テニス

コードバイオレーションとは?錦織はラケット破壊などで受けたことあり

全豪オープン1回戦で、格下の新鋭のカミル・マイクシャクに2セット先取を許し、イライラを募らせた錦織圭がラケット叩きつけたことに、
「フラストレーション沸騰!」と公式ツイッターに取り上げられて話題になりました。
悪くすると警告を受けることもありえたコードバイオレーションとはどんなもので、錦織圭の過去について見てみましょう。

たしかに見た目は不快だけど…。自分が当事者ならやりそう…。子育てうまくいかない時ふぎゃーってなるし
Sponsored Links




コードバイオレーションとは?

テニスには、「コード・オブ・コンダクト」という、選手が守るべき、スポーツマンシップやマナーに関するルールが設けられており、
これに違反するのが、コードバイオレーションで、ペナルティを科せられます。

コードバイオレーションには9つの種類があります。

1.不当なゲームの遅延
2.声による卑猥な表現
3.言葉による侮辱
4.身体に対する侮辱
5.コーチング
6.しぐさによる卑猥な表現
7.ボールの乱用
8.ラケットまたは用具の乱用
9.その他スポーツマンシップに反する行為

これらに該当すると審判に判断された場合、次のようにペナルティを取られます。
1回目 警告
2回目 1ポイント
3回目 1ゲーム
4回目 失格

全米オープン決勝大坂なおみ対セリーナ・ウィリアムズのゲームで具体的に見てみましょう。

あれはひどかった!

第2セットの第2ゲームで主審はセリーナのコーチがスタンドから指導していたとして警告(5のコーチング)。
第5ゲーム終了後にセリーナがラケットを叩きつけた行為にも規則違反として1ポイントのペナルティを科した(8のラケットまたは用具の乱用)。
セリーナはこの判定に対して主審に抗議。「あなたは嘘つきだ。いつあなたは私に謝るの? 私に謝るべきよ。謝って。あなたは私から1ポイント奪った。あなたは泥棒よ!」。
この発言が暴言だ(3の言葉による侮辱)として1ゲームのペナルティが科されました。

コーチングについてもう少し説明を加えますと、選手が一度コートに立つと、試合が終わるまで、コーチと会話をしてはいけないというのが基本的なルールです。
特に、グランドスラムのような大会ではコーチング違反として厳しく注意されます。

セリーナの場合、不利な場面で、コーチが試合中にスタンドから露骨なジェスチャーをしていたのが、審判に意図的にコーチングをしたと判断されたと思われます。

コードバイオレーション錦織が受けたことは?

今回の錦織圭の場合は、ラケットの破壊で、コードバイオレーションとまでには行かなかったようですが、過去にはあります。

2017年6月の全仏オープン4回戦で格下ランキング66位のチョンヒュンとの試合で、自分のサービスゲームをブレイクされた直後に
ラケットを激しくコートに叩きつけて折ったことがあり、この時、主審は錦織圭にコードバイオレーションの警告を与えました。

また、2017年2月のリオ・オープンでもラケットを破壊して観客のブーイングを受けたことがあります。

ラケット破壊王のランクなどもあるようですが、あまり見ていて気持ちの良いものではありません。

スポンサーからの違約金もあるしね…。

でも錦織はここ数年あえてやっている気がする。
GSをとるため、人の領域を超えるために…(一歩の鷹村かよ…)

今回の錦織のラケット破壊についての反応を見て行きましょう。

Sponsored Links




コードバイオレーションに関するネットの反応

別にレアじゃないだろう。手首をケガして長期的に休む前は
イライラしてよくラケット投げていた。
錦織がラケット投げるなんて珍しくない。
負ける試合は大抵そんなシーンをこれまでにも見てきた。ジョコみたいにストレスを発散して自分を鼓舞するために一部としてラケット叩きつけてパワーアップするなら良いけど、錦織のは子供が駄々こねてるみたいにいつも見えるんだよね。
シングルスは孤独な戦いだからいかに自分の気持ちをコントロールするか、具体的に言うと切り替えが大事ですね。
まぁそれだけワンプレーに人生懸けてんだろう
一般人の自分にはその様な状況になったことがないから理解できないけど相当ストレス溜まるんだと思う
ただ錦織はジョコビッチみたいにブチ切れてラケット折ってからパワーアップするタイプじゃないみたいだから叩きつけたりしたら不安になる
まぁ綺麗事なんて勝負事に必要無いからどんなに泥臭くても勝ってくれれば良いんだ
頑張って
あくまでもラケットを投げる行為は良くない程で話します。
テニスって、バドとか卓球とか他のラケット個人スポーツと違ってインターバル中も一人。他2つはコーチと話す時間が多少はあると思う。
テニスは孤独の中3時間も戦う、イライラしてしまうことは多々ある。とても精神力がいるスポーツだなぁって思ってます。
でもやはり、ラケットを叩きつけたりボールを打ち飛ばしたり、良くないよね。ムカついたらスカッとスマッシュ打ち込んで発散してほしいな!
残念極まりない行為だね!
大坂なおみも錦織圭も、日本人トッププレーヤーとしての品位を自覚すべきだ。ファンに対して失礼だし格下の選手相手にも、自ら醜態を晒して恥ずかしいと猛省すべきだ。
またラケットを作ってくれたメーカーや職人に対し、謝罪する必要もあるだろうし、試合をサポートしてくれているボールボーイ・ボールガールにも、本当に嫌な思いをさせたことだと反省し、二度とこのような愚行を起こさないと心に誓って欲しい。
世界の超一流が激烈な戦いを
繰り広げる。
コートでは、コーチからの助言も受けられず、全て一人で戦わねばならない。
あらゆるプロスポーツの中で、
心技体の最も高いレベルに達しないと、
勝利を得られないスポーツは他に無いと思う。
だから自分のプレーが出来ないとなると、
大声で叫んだり、ラケットを叩きつけたりする、それは決して良い事ではないが、
仕方ない事だと思う
経験者だけど自分自身への感情のコントロールがこれほど難しい競技はなかなかないと思う。それほど孤独。
今までは叩きつけようとする前で止めていたが、今回は投げてしまった テニスの過酷さもあると思うが、絶対にやってほしくないこと 多くのプレイヤーは感情を爆発する中、記事の中にあるように割と冷静にプレイする錦織君 テニスではよく見られる光景で、それによって気持ちを切り替えたり、ということもあるようだが、ファンとしては見たくない 勝つことも大切だが、それ以上に大切なものを失わないでほしい
私のような凡人には計り知れないほどの緊張感をもって試合に臨んでいるのでしょうけれど、やはり、ラケットに罪は無いと思ってしまいます。ここまでの一流選手のラケットは手作りで調整されているものでしょうし。
じゃ、行き場の無い激情はラケットに当たる以外どうすればいいか?それもひっくるめてプロのアスリートではないでしょうか。フィギュアスケートの選手が自分のミスで激しい動揺の様な感情がわくことがあっても、靴に当たることもないし、リンクをエッジでわざと傷つけることもしません。テニスだけが許されるとは思いません!

出典:ヤフコメ

テニス特有の孤独でストレスがたまる極限状況での破壊行為に同情する声もありますが、紳士的な上位のプレーヤーもいる訳で、
錦織圭や大坂なおみのこんな行為は日本人としてみたくないというのが、ファンの本音だと思われます。

確かに孤独な戦いだ!

まとめ

コードバイオレーションについて、具体的に説明し、錦織の過去のケースを見てきました。

試合中の極限状態というのは、見ている者からは計り知れない厳しい精神状態だとは思いますが、
ストレスは、強烈なスマッシュで発散にしてもらえないかというのがファンの願うところです。

Sponsored Links




関連記事

  1. 錦織圭全豪オープン2019のテレビ放送とネット中継は?ドローと結果もリ…

  2. 錦織圭の試合予定と放送予定一覧!2019年最新版と今年期待されるもの

  3. 大坂なおみ東レパンパシフィック会場はなぜ変更?注目ポイントをまとめてみ…

  4. 大坂なおみ海外の反応最新!全豪優勝で世界は「なぜか落ち着きを取り戻した…

  5. 大坂なおみ東レでテレビ生中継は放送される?チケットは即売らしい!

  6. テニスはお金がかかる?お金持ちしかできないスポーツか懐事情を調査してみ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP