ボクシング

カネロvsゴロフキン再戦の予想オッズをまとめてみた「わずかにGGG有利?」「カネロKOもあり得る!」

村田諒太選手が王者の一角を占めるプロボクシングのミドル級で、世界が注目する「頂上決戦」が近づいてきました。
現地時間の9月15日に米ラスベガスで行われる、サウル・「カネロ」・アルバレスvs「GGG」ゲンナジー・ゴロフキン戦です。
遺恨が渦巻く因縁の対決。試合の予想やブックメーカーのオッズはどうなのでしょうか。

カネロ選手、食べたお肉が薬物汚染だったというんだけど…
Sponsored Links




カネロvsゴロフキンの予想をしてみた

カザフスタンのゴロフキン選手は現在WBA、WBCの2冠を持つ、ミドル級史上最強といわれるボクサー。
団体、階級を超えたボクシング界全体の「ザ・リング」誌仮想ランキングでも1位に君臨しています。
一方のカネロ選手(メキシコ)もかつてミドル、スーパーウェルターの2階級を制覇し実力・人気とも抜群。
この対戦は現在のボクシング界で「世界最高のカード」との評価もあるほどです。

さらにこの両者は、さまざまな曲折を経てきた「遺恨試合」の様相もあります。
始まりは昨年9月の初対戦。戦前はゴロフキン選手が優勢と予想されましたが、僅差の判定に。
多くの関係者はゴロフキン辛勝とみたものの、ジャッジの1人が8ポイントもの大差でカネロ選手を支持して引き分け。このため「疑惑の判定」との声も噴出しました。

再戦ムードが高まり、今年5月にいったん再戦が決定しましたが、その直前カネロ選手が禁止薬物に陽性反応を示して中止。カネロ選手は半年間の資格停止処分になってしまいました。
そうした影響もあって、ゴロフキン選手は保持していたベルトのうち、団体が指名した試合の交渉を進めなかったとして、IBFの王座を剥奪される事態に発展。

ボクシング界では大変な紳士で人格者として知られる母国の英雄ゴロフキン選手ですが、ことカネロ戦に関しては「不正は最初から明らかだった」「経歴を汚され、相手への尊敬の念を失った」と憤りを隠しません。

今回、ファイトマネーでもゴロフキン陣営は強硬に交渉。興行面では格上のカネロ選手に、自らの取り分を初対戦時の30%から45%に引き上げさせたそうです。
こうした相手の動きに、カネロ選手は自らの過ちを認めつつも「(ゴロフキンは)負けそうだから言い訳している」と強気に反論しています。

ゴロフキン選手はカネロ選手の資格停止中、わずか2回KOで20連続防衛を達成し、36歳という年齢による「劣化説」を払拭しました。
ファンの間では依然「ゴロフキン優位」の見方も多いようですが、カネロ選手は28歳とボクサーとして脂が乗っており、「カネロのKO勝利」を予想する声も。遺恨も混ざって激戦となるのは間違いなさそうです。

予想オッズはどうでしょうか。

カネロvsゴロフキンのオッズは?

海外の大手ブックメーカーは、カネロvsゴロフキン戦のオッズをどのように予想しているのでしょうか。

「bet365」ではゴロフキン:カネロが1.57:2.37。
「ウィリアムヒル」でもゴロフキン:カネロが1.57:2.5。
おおむねどのブックメーカーも同じ程度の倍率設定になっており、ややゴロフキン選手が有利とみているようです。

ただその差は1倍程度で、逆に言えばどちらに転んでも不思議ではないオッズともいえます。
昨年の最初の対戦前にも似たようなオッズが設定され、結果は僅差の引き分けになっています。

Sponsored Links




カネロvsゴロフキンのネットの予想まとめ

第1戦はドローで、判定に色々な意見もあったけど今回はハッキリした形で決着ついてほしい。あとはクリーンに戦ってほしい。薬物は本当に萎えるから
ゴロフキンにはドーピング野郎を完膚なきまで粉砕してもらいたい
この試合のためWBCはまたベルト作ったんだ(笑) 特別的なの作りすぎだよ
村田、カネロVSゴロフキンの勝者とやりたがってるとは凄い自信
アルバレスvsゴロフキン ゴロフキン判定勝ちとみた
両者の再戦!ゴロフキンに明白な勝ちKOを期待してます。そしてvs村田戦に繋げてほしい
9月15日ようやくミドル級が動き出す。ゴロフキン対カネロⅡの結果次第で今後のシナリオも大きく変わってくる
村田ファンに怒られそうだけど、個人的にはゴロフキン対村田よりMSGアリーナでゴロフキン対チャーロが実現してほしい
何はともあれとにかくミドル級ウォーズだ
欧米のボクシング誌だと井上尚弥は「ミニ・ゴロフキン」

出典:twitter

まとめ

ミドル級といえば、日本が誇る村田選手についてもメディアでさまざまな報道が出ています。
WBAは同級2位のブラント選手との対戦を指令したものの、村田陣営は拒否。
カネロvsゴロフキンの勝者との対戦をにらみ、仮に王座剥奪になっても、より格上の選手と米ラスベガスでの試合を模索しているといいます。
ところがつい最近、米スポーツ専門局ESPNが「村田対ブラント戦が10月20日に決定」と報じ、ファンは「どっちなんだ?」と困惑気味です。
選手層が厚く世界の注目度も高いミドル級だけに、ビジネスの思惑も絡んださまざまな駆け引きが繰り広げられているようです。

秋は格闘技の季節になりそうな予感!

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 井上尚弥の次戦WBSSテレビ放送はする?パヤノ戦の日程が決定!

  2. 井岡一翔の次戦対戦相手は?復帰の評価・反応まとめ

  3. アロイヤンの戦績と強さとは!テテ以上の予感

  4. 井上尚弥vsロドリゲスどうなる?コメントと予想まとめ

  5. ドネアの戦績と減量苦の噂は嘘?最近の調子からバーネット戦を占う!

  6. ワイルダーの戦績と強さ!フューリーとのオッズ予想は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP