経済・広告

自動ブレーキはいらない!という声が大きくなっている決定的理由とは?

最新の自動ブレーキでもゲリラ豪雨にかなわないとの記事に「自動ブレーキはいらない」という多くのコメントが寄せられました。
その決定的な理由とは何かを見て行きましょう。

Sponsored Links




自動ブレーキはいらない!の声が大きくなっている理由

CMだけを見ると自動ブレーキは我々に必須不可欠のように見えますが、なぜ「いらない!」の声が多いのでしょうか?それについて見ていきましょう。

高齢者によるブレーキとアクセルの踏み間違えなどの事故が毎月のように世間を騒がしています。
一方で、このような操作ミスや車同士の衝突を回避する自動ブレーキ(衝突回避支援ブレーキ機能、誤発進抑制制御機能)が最近はほとんどの新車に搭載されていると言われています。

最新の自動ブレーキでもゲリラ豪雨にかなわない過信してはだめとの記事に、単なる補助装置で過信するのがおかしいとのコメントが多数ありました。

筆者もこのシステムが普及すれば今後は、うっかりミスの事故は大幅に減ってゆくものと思っていました。

最近知人が、7年目の車検を迎えることだしと、衝突回避支援ブレーキを搭載した某トップメーカーの車の購入契約をしたそうです。

この方は以前ヒヤリとした経験があって、車種の選定にあたっては、買い替えの理由を営業マンにも詳しく説明し契約に至りました。

ところが、その後、自動ブレーキシステムの詳しい話を聞いてみると、雨の日には使えないとの説明を受けました。

「間欠ワイパーを使う程度の小雨であれば、自動ブレーキは作動するが、連続してワイパーを使うような雨では作動しない」と言われ愕然としたとのことです。
連続してワイパーを使いだすと、機能がキャンセルされ、機能がキャンセルされたことはメーターなどに表示されるということで、豪雨どころか普通の雨の日にも機能しないことが分かりました。

確かにパンフレットには補助装置であること天候によって、機能しませんと小さな字で書いてありました。

自動ブレーキを体験したいと言ってもこちらから催促しないと実現しなかった理由が分かったと言ってました。

あくまで補助装置だとしても雨の日に使えない安全装置などにどれだけの意味があるのでしょうか?
詳しい説明を求め、もらったパンフレットから見ますと、この車の機能や安全システムは以下のようになっていました。

自動ブレーキシステムの具体例

安全装置は単眼カメラとレーザーレーダーからなっており、衝突警報機能には両者が作動して、歩行者などにも対応しているが、自動ブレーキにはレーザーレーダーのみが機能している。

衝突回避支援ブレーキ機能(レーザーレーダーによる)
レーザーで検知しているので、反射板が2つ以上の車両しか対象としない。
・人や二輪車、電柱などには反応しない。
・ワイパーが低速や高速で動いているときは作動しない

誤発進抑制制御機能(レーザーレーダーによる)
・ワイパーが低速や高速で動いているときは作動しない
・コンビニのガラス(レーザーをさえぎる棚などが内部にない場合)は検知しない
・縁石など障害物の高さが低い場合検知しない
・ステアリング操作でウインカーがONの場合作動しない。

赤外線レーザーのため、雨などを障害物として判断して誤作動する可能性があるためだそうです。

結局豪雨でなくとも。間欠ワイパーでない小雨でさえ使えない、人や単車や電柱は無視、縁石乗り越えもだめ、
コンビニのような素通しの全面ガラス(後ろに遮蔽物なければ)に作動せずということになります。

支援が必要な場合に作動しませんということを盛んにうたっているように見えます。
それは補助装置とは名ばかりの単なる飾り、販売のための手段のようにさえ見えてしまいます。

晴れた日のドライブで前の車にぶつかるのを防ぐ、晴れた日に全面に大きな壁があるときに誤発進を防ぐのでは、
間違いが起こりにくいときに補助して、起こりやすいときには知りません、運転手の責任ですというのと同じではないでしょうか?

さすがに、最近は衝突防止できるという動画のコマーシャルは減っているようですが、昨年には以下のコマーシャルが流れていました。

2017.9.2

サポトヨのCM女優は誰?焦って車を発進しちゃう綺麗なお姉さん!

このCMから雨の日には作動しないことが想像できるでしょうか?

自動ブレーキを過信するなへのネットの反応

ブレーキ補助装置と言った方がいい。
豪雨だったら、そもそもカメラが作動するか微妙です。
あくまで、補助的にみた方が安全運転出来ます。
自動ブレーキって言葉も、止めません?
勘違いの元ですよ。
過信してしまう位なら、付いてない方が良い。あくまでサポートでしょ
ないよりあった方がいいお守り程度に思っているくらいがちょうどいい。
便利な物が出来ると過信しちゃうけど、自動ブレーキはあくまでも補助器具だよね。晴れていたりコンディションが良い時に有効で、あくまでも補助。豪雨とかで有効なわけないじゃない
AT、ABS、パワステ、自動ブレーキ?
いろいろアシスト機能が増えたけど、事故は減ったのか?
機械まかせ、クルマまかせのドライバーが増え、
無責任運転、無頓着運転が増えているみたいだけど。
少し前、右折車のドライバーは右手に煙草、左手で携帯、
まるでサーカスだね。
こういう機能は付いてないのがいいと思う。
車は危険な物と思って運転しています。
ガソリンを何十リッターも積んだ鉄の塊が安全なわけがない。
自動ブレーキなんてオマケかフロクぐらいに思って過信しない方がいい。
多分雪道は意味が無いと思う。
過信せずに車間とスピードダウン。
過信とかではなく初めから付いてないと思って運転しなけりゃダメなんじゃないの?
最初は良いもんだと思いましたが慣れてくるとあてにしてしまう、危ない目に3回会った、今は無くてもいい機能だと思う。
そういう機能があるからと安心している事が問題。
あくまでも万が一の備えであって、本来はそんな機能が無くても安全に運転しなければならない。
無いものと思って運転するくらいで丁度良い。
そんな曖昧な機能ある方が邪魔なんですが
高齢者はもうまともに運転する技量がないのに自動ブレーキがある車を購入したから大丈夫とか勘違いして運転しないで欲しい。
間違いなく近い将来、世間を揺るがす大きな事故が起きて「自動ブレーキがあるから大丈夫だと思ってた、販売担当者も自動ブレーキがあるから安心してくださいと言ってたので信じてた」と供述して大問題になる日が来ると思うわ。
自動ブレーキっていう名称をやめた方がいい。いろんな誤解を招く。
あくまで保険であり補助的なものっていう認識になるようにしないといけない。ブレーキしなくても自動で止まるって思ってる車や機械に弱い高齢者や女が多い。
補助装置、補助システム、サポートシステムなどあくまで補助的なものであり作動するには条件があると認識させていく必要がある。
CMでも自動ブレーキがあるから止まる、追突事故はしないと誤解を招く。
メーカーの詐欺レベルのCMは景品表示法違反ではないのか?
肝心な時に機能しなくてどうなの?
最近の自動車メーカは安全用語を宣伝に使いすぎると思いますがとんでもない。消費者から見たら、危険ブレーキだと思いますが。
自動ブレーキ=止まるって言うCMのキャッチフレーズは過大広告。CMで画面下に小さく注意事項なんて誰も見ない。
車メーカーは自分たちの利益のみに必死だな。
自動ブレーキのCMこそJAROに通報していんじゃね
命に関わるブレーキなのに、その作動が不確実じゃ危なくて意味がない
肝心な時に「天気が悪くて作動しませんでした」じゃ話にならない
豪雨のような危険な時にこその安全装置をつくる努力をしてくれ。
晴天で見通しの良い砂の浮いてない舗装路のみに有効な試作段階の
補助ブレーキはやめてくれ。
役に立たないシステム。こういう悪天候の時こそ、自動ブレーキとやらを活用する事で、目に見えなかった障害物との衝突を防ぐことが出来る。晴れた天候の状況なら、目で見て止められる。ってか、止められない奴は運転するな。
死亡事故を一つでも防げれば十分元は取れると思って買い替えた。通常の運転にさらなる安全をと思って付いてる程度にしか考えていない。元々自動ブレーキ付いてるからって普段の運転が雑になるようなドライバーは車を運転するべきではない
まぁでもいずれ解決可能な課題でしょ。
10年もすれば「そんなふうに言われた時期もあったねぇ」ってなってるよ。

出典:ヤフコメ

補助装置に過ぎないのだから、過信するほうがおかしい、それにしても自動ブレーキという呼び方が誤解を与える、
メーカーのCMが過大広告などの多数のコメントが寄せられました。

まとめ

現在搭載されている自動ブレーキがメーカーの言うように補助装置なのは当然だと思いますが、
それにしても作動できないケースが多すぎて、これが完成した技術なんでしょうかと思ってしまいます。

さすがに、最近は過激なCMは抑えているようですが、中途半端な技術ではかえって危険を招くということも十分あるのではないでようか?

少なくとも現状ではできないことをもっとはっきりと明示すべきだと思いました。

Sponsored Links




関連記事

  1. 軽減税率がわかりにくい!やめろ!の声も…分かりやすく解説し…

  2. 「だじいな おらしせ」広告でどら焼き大当たり!タイポグリセミア現象を生…

  3. 阿波踊り赤字の原因はそもそも何?対立構造はこういうことか……

  4. クレーマー対応マニュアルで韓国のデパートが従業員保護へ!日本はどうする…

  5. キャッシュレス生活のメリットとデメリットは?2.7倍お得の理由をまとめ…

  6. アフリカ豚コレラが中国で大流行の4つの理由とは?「日本でも初確認!影響…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP