お役立ち情報

秋インフルエンザとは?症状に違いはあるの?「冬だけというのは昔の常識!」

毎年、冬になるとインフルエンザが流行しますね。でも、インフルエンザのイメージって、冬ですよね。
それが・・・近年は、インフルエンザは秋でもかかるんです。昨年も、秋にインフルエンザが流行し
学級閉鎖になるほど流行しました。インフルエンザの流行の時期は近年早まってきているようです。
予防接種も10月から始まるのに、予防する前に始まる秋インフルエンザとはどういうものなのでしょうか。

Sponsored Links




秋インフルエンザとは?何か違うの?

まずは「秋インフルエンザとは?」何が冬のインフルエンザとちがうのでしょうか?

インフルエンザとは、強い感染症の病気です。インフルエンザウイルスは冬だけでなく一年中存在しているそうです。
一年中存在しているため、春にも夏にも秋にもかかることはあるということです。
近年、流行の時期が9月よりはやり始めたこともあり、秋インフルエンザという言葉ができたようです。
冬のインフルエンザと秋のインフルエンザ、季節によってインフルエンザの症状が違うということはないようです。

今年の秋インフルエンザの症状

では、今年の秋のインフルエンザとはどのような症状なのでしょうか

インフルエンザの症状としては、A型・B型・C型があります。
インフルエンザは予防としてワクチン接種があります。
今年は厚生労働省の2018~2019のシーズンのワクチンとしてもA型とB型の製造株が発表されています。
A型・B型の流行の予防をしようとしているということは、今年もA型・B型が流行るのではないでしょうか。
そこでA型・B型の症状を確認してみましょう。

A型:38度以上の高熱が出る、節々に痛みがある、強い倦怠感がある、
小児や高齢者で重症化しやすいというような症状があります。

B型:37度~38度の熱がでる、全身倦怠感やふらつきの症状がでる、寒気がする、
関節痛が起こる、腹痛、下痢が発症する
などの症状があるようです。
やはり、風邪と症状と似てる部分が多いようです。

Sponsored Links




秋インフルにネットの反応は?

この時期の「秋インフルエンザ」にネットの反応はどうなってるのでしょうか?

体力をつけるのが1番の予防
予防接種をしたらかからないようにしてほしい
副作用による危険も大きい
消毒液も病院などにおいてあり、効果があるのではないか
インフルエンザ、ノロウィルスなど感染症の予防に微酸性電解水が効果的です!
ここ近年秋インフルエンザなども流行っているみたいで、 手洗いうがいに加えて、歯磨きをするのも予防に効果的のようです!
秋なのにインフルが流行しているのだそう。朝番組で3つの原因を言っていた
1、インフルエンザの新常識
2、今年の異常気象
3、海外旅行者の急増
すでに学級閉鎖をしている学校もあるそうですよ。うちにも子供がいるので気を付けたいと思います

まだ、インフルエンザと秋が結びついてないようで秋のインフルエンザのニュースにネットの反応も少ないようです。

出典:twitter
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20180915-00010001-benesseks-life

今シーズン最初のインフルエンザによる学年閉鎖が9月1日大分で報告されました。
冬になれば、インフルエンザに気をつけなければと思っていたのが、秋にも注意しなければならなくなりました。
予防接種が始まるのは10月からです。A型の症状にもあったように、小児や高齢者が重症化することが多いとのことです。
学校・介護施設では感染の広まりも早くなります。流行する前の外出後の手洗い、十分な休養とバランスのとれた影響摂取など
日々注意することによって、秋インフルエンザの感染が広まらないようになればと願います。

Sponsored Links




関連記事

  1. LINEのハロウィン背景が変わらないのはなぜ?機種やバージョンと変える…

  2. フェルビナクとジクロフェナクとインドメタシンの違いは?一番効くのはこれ…

  3. 豊洲市場はいつから何時にオープン?行く前にマップや飲食店情報を調べてみ…

  4. 電車のリュックの持ち方マナーを具体的にシェア!迷惑にならない方法は?

  5. 高プロとは簡単に言うと?対象者を具体的にあげてみた

  6. エモいとは?意味は何?若者が使う由来を調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP