ボクシング

アンディルイスの戦績と体重は?ジョシュアに勝利は必然!?

2019年6月2日に、ヘビー級王者のアノソニー・ジョシュアに大番狂わせで勝ってしまった
アンディルイスの戦績や体重についてシェアします。

ジョシュアに勝ったのは必然か偶然か?

そのへんも含め考察してみました。

アンディルイスの戦績

ジョシュアvsワイルダーを期待していた筆者を含めたファンの失望は計り知れません!
筆者は「ジョシュア100%勝利」を確信していまして、代理で採用されたルイスについて調べることもなかったですが
ニュースを見て衝撃。

「え?こんなお腹ポッチャリにジョシュアが負けたの??」

画だけを見た時はジョシュアに対する失望が半端なかったですが
動画を見て、まあ、ボディが体脂肪の鎧であまり効かなそうに見えるルイスが
ガッチリと頭を防御していて、攻撃しにくそうなジョシュアに対して
隙があるとその体系からは意外なパンチラッシュを繰り出すルイスを見て、
「う~ん、少し納得」という感じでありました。

ジョシュアも慎重に対策していれば大丈夫だったような気はしますが、追い込まれても勝たなきゃいけない試合でしたね…。
P4Pにも入っていたジョシュアの価値は相当暴落したことでしょう。

ということで、そんな「意外性」も武器の一つである「アンディ・ルイス」の戦績は以下。ジョシュア戦も入っています。

戦績33勝22KO 1敗

詳細:http://boxrec.com/en/boxer/489762

この1敗も僅差判定でありました。
相手はジョセフ・パーカーで2016年。

あとは聞いたことのない選手ばかりですが、1人有名選手gあセルゲイ・リャコビッチというところ。

ただ、実はアマチュア戦績も非常によく、110戦105勝5敗と、すごい記録です。
井上尚弥がアマの戦績が75勝 (48KO/RSC) 6敗であります。
ロマチェンコが1敗であり、アマはルールが違ったり、いろいろ条件が違いますので10敗以下だと本当にすごい、という感じであります。

つまり、「見た目ポッチャリ」に騙されていたのはジョシュアだけでなく、筆者を含めた多くのファンであります。
かなり見た目で人を決めつけて見くびっていた、というところであります。

なんか、お腹見たらこっちの闘争心なくなるもんね
そ、それも強さの秘密ね。まさしく「トリッキータイプ」

体重は?

アンディルイスの前の試合の計量で118.8kgと報道されています。
そして、今回ジョシュア戦では、121・5キロ。

ジョシュアが同じく前の試合で111kgでした。
そして、今回が112・2キロ。

9.3キロ差となります。

ただ、ヘビー級で20㎏差とかはよくある話で
ワイルダーvsフューリーでは、
約96.4キロvs約116.3キロでした。

つまり、20キロの体重差でワイルダーは引き分けでダウンもとったわけです。
これに引き分けて防衛したワイルダーは本当にすごいですよね。20㎏って本当に大きな差で、やばいですからね。

体重差での試合を考えると、明らかにワイルダーの方がジョシュアより強いんだろうなってなるね

アンディルイスに関するネットの反応

アンディールイスめっちゃ好き
あれだけ速いパンチと動きなのにお腹タプタプってすごいな。どうやって脂肪キープしてる ボディ全く効かなさそう。
ダウン食らった直後にジョシュアがラッシュしてきてガード甘くなった時に反撃、カッコ良すぎる
ルイスは身体が柔らかく、カウンターがうまい
ボディが体脂肪の鎧で効かなそうで、かつ頭はしっかりガチガチにガードしているので意外と無敵だったり笑
ルイスはカウンターのスピードが、体型からは想像できない速さなのがすごい。これは無策だとやられる
ぽっちゃりなのに、スタミナが意外とあった。5回くらいでもう動けなくなると思ってたのに
アンディールイスは、「意外性」という誰にもない武器を持っていた
見た目で油断させて、必殺タコ殴りで相手びっくりしたところを見逃さずに勝ち取る、今までにない新型ボクサー登場笑
 一発ももしかしたらけっこうキツイ強さなのかも

出典:twitter

まとめ

ということでアンディルイスには「ファンになった」という声も笑。

たしかに、その気持ち分かります。見た目がゆるキャラ系なのに、いきなり猫のように素早いカウンターとパンチラッシュ。
この意外性に相手も驚くのも無理がないし、観ながら「これボディに撃ったら、ぽよよ~んってなって効かなそう….」と、なんだか「見た目だけで攻撃しずらい」というかつて初期ドラゴンボールでしか見たことがない現実。
思わず今調べましたが、ドラゴンボールのレッドリボン軍の5Fに住むモンスター「ブヨン」
あれを思いだします笑

なんだか私もファンになりそう。

もうジョシュアはいいから、ワイルダーvsルイスを見たい。

ワイルダーがボディ撃ったら、効かない!とびっくりしているところを見たい

通称は「破壊者」だけど、日本での愛称は「ブヨン」にしようぜ

関連記事

  1. ゾラニテテの戦績と強さ!ピークは過ぎているのか?

  2. 井上尚弥パウンドフォーパウンド最新ランキングで3位と4位!ゴロフキン抜…

  3. ロドリゲス対モロニーの放送日程と予想まとめ

  4. ゴロフキンの戦績一覧と凄さまとめ!「生涯1度もダウン経験なし!!」

  5. ウーバーリ(ボクシング)の戦績と強さ!井上拓真との対戦どうなる?

  6. カネロvsジェイコブスのテレビ放送・ネット中継の日本時間は?予想とオッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP