お役立ち情報

フェルビナクとジクロフェナクとインドメタシンの違いは?一番効くのはこれ!

その他
5/12 19:30 ラルクのクリスマス時のライブ
5/18 20:00 映画『未来のミライ』
5/19 4:30 井上尚弥vsロドリゲス(事実上の決勝との声も)
5/26 伊藤雅雪vsへリング
5/26~ 全仏OPテニス 錦織/大坂
6/1 17:00 LUN SEA生ライブ
WOWOW登録はコチラ!



筋肉通とか腰痛つらいですよね。湿布を買いにいけば、効く湿布をかいたい!
効果のある炎症薬としてフェルビナク、ジクロフェナク、インドメタシンがあるみたいです。
そこで、フェルビナク、ジクロフェナク、インドメタシンの違いはなんでしょうか?
そして、どのような成分があるのかも一度みてみたいですね。それぞれどのような薬か調べてみました。

肩凝ってしょうがないから毎日お世話になってるよ
僕はすぐに膝痛めるからお世話になってる
Sponsored Links




フェルビナクとジクロフェナクとインドメタシンの違いは?

フェルビナクとジクロフェナクとインドメタシンはどれも、外用鎮痛消炎剤として使用されています。違いは何でしょうか?
フェルビナクとは、抗炎症、鎮痛作用を持ったフェニス酢酸系の非ステロイド性
抗炎症薬です。特徴としては、浸透性がよく、テープ剤に使われるています。
1995年から使用可能となっています。痛みと炎症を鋭く抑え、肩腰関節などにすぐれた効果を発揮します。

フェルビナクが含まれるものとしてフェイタスがあります。
成分は、フェルビナク、ジクロデナクナトリウムです。
痛みの度合で選ぶことができます。

次に、ジクロフェナクです。
フェニル酢酸系の非ステロイド性抗炎症薬です。主に、解熱、鎮痛のために用いられます。
特徴としては、解熱・鎮痛作用は非常に強力だということです。坐剤としても使われることもあります。

即効性にもすぐれますが、作用が協力な分副作用が強いです。
2000年代に使われるようになりました。炎症をしずめて、腫れや発赤、痛みなどの症状をおさえることができます。
ジクロフェナクが含まれるものとしてボルタレンがあります。
成分はジクロフェナクナトリウムです。

次に、インドメタシンです。インドメタシンとは、非ステロイド性抗炎症薬です。抗炎症作用以外に鎮痛作用もあります。
効果が強い反面副作用もあります。筋肉痛・肩こり・腰痛・関節痛にききます。
作用が強いが、半減期が短く作用持続時間が短いです。1985年使用開始されました。
インドメタシンが含まれるものとすてバンテリンがあります。成分インドメタシンです。

1番効くのはどれ!?

では1番効くのはどれでしょうか?
腰痛の場合のおすすめ人気ランキングをみてみましょう。
ネットにいくつかあるものを見てみるとほとんど共通して以下です。
3つの間では、ボルタレン、フェイタス、バンテリンの順番となっていました。

筋肉痛の場合ではどうでしょうか?おすすめランキングをみてみましょう
バンテリン、ボルタレン、フェイタスの順番でした。
薬は新しいもののほうが、きくことを考えるとボルタレンということになりますがいかがでしょうか?

わたしの感想

実は私も大の肩凝りと腰痛もちでかなりいろいろと試しましたが、一番強力なのは間違いなく「ボルタレン」です。
強力がゆえに肌があれます。
それでも私は肌のあれを治す薬をぬりつつ、ボルタレンを使用しています!

一回これをやると他の効き目が薄いやつを使えなくなるという…。

シップの方が長く効いている感じがしますが、膝のようにボコボコしたところでは貼り続けるのが難しいです。あとは首の曲がっているところなど。そういうところはローションタイプです。このローションタイプが肌荒れを起こしましたが、それよりも効き目を私は重視して手放せません。

Sponsored Links




ネットの反応

コルセットとバンテリンにお世話になってます。
もう、てばなせないな、バンテリン。ありがとう
父さんのためにバンテリン買おう!
腰が痛いからボルタレンぬってがまんするしかないよ~
ボルタレンがないと生活できないぐらい重要視してるよ
ボルタレンはちょっと強めの薬だね
ボルタレンは即効性ありますよ。
痛いのがまんするよりフェイタスいいですよ
フェイタス貼って寝ておきたら、すっきりしてるよ
肩や腰フェイタスお世話になってま~す

出典:https://goo.gl/9z9nzh
https://goo.gl/Aq6QCb
https://goo.gl/MvJRRC

まとめ

フェルビナク、ジクロフェナク、インドメタシンの違いについて調べてみました。
湿布薬としては、そんなに差がないようですがどれがきくかは個人的には歴然かと思います。
実際ジクロフェナクが入っているボルタレンが最強だと、「体感」では私は確信しています。

ただし、科学的な数字のエビデンスは見つかりませんでした。

ただ、炎症薬としては違いもあるようで、副作用が強いものもあります。
使う際には、専門家のお医者様や薬剤師さんの指示のもと使いましょう。
使い方を間違うと危ないので気をつけたいところで、家族が使う際にも注意が必要ですね。

ボルタレン強いので子供には注意ね

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 泊まれる本屋の東京店舗はどこ?値段や評判をまとめてみた「一番のお勧めは…

  2. 水道民営化とは?料金値上げはなぜ予想されているの?

  3. 腸腰筋を鍛えるメリットの5つを紹介!やりやすいトレーニング動画を調べて…

  4. スポーツ選手女子は化粧品何使うのが定番?女子バレーはすっぴんが多いの?…

  5. 爆轟とは?読み方と意味・爆音や爆燃との違いを調べてみた

  6. 卵は洗ってはいけない?洗うのはおかしい?ネットで議論に!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP