お役立ち情報

バカマツタケとは?味や値段にどんな違いがあるのか調べてみた

先日、松茸に似ているキノコの完全人工栽培に成功したというニュースが流れました。
その名も、「バカマツタケ」・・・だそうです。バカマツタケって何?ですよね。
でも、マツタケの一種なら食べてみたい・・・どんな味がするのだろう??
そこで、バカマツタケとは何?味や値段についてマツタケとの違いは何か調べてみました。

Sponsored Links




バカマツタケとは?


バカマツタケとは、ハラタケ目キシメジ科のキノコです。
マツタケよりもやや小さく、全体的にやや赤みを帯びています
マツタケにそっくりだが、カシ・ナラ林など雑木林に自生します

発生時期がマツタケより早く、そのせいでバカマツタケと呼ばれるようになってしまいました。
あまりみつからずマイナーでほとんど市場に出回っていないそうです。
だから、知らなかったんですね。味もほとんどマツタケと同じだそうです。

存在が知られるようになったのは、戦後からだそうです。
北海道の南部や本州、九州の一部地域では食用キノコとしてなじみがあるということです。
バカマツタケを「さまつ」と呼び珍重する地域もあるそうです。
値段はマツタケより安いようです。
ちなみに漢字でも「馬鹿松茸」だそうです。漢字の馬鹿までばか使うんですね。。。

バカマツタケの味や値段の違い

味、香りともマツタケとほぼ同じだそうです
香りにいたっては、バカマツタケのほうが強いようです。
では、肝心の値段はどうでしょうか?国産のまつたけと比べてみましょう。
国産のまつたけですが、
100gで10,000円前後で販売されています。
バカマツタケは、ほぼ流通してないので比較まではいかないのですが、少しありました。
「のぶしなカンパニー」で100gで3,000円で売っていました。
マツタケよりは安いですね。これなら、食べれそうです。
でも、中国産マツタケは500gで5,000円なので、すごく安いわけではなさそうですね。
ただ、めったに出回らないので希少価値はとてつもなく高い気がします。
人工栽培でいくら程になるのでしょうか。もう少し安くなるとうれしいです。

Sponsored Links




バカマツタケ?ネットの反応

千葉県ってバカまつたけの隠れた名産地なんですよね
バカマツタケ完全人工栽培に成功したんだって
バカマツタケの栽培成功は、常識破りの大発明だね!
食べてみたいバカマツタケ(笑)
1度食べたけど、マツタケより香りが強くて好きだった
バカマツタケの人工栽培で、秋の味覚が手軽になったよ
キノコ図鑑にバカマツタケ載ってたよ~
バカみたいにおいしいまつたけか~
バカまつたけの新しいレシピ考案中だよ
ニセマツタケやマツタケモドキというものもあるんだよ

出典:https://goo.gl/3MjUpo

まとめ

高級な秋の味覚「マツタケ」なかなか食べられないものですが、バカマツタケの人工栽培ができ、市場に安い価格で出回るようになれば、秋の楽しみの一つになると思います。バカマツタケとは、発生時期がマツタケよりちょっと早いだけです。味も香りもほぼ同じなら、マツタケとの違いはないので嬉しいですよね。名前だけは何とかしてあげたいような気もしますね。

Sponsored Links




関連記事

  1. 豊洲市場はいつから何時にオープン?行く前にマップや飲食店情報を調べてみ…

  2. 高プロとは簡単に言うと?対象者を具体的にあげてみた

  3. 社会的時差ボケとはどういう意味?寝だめの事例や影響を紹介

  4. スズメバチの活動時期と時間は?対策出来ることを考えてみた

  5. 電車のリュックの持ち方マナーを具体的にシェア!迷惑にならない方法は?

  6. アイフォンが充電出来ない8つの原因!裏ワザはある?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP