お役立ち情報

チョコレートの違いまとめ!生・準・ミルク・ビターって?

チョコレートにもいろいろな種類があります。
生チョコ、準チョコレート、ミルクチョコレート、ビターチョコレートなどがあります。
チョコレートの違いまとめてみました。

いろいろな種類があるね
Sponsored Links




チョコレートの違いとは?

チョコレートの違いの一つにカカオの違いがあります。
カカオ効果が高いチョコレートは、ビターです。
ミルクチョコが20~40%なのに対して、ビターチョコは40%以上となっています。

お菓子作りには、作りたいお菓子のタイプでチョコを選びましょう
ビターチョコは、ビターといっても、スイートチョコ、ブラックチョコ、、スイートチョコ、
プレーンチョコとも呼ばれています。スイートチョコはガトーショコラなどによく使われます。

焼き菓子については、深い香りとしっかりとしたチョコの味わいがあるようカカオ60%~70%のものを
セレクトしましょう。
ダイエットでは、カカオ成分が高いチョコレートを選びましょう。

生・準・ミルク・ビター等の違いまとめ

『生チョコレート』は、チョコレートの生地に生クリームや洋酒等を練り込んだチョコで、全重量に対し
チョコレート生地が60%以上、クリームが10%以上で水分10%以上あるものです。

『準チョコレート』とは、カカオが15%以上、あるいはカカオ分7%以上かつ乳固形分12.5%以上の
準チョコレート生地を全重量の60%以上使用したもののことです。

『ミルクチョコレート』とは、カカオマスとカカオバター、糖分に加えてミルクなどの乳製品が入っている
チョコレートをミルクチョコレートといいます。

『ビターチョコレート』とは、ミルクや生クリームなどの乳製品が入っておらず、カカオマスとカカオバター、
糖分でできているものをいいます。

チョコレートの健康効果とは?

チョコレートには、ポリフェノールがたくさん含まれています。
ポリフェノールには様々な効果があります。
血圧低下
血管がつまり、細くなることで血圧は上昇しますが、カカオポリフェノールをとることで血管を広げる作用が期待できます。

動脈硬化予防
動脈硬化を引き起こす原因のひとつは、体内に生る活性酸素によってコレステロールが酸化されることです。
カカオポリフェノールは強い抗酸化力で、酸化を抑える働きが期待されます。

美容効果
カカオポリフェノールは、肌老化の原因の一つである「活性酸素」が引き起こすトラブルを防ぐことが期待されます。

脳の活性化
脳は加齢とともに記憶や学習などの認知機能が低下します。
カカオポリフェノールは、脳の栄養といわれる「BDNF」に働きかけ、認知機能を高められる可能性があります。

アレルギーの改善
アレルギーの発症には過剰に作られる「活性酸素」が関わっています。
カカオポリフェノールは、この活性酸素を生み出す様々な因子の働きを抑制することが報告されています。

こんなにも健康効果があるんだね
Sponsored Links




チョコレートの違いに関するネットの反応

チョコレートはミルクチョコが好きだよ。
私は、イチゴの果肉が入ったタイプのチョコレートを探しているよ
ビターチョコは、70~80が許容範囲だよ
僕は、ミルクとホワイトチョコがすきだよ
甘いのが好きなので、ダースのホワイトチョコが凄く好きだよ
コーヒのおともでブラックチョコを食べるよ
ロッテのガーナチョコが好きだよ
明治のあっさりした味が好きだよ。
健康面を考えるとビターチョコを食べるね
ビターが一番良いですね。カカオの香りが一番感じられるからね

出典:https://goo.gl/SKcnd1
https://goo.gl/mF6A8N
https://goo.gl/Qm8VP7

まとめ

チョコレートの違い調べてみました。生チョコ、準チョコ、ビターチョコ、ミルクチョコそれぞれの
特徴に合わせて食べるといいですね。また、チョコレートに健康効果があるのも驚きました。
にきびができちゃうという印象が強かったのですが、チョコも食べすぎに注意して食べるとよい効果をもたらしていいですね。

くれぐれも食べすぎには注意してね!
■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. フェルビナクとジクロフェナクとインドメタシンの違いは?一番効くのはこれ…

  2. サッカー習うとお金がかかる?具体的な数字を紹介!

  3. アイフォンが充電出来ない8つの原因!裏ワザはある?

  4. 時短ハラスメントとは?事例と対策をあげてみた

  5. 社会的時差ボケとはどういう意味?寝だめの事例や影響を紹介

  6. カフェオレとカフェラテの違いは?味やカロリーの違いを調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP