ニュース

雅子様はなぜ結婚された?馴れ初めと当時の騒動

▼ ▼  地球の裏側もリアタイでスポーツライブ観れる時代だぞーン! ▼ ▼ 

個人的に見逃せないのが...

6/12 18:00 吉田輝星がカープ戦で1軍初先発!
6/12 大谷翔平vs前田健太!
6/14~ コパ・アメリカ独占放送!
8月 バスケワールドカップ


▲ ▲ 6/25まで2か月無料キャンペーン!! ▲ ▲ 

時代は令和となり、皇后となられた雅子様が、輝かしい外交官としての夢を捨てて、なぜ徳仁様と結婚されたかを馴れ初めと当時の騒動に沿って見て行きます。

雅子様はなぜ結婚された?

雅子様はなぜ徳仁様との結婚を決意されたのでしょう?
いかに皇后が大変かということは、この度上皇后となられた美智子様のこれまでのご苦労の経緯を見て、雅子様もよくご存じだったと思われます。

美智子様は、初めての民間から皇室に嫁がれたことで様々な苦労をされました。
1959年4月10日、皇太子明仁親王と成婚され、翌年には、順調に後継ぎとなる男子浩宮徳仁親王を出産されました。

その後、ご結婚時の輝くような美しさが、誰の眼にも、急激に失われ、民間出身ということで、皇室内で、いじめを受けているとうわさされたものです。

現在、国民に寄り添って理想的な皇后陛下に見える美智子様も、雅子様のご結婚後の事になりますが、皇后に対するバッシング記事が掲載されるなどで、
1993年、満59歳の誕生日に赤坂御所にて倒れ、失声症となるなど、雅子様も皇太子妃や皇后へのプレッシャーが相当なものと想像されたものと思います。

雅子様のご結婚までの経緯を見てみましょう。

ご結婚を決断されるまで、かなり迷い、悩まれたご様子がうかがわれます。
徳仁様の「雅子さんのことは僕が一生全力でお守りしますから」だけを頼りとして決断されたと思われます。
ご自分の今まで培ったもので、皇室外交に新しい側面を切り開けるという希望もあったのかもしれません。

その後の、ご苦労は、なかなか子供に恵まれず、流産を経て、10年後に愛子様を出産されるも、
男系継承者を期待する圧力は消えなかった状況で、適応障害を発症され、徐々に回復されてはいますが、今日に至られています。

馴れ初めと雅子様の経歴がすごい

結婚一カ月後に行われた宮中晩餐会で、雅子様は、ビル・クリントン大統領(英語)、ボリス・エリツィン大統領(ロシア語)、フランソワー・ミッテラン大統領(フランス語)とそれぞれの国の言語で会話されたそうです。

また、結婚前には外務省のキャリアとして、スウェーデン首相イングヴァール・カールソンの歓迎夕食会に通訳として出席されたり、
米国国務長官ジェイムズ・ベイカーと外務大臣渡辺美智雄、竹下登、中曽根康弘の会談の通訳などを幅広くこなされていたそうです。

では、輝かしい雅子様の経歴を見てみましょう。

帰国子女の範疇には入らないそうですが、それまでの半分近くの時間を外国で過ごされています。
どのような国の要人に対しても、対等に渡り合えるだけの能力をお持ちに、見えます。

仕事に燃えていたでしょうに!

次に徳仁様との馴れ初めと結婚に至る経緯を見てみましょう。

1986年10月18日に東宮御所で行われたスペインのエレナ王女歓迎のレセプションの席で御父上とともに出席され、徳仁様と初めて出会われました。
22歳外務公務員I種試験合格直後で、外務省への入省決まり、外交官になるという夢がまさに叶おうと輝いている時期でした。

26歳の徳仁様は「どのような外交官になりたいですか」と質問され、後に彼女の印象として「彼女は控えめでしたが、自分の考えをはっきり述べ、非常に知的でした」と述べておられます。

ここで、徳仁様の心に火がついたのでしょう。
それ以降、紆余曲折を経ながらも、他のお妃候補に心動かされることはなかったようです。

雅子様へのネットの反応

皇室のプレッシャーというものは常人の理解できる範囲のものではないやろね
国内でもトップレベルの有能な外交官のバリキャリ女性をここまで追い込むわけやから
新皇后の重圧は半端ないと思うが、美智子様は凛として品がある女性だったが。
愛子さまをご出産なさって喜ばれている時にやはりもうひとりはほしいなどと言われてとても辛い思いになられて、・・・
新皇后に過度の期待はしない方がいいでしょう。
元はバリバリ働けていたのに、10年以上療養しても良くならないのであれば、適切な医療が受けられていない可能性もあるのでは?
新皇后がまた体調を崩しましたでは、国民も納得しないよね。
皇后陛下がいつまでもご病気だと日本の医療の信頼も失墜します。
ご病気だから仕方がない のかもしれませんが、あまりに頼りなくわがままに私は感じます。
雅子さまらしくで全く問題ありません。
無理をせず・・・体調を考えてでいいと・・・

出典:ヤフコメ

十分に公務ができていないことに対する批判もありますが、皇室に嫁ぐ大変さを理解し、見守ってあげようという意見も多くあります。

これでは悠仁様にお妃候補が現れずとなるのでは!

まとめ

雅子様はなぜ結婚されたか?馴れ初めと当時の騒動についてまとめました。

国民に寄り添って、象徴としての天皇、皇后の職務を果たされてきた上皇、上皇后も、最初は、天皇陛下らしくないなど、かなりの批判をあびていたものです。

新天皇、皇后を、育てるのも貶めるのも国民次第ではないでしょうか?

国民が温かく皇室を見守り、雅子様が、新たな環境で、耀きを取り戻す日が、一日も早く来ることを願わざるを得ません。

関連記事

  1. IWC脱退なぜ今?世界の反応は?「理由が6つもある」

  2. 泉佐野市のふるさと納税でお得なものベスト3!でも注意が必要なのはここ!…

  3. 一般参賀(5月4日)の参加方法を分かりやすく解説!誰でも行けるが混雑を…

  4. 高輪ゲートウェイ駅は130位なのになぜ決まった!?炎上してる「ダサい」…

  5. 北海道ブラックアウトとニューヨーク・カナダ大停電との違いは?

  6. 次の天皇・浩宮様の人柄や学歴とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP