経済・広告

Tポイント離れ企業一覧と離脱理由!今後は楽天ポイント?

▼ ▼  地球の裏側もリアタイでスポーツライブ観れる時代だぞーン! ▼ ▼ 

個人的に見逃せないのが...

6/12 18:00 吉田輝星がカープ戦で1軍初先発!
6/12 大谷翔平vs前田健太!
6/14~ コパ・アメリカ独占放送!
8月 バスケワールドカップ


▲ ▲ 6/25まで2か月無料キャンペーン!! ▲ ▲ 

Tポイント離れが加速しています。
Tポイント離れ企業一覧とその理由をまとめました。さらに今後はどのような展開になるかを予測しました。

Tポイント離れ企業一覧とその理由とは?

Tポイント離れを宣言した企業の一覧とその離脱理由を見て行きましょう。

一業種一社という原則を守りながら、幅広い業種の提携先企業によって共通のポイントを貯めたり、利用したりできるメリットで、
会員数約6788万人(1年間:2018年9月時点)を誇り、最も成功したと言われていたTポイント(TSUTAYAを運営するCCC)に異変が起こっています。

提携企業の主力が次々とTポイントを離脱し、他のポイントに移ったり、他のポイントも使えるマルチポイント化に舵を切りつつあります。

<離脱やマルチポイント化発表・実施企業>
<離脱>:Tポイントを辞めて、他のポイントカードに移行または自社カードに復帰
(マルチポイント化):Tカード以外に他のポイントカードも使用可とする。

<業界でのTポイントカードの位置づけ>
Tポイントカードは2003年より(2006年より店舗でカード発行)、Ponta(三菱商事系のロイヤリティマーケティング)は2010年より、楽天スーパーポイントは2014年よりスタートしており、Tポイントカードは、このシステムの先駆者で、圧倒的な強さを誇っていました。

離脱やマルチポイント化企業が、各業界の中核に位置することが分かり、Tポイントに大きな打撃となっていることが明白です。

次に離脱理由を考えて見ましょう。

5つの離脱理由とは

Tポイントカード使用者数が明らかに減ったというデータはいまのところ、はっきりと出ていませんが、所有者が数々の不満を募らせて、持っていても使っていないケースが多くなっているように思われます。
CCC発表の会員数も、6000万人(2016年)、6408万人(2017年)、6788万人(2018年)と伸びが6.8%から5.9%へと鈍化しています。

昔は100円で1ポイントだったのに!

1. 消費者が、他と比べた還元率の低さ(0.5%のポイント)に不満を持っている
→楽天スーパーポイント(1%)、PayPayなどのキャンペーン(20%)との比較
また、提携しているヤフーなど期間固定ポイントは期間が短すぎて実質使えない。
楽天ポイントの期間固定ポンイトの有効期限は比較的長い。
2. 一業種一社が足かせになり、不便を感じている。
楽天スーパーポイントは、楽天市場や、VISA等のクレジットカード機能で、ほとんどの店舗で使える。
3. スマホ決済に比べて消費者の手間がかかる。
PayPayや LINE Payなどサービスなど、スマホ決済は、スマホをかざすだけだが、Tカードを常に携帯する必要がある。
4. 店舗側には、月基本料金、ポイント分全額負担があるのに、それに対応したデータの供与や集客効果がない。
5. CCCが裁判所の令状なしに顧客の個人情報を捜査機関に提供していた事件をきっかけに、自分の個人情報が流出するのではとの不信感が所有者や企業に広がった。

以上の主として1,2から楽天スーパーポイントへ。1、3からスマホ決済へ消費者は流れていると思われます。

この状況を見た加入企業が、理由1により、楽天スーパーポイントへ移行、理由2からマルチポイント化へ、理由3からスマホ決済への移行、
理由4,5からTポイント提携企業としてのメリットを感じず、CCCへの不信感から離脱が起こっていると思えます。

従って、今後は、カード派は、楽天スーパーポイントへ、スマホ派は、PayPayや LINE Payなどに移行するのでは、と予測されます。

Tカード出しても雀の涙くらいしかポイント貯まらないし出すだけ手間だって
Yahoo!が外れたら衰退の一途だろう
楽天ポイントは期間固定ポンイトでも有効期限は比較的期間があり、リアル店舗でも使用でき、通常ポンイトは楽天モバイルや、楽天カードの支払にも使えます。
CCCが個人情報を甘く見た結果でしょ?
こんな危ないカード普通は使えませんよね
楽天のサービスは非常に横断的で現状での利便性は一番だと思う。
ポイント利用にしても楽天マーケットを考えれば事実上制限ないし。
ポイントの原資は店舗持ちの上に、同額の使用手数料という名の上納金も納める必要があるから、5%のポイント付けたら売り上げの10%がぶっ飛ぶ(店舗のコメント)。
離脱するのは別に構わないけど、その店でしか使えない独自ポイントカードをどんどん新たに作るのだけはやめて頂きたい。
Tポイントは使える店が多重にあるからポイントが貯まりやすいし、利用頻度が高いからポイントの失効もした事がなく便利。
大本のTSUTAYAの店舗を減らしてる事が原因じゃない??
楽天の方がポイント率良いし
Yahooショッピングに撤退されるなら楽天カード作るしかなくなる。ファミマと地方スーパーでもらえるポイントなんてごく僅かで意味はない。
還元率が低すぎるから全く喜びを感じない
最近はTSUTAYAに行かないしポイント還元率も悪くなった。

出典:ヤフコメ

Tポイントカードへの不満が渦巻いているように見えます。
これでは、消費者のTポイントカード離れ、企業の離脱ももっともなことに思えます。

カードでお財布が膨らむばかり!

まとめ

Tポイント離れ企業一覧とその理由をまとめました。CCCもスマホアプリで利用できる「モバイルTカード(モバT)」などの手を打っているようですが、現状では効果が上がっているようには見えません。

さらに、CCCの本業のレンタルリース自身がコンテンツのネットでのダウンロードなどで、衰退しつつあります。
このままでは、Tカードを持っていてもほとんど使わないという現象がますます起こってくるのではないでしょうか?

関連記事

  1. 環八環七の地下鉄構想の理由とメリットデメリットは?

  2. ジレットのCMが不快と炎上!激怒した俳優達と内容をシェア

  3. まんぷくのラーメンのモデルのチキンラーメンが売り切れそう!通販の在庫は…

  4. PayPayのデメリットとは?3年後はどうなるの?「PayPalかと思…

  5. まんぷくの台湾人ルーツ論争が無意味な理由とは?

  6. 阿波踊り赤字の原因はそもそも何?対立構造はこういうことか……

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP