み、放ったジャンプシュートが相手のファウルを誘発。フリースロー2本を沈めNBA初得点を挙げたほか、リバウンドも2本取る4分31秒間の堂々のデビューとなりました。

海外の反応はどうだったのか、まとめました。

彼はグリズリーズに不可欠な選手になると思う。頑張れ!
彼のプレーをもっと長い時間みていたい!
雄太、ハンサムな奴だな
日本人NBA選手はタブセもそうだし、ユータって名前多いな。3人目は何ユータになるかな?
すばらしい!初得点!歴史的な日!
田臥が2004年にNBAで初めて日本人としてプレーしたとき、私は本当に興奮した。そして、その時9歳の男の子だった渡辺がまた今成し遂げた!!
渡辺が言うように、私は日本の若者がインスピレーションを得てNBAに挑戦することを強く望む!
YU TIME!
NBAでの試合終了間際の場面で、一体何人の日本人プレイヤーがあのショットを打ち切れるだろう…?
子どもたちはこれから「大きくなったら渡辺みたいになりたい」と言うだろう

出典:https://www.youtube.com/results?search_query=yuta+watanabe
:https://www.youtube.com/watch?v=7mDdx7MD9mQ

Sponsored Links




渡辺雄太の経歴

海外の反応も称賛する、日本人2人目のNBAプレーヤー・渡辺雄太選手は1994年、香川県生まれの24歳です。身長206cmの恵まれた体格ながら、俊敏な動きでガード、フォワードもこなせるオールラウンダーで、3点シュートも武器としています。

香川・尽誠学園高時代には全国高校選抜優勝大会で2年連続準優勝。14年に米ジョージワシントン大に進学しNCAAでも活躍。大学卒業後の今年7月、グリズリーズの下部「ハッスル」に所属しながら、45日間NBAにも出場可能な「ツーウェイ契約」を結びました。

渡辺雄太選手の夢の達成には、恵まれた家族環境が欠かせませんでした。両親、姉とも一流バスケ選手。幼稚園の頃からバスケに夢中になり、自宅で常にNBA中継を見て「NBA選手に、コービー・ブライアントになりたい」。父英幸さんはすぐさま本格練習を始めます。

中学時代には近所にゴールを設置し、1日4時間かけて1000本成功のノルマを達成する日々。高校時代には既に身長190cmを超え、3年の時父の携帯に田臥選手から「彼は絶対に米国に行くべきだ」と着信があり、米国行きへの後押しをしてくれたそうです。

渡米時は英語を全く話せなかった渡辺選手ですが、努力家の本領を発揮して、27日の試合後は米メディアの取材にも流ちょうな英語で応対し、堂々たる〝トッププロ〟ぶりを見せていました。

https://twitter.com/wacchi1013/status/1044402366223659010

まとめ

またまた「羽生・大谷世代」のスーパースター誕生です。NBAで活躍が期待される渡辺雄太選手も羽生結弦、大谷翔平選手と同い年。まったく94年というのは何と凄い子供ばかり生まれた年なのでしょうか。
快挙達成後も至って冷静。「うれしいが大差があった場面だし、今日はみんなにコートに立たせてもらった。あくまでスタートラインに立っただけ。何番目とかは考えてなかった」。この辺も羽生、大谷選手らと似ています。
まさにこれからが夢の始まり。NBAや東京五輪で大いに活躍し、日本のバスケ界の大きな財産となってほしいものです。

渡辺選手、父の影響で野球は巨人ファン。スラムダンクは100回読んだって(^_^)

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. サビーナアルシンベコバの現在!世界女子バレーに出るか調べてみた

  2. 黒後愛のライバル過去はあの人!今は誰?「春高のヒロイン」「今は代表アタ…

  3. 高校野球代表vs大学野球代表の過去の結果を調べてみた

  4. 侍ジャパン壮行試合メンバー決定!高校代表のスタメン予想をしてみた

  5. 紀平梨花のスポンサーはどこ?株価が上昇する?

  6. 大迫傑のマラソン練習が半端ない!トレーニングシューズも調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP