ボクシング

大晦日に格闘技をなぜ毎年やるの?今年の対戦カード一覧

今年も早いものでまもなく師走。クリスマス、大晦日、お正月と行事も年末年始は目白押しです。さて大晦日といえば格闘技のテレビ番組が風物詩ですが、そもそもなぜ毎年大晦日に格闘技を放送するようになったのでしょうか。ファンには気になる今年の大晦日対戦カードもまとめました。

今年もカウチポテトな日々か…
Sponsored Links




大晦日に格闘技をなぜ毎年やるの?

一体いつから、なぜ大晦日の格闘技放送が始まったのでしょうか。大晦日の夜に格闘技番組が放送されるようになった始まりは、2000年の「INOKI BOM-BA-YE(イノキボンバイエ)」だったといわれています。

民放各局は大晦日夜の圧倒的王様「NHK紅白歌合戦」に何とか対抗しようと、昔から様々な特番を組んできました。その一つがINOKI BOM-BA-YE。アントニオ猪木さんを中心としたプロレスなどのビッグイベントで、TBS系列が紅白にぶつけて放送したところ高視聴率を獲得。徐々に他局も格闘技番組に参入するようになりました。

2000年代初頭には、キー3局が競うように大晦日に格闘技番組を放送K-1、PRIDEなどの格闘技人気の高まりや「曙vsボブ・サップ」など話題性ある対戦カードを次々打ち出したこともあり、いずれも高視聴率で人気を博しました。しかし2010年頃には次第に視聴率も下がり、格闘技団体側の不祥事などもあって放送から撤退する局が増えてきました。

その後数年前から、新たなRIZINなどの団体設立やボクシング人気の復活などもあり、再び大晦日に格闘技が放送されるように。今年もいくつかの地上波テレビ局で格闘技イベントが放送される見通しです。

2018年の対戦カード一覧

「なぜ大晦日に格闘技?」の答えは〝紅白対策〟だったわけですが、では今年2018年年末に地上波放送される格闘技の対戦カードはどんなラインナップなのでしょうか。現在までに判明しているカード一覧をまとめました(未発表ながら、放送の可能性が高いものを含みます)。

12月30日(日)

【フジテレビ系列】
<ボクシングトリプル世界戦>
   ◇WBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
    王者 伊藤雅雪 vs 挑戦者 イフゲニー・シュプラコフ

   ◇WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
    王者 拳四朗 vs 挑戦者 サウル・フアレス

   ◇WBC世界バンタム級暫定王座決定戦
    ペッチ・CP・フレッシュマート vs 井上拓真

※放送時間など詳細未発表

12月31日(月)

【TBS系列】
<SASUKE2018&ボクシング世界タイトルマッチ>
   ◇WBO世界スーパーライト級王座決定戦
    同級3位・元3階級王者 井岡一翔
    vs 同級1位・元3階級王者 ドニー・ニエテス 

※午後6時から放送予定

【フジテレビ系列】
<格闘技イベントRIZIN.14>
   ◇RIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチ
   [RIZIN 女子 MMA ルール: 5分 3R(49.0kg) ※肘あり]
    浅倉カンナ vs 浜崎朱加

   ◇宮田和幸引退試合& 山本“ KID” 徳郁メモリアルマッチ
   [RIZIN MMA ルール : 5分 3R(65.0kg)※肘あり]
    宮田和幸 vs 山本アーセン

   ◇スペシャルチャレンジバウト
    フロイド・メイウェザー vs 那須川天心

※放送時間など詳細未発表

Sponsored Links




大晦日の格闘技に関するネットの反応

大晦日が楽しみ…格闘技!!
大晦日、今年も家でビール飲みながら大晦日格闘技かな
んー。大晦日のワクワク感皆無。格闘技が面白くない。特別な世界から遠くなったからなのか?
総合格闘技の番組をなぜ大晦日にやるのか、意味が分からない
レコ大が大晦日時代は大変でしたね。今は30日で、31日は格闘技ですからね
メイウェザーよりも井岡の試合が気になる
昔はレコ大→プロ野球戦力外通告 紅白→ゆく年くる年と流れが、わぁ!と騒いだ感じの終わりから、しーんとなるパターン
ガキ使はゆっくりと育っていったという印象。もう格闘技コンテンツはメイウェザーがガチ試合するとしてもガキ使に勝てない
何年前か忘れたが、大晦日に紅白、格闘技、超常現象スペシャルの裏で、MXで立川談志さんが「芝浜」をやってた。テレビでここまで真に迫る芸というのが見られるのかというくらい感動した
病院、2時間半待って診察5分足らず まるで大晦日の格闘技中継のメインイベントみたいやなw

出典:twitter

まとめ

平成の始まりでもあった90年代後半から2000年代はプロレスやK-1、総合格闘技などが大変人気を集め、毎年大晦日も大いに盛り上がったものです。その後人気に陰りが出たものの、平成の終わりになって再び格闘技ブームの兆しが出てきました。ファンにとって、血湧き肉躍るスーパーファイトを見るのが格闘技観戦の醍醐味。その意味で、外国人選手に負けない超絶な強さの若い日本選手が何人も登場してきたことが、〝復権〟の後押しになっているといえそうです。

楽しみだけど、メイウェザー今度は大丈夫かな…

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. ロマチェンコの海外の反応!井上尚弥が語る評価に感嘆!

  2. ジェットサーフの免許と価格を調べてみた結果

  3. 紀平梨花の4回転の動画と姉との関係

  4. 八村塁の海外の反応「第2のレブロン!」「ザイオン越え」

  5. 伊藤雅雪の次戦シュプラコフとは?予想まとめ「パワーでねじ伏せる」「勝て…

  6. サビーナアルシンベコバの現在!世界女子バレーに出るか調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP