お役立ち情報

消費税10%になるメリットとデメリットまとめ!増税前にやることは?

2019年10月に消費税率が8%から10%へ引き上げられます。
消費税10%になってから慌てるより、増税前にしっかりやるべきことを知っておきたいですよね。
メリットとデメリットをまとめました。

Sponsored Links




消費税が10%になるメリットとデメリットをまとめた!

消費税10%により影響の大きな低所得者や景気の落ち込みを防ぐための政策に政府は特に力を入れています。

・食料品などの税率を軽くする軽減税率を導入する(税率は8%のまま)。
・中小小売店での商品購入時にクレジットカードなどキャッシュレス決済を使った消費者に2%分のポイントを還元する。
・自動車などの大型耐久消費財の購入者の負担を減らすような税制・予算措置を講じる
(燃費課税を初年度に限り軽減)。
・住宅リフォーム費用を一部補助する。
・国土強靭化に向けた公共事業を実施する。

なんだか複雑だな~

以上が実施されることを前提に、消費税が10%になるメリットとデメリットをまとめてみましょう。

消費税が10%になるメリットとは

法人税や所得税など景気に左右されない消費税が増えることにより安定した税収を確保でき、国の予算が増えます。
これにより、消費税増税の本来の目的である財政健全化に寄与し、急速な高齢化、少子化で問題とされている社会保障制度が安定する。
国の予算を公共事業や震災の被災地の復興事業に係る仕事が増えます。
また、消費増税の直接のメリットではありませんが、幼児教育・保育や低所得者向けに大学の無償化を実施するとしていますので、幼児等を持つ家庭にはメリットがあるようです。

消費税が10%になるデメリットとは

当然ながら、国民の税負担が増えます。
これにより、国民は生活防衛に走り、国内の消費が減り、結果として。景気が悪化する懸念が生じます。
・消費税は低所得者への影響がより大きいので、低所得者の生活が苦しくなります。
・景気が悪くなって、中小企業の経営が悪化すると、倒産や失業者が増えることになります。

政府はこれらのデメリットをできるだけ軽減するため、前記の種々の対策を打つ予定ですが、
打てば打つほど、本来の目的である税収の増加が減る、税制がますます複雑になり、中小企業などに負担を増やすなどとなります。

あまりやりすぎると何のための消費税増税かということになりかねません。

増税前に個人としてやることは?

とは言ってても、個人としては、だまって税負担が増えて生活が苦しくなるのを手をこまねいて見ているわけにはゆきません。

対策を講じて、少しでも負担を小さくする、あわよくば、儲けることができないものか考えてみました。

消費税増税は本来消費税のかからない土地取引、アパートの家賃、医療費などと、今回増税されない食料品(酒と外食を除く)などについて、
増税前に慌てて購入するなどの必要はありません。

購入を検討すべきもの
増税前後で、価格変動が小さいものになります。
例えば、住宅などでは、増税前に購入者が増え、増税後に減ることが予想されますので、
販売業者は、増税前には価格を維持し、増税後に大幅な値引きをすると考えられます。
増税分以上の値引きも予想されますので、慌てて購入する必要はないと思われます。

<貴金属>
大きく値崩れしない貴金属は、消費税が2%上がれば確実に価格も2%上がります。

<高額商品>
ブランド品のスーツ、時計、靴なども増税後に値引きがあるとは考えにくい商品です、
デパートで販売されている化粧品もこれらに含まれます。

<定期券>
いままでよりできるだけ長期の定期券を購入するとそれだけお得になります。

<旅行やレジャー>
バス旅行や飛行機でのツアーでは、増税によるガソリン代やその他費用の負担のため、場合によって2%以上の価格上昇もあり得ます。
増税後の旅行計画が確実なら検討の価値があります。

ディズニーランド・USJ・遊園地・水族館など娯楽施設のチケットについても、年間パスポートを毎年購入しているひとは、
これも確実に値上げされると思われますので、購入する価値があります。

<金地金> 貴金属に含まれますが、場合によっては一儲けを考えようとするものです。
以前の消費増税の際にも、増税前に貴金属店に行列ができたという話があります。

儲かる仕組みは、金地金に消費税がかかること、増税前には8%の消費税が上乗せされて購入するが、
増税後は10%の消費税を上乗せして売れるということによります。
この差額分が儲けになる可能性があります。

例えば三菱マテリアルのweb取引では2018/10/18時点で
税込み小売価格が4,823円/g
税込み買取価格が4,737円/gとなっています。

これが増税後は、税込み買取価格が4824円/gとなり、この価格で売れますので、金価格が変動しなかったという前提とすると、
増税前手数料などで、86円/gの損失だったのが、1円/gの得となります。

儲けはわずかで、金価格の変動を考えると、危険とも言えますが、今後の世界経済の変動や円の暴落、天災地変への対応で、
以前から金を持ちたいと考えていたひとなら、増税前に買って損はありません。

購入の仕方としては、一定額を月ごとに購入する純金積み立てなどが、平均的に安い価格で購入できますのでお勧めです。

なお、年間売り上げ1000万円を超える事業者でないかぎり、消費税の納入義務はありません。

高級品を買えるお金がどこに?
[/speech_bubble]
Sponsored Links




消費税増税へのネットの反応

増税の前に率先して議員 公務員の人員、給与 ボーナス 退職金の大幅削減をやるのは当たり前
我が町にオレンジと言う小さな百均ショップがある、毎週木曜日はすべて百円で、普段売っている物と商品は変わらないが満車で駐車スペースもなく、いつもいない整理のガードマンま?でいる、たかが8円安いでだけで!エッ 消費増税?みんな苦しんでいるんですよ総理解りませんか!!
仮に資産がほぼトントンでもやったとしても、毎年の収支が赤字やったらマイナスが積み上がるやんか。資産だってプラスやったのがトントンぐらいまで減ってきてもたっちゅう話やろ。
そんなもん小学生でもまずいってわかるわ。
早よ、プライマリーバランスをトントンにしていかんとあかんのや。幼稚園レベルのしょうもない楽観論述べるなや。
もっと単純に考えて支出面を見直してから増税しようよ
納税は国民の義務ならあまねく国民が義務を果たす間接税が平等
ではないかと思う。
最終が増えないと政治家や公務員の給料が無いからね。
きちんと使ってないから怒るの。
日本は終わりだ。
革命が起きないかなぁ。
そのとうりです。今は増税どころか消費税減税すべき時。一緒にくだらん国会議員無くすべき!
増税は必要だけど、消費税を上げても税収増にはならない
まず日本の財政は健全
健全化する必要がない
一体何のために増税するのか?
最も困るのは被災者と貧乏人です。
0%から3%、それから5%、8%と税率を上げてきましたが、国の借金も右肩上がりで増えてきました。
今年の一般会計総額は100兆円を超えるとか。この内実質税収は50兆円程。
一般の家庭の家計ではとっくに破産している状況だと思うのですが、借金返済のアテもないのに、増税、必要でしょうか?
過去の事例からして、税率が上がってその分そのまんま税収が上がるとはとても思えない。多分上がらない。上がってもオリンピックの直前だから位しか要因は無いだろうね。
それで消費の冷え込み、景気停滞。
やる意味なんか一つもない。

出典:ヤフコメ

予想通り、まず支出を減らすのが前提、財政健全化は終わっているので必要ない、
困るのは貧乏人、富裕層から税金をもっと取るべきの意見が多いようです。

まとめ

消費税10%になるメリットとデメリットをまとめました。
消費税の仕組みを複雑にするほど、メリットが減って、手間や種々の問題が増える気がします。

実施が決まった以上、個人としてやれることを挙げました。

財政状況を考えると、今後負担が増えても減ることは考えられませんので、
若い人ならスキルアップを図るのが遠回りでも、根本的な対応策かもしれません。

Sponsored Links




関連記事

  1. 社会的時差ボケとはどういう意味?寝だめの事例や影響を紹介

  2. フィギュアスケートはいくらかかる?お金持ちしかできないか調べてみた結果…

  3. 陽葵の読み方一覧!ひなたやひまりが人気!画数の意味を調べてみたよ

  4. 秋インフルエンザとは?症状に違いはあるの?「冬だけというのは昔の常識!…

  5. アイフォンが充電出来ない8つの原因!裏ワザはある?

  6. カフェオレとカフェラテの違いは?味やカロリーの違いを調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP