フィギュアスケート

コストルナヤの海外の反応!「五輪も優勝だ!」「歴史を作っている!」

その他
4/29 テテvsドネア(勝者が井上と決勝)
5/19 井上尚弥vsロドリゲス(事実上の決勝との声も)
5/26 伊藤雅雪vsへリング
5/26~ 全仏OPテニス 錦織/大坂 WOWOW登録はコチラ!



今年のフィギュアスケート・Jr(ジュニア)グランプリ(GP)ファイナルの女子シングルで、15歳のアリョーナ・コストルナヤ選手が優勝しました。JrGPファイナルはGPシリーズ各大会の上位6人だけが出場できる頂上決戦。その6人中5人をロシア勢を占めるハイレベルな戦いを制したのは、表現力に定評のあるコストルナヤ選手でした。その海外の反応や強さをまとめました。

トルソワちゃんとはタイプが真逆…でも強い
Sponsored Links




コストルナヤの海外の反応

コストルナヤ選手はSPでライバルの「4回転ジャンプの申し子」トルソワ選手を抑え1位になると、フリーでも美しいジャンプや芸術性高い演技を披露し、そのまま逃げ切って優勝を果たしました。海外の反応も驚きと賛辞にあふれています。

アリョーナは今、最高のフィギュアスケーター。ジャンプも音楽の感性も素晴らしいが、最も凄いのは氷上で踊り、表現する方法を既に身につけていることだ
彼女はただアメイジング、信じられないほどです
ワオ。うわー。魅惑的なパフォーマンスでした!
愛のテーマが始まるこのパフォーマンスの最後の部分のように彼女はとてもエレガントです
エテリコーチは彼女たちと歴史を作っている!
アリョーナとアレクサンドラ。私はどっち良いと言うことはできません、二人はとても異なっています。どちらも偉大なフィギュアスケーターです
トリプルアクセルはマスターしなくてはね。キヒラに勝って世界チャンピオンになるには
コストルナヤは信じられないほどの美しさ。素晴らしい。彼女のプログラムは狂おしい!
将来、コストルナヤが五輪チャンピオンになると信じています
どの子も他国の選手たちとの競争が増しているから、どの子もそれぞれに頑張ってうれしい!

出典:https://youtu.be/SdP1bw-ckKY,https://youtu.be/IIMGclJ7N2I

https://www.instagram.com/p/BmJDyFrDAA0/

Sponsored Links




コストルナヤの強さとは?

コストルナヤ選手は2003年ロシア・モスクワ生まれ。読書と外国語の勉強が好きだという高校生です。彼女もまた、ザギトワ、トルソワ選手ら主要国際大会で軒並み優勝を続ける強豪たちを続々輩出する、トゥトベリーゼコーチの門下生です。

昨年のJrGPファイナルでは2位、ロシア選手権では3位。今年春の世界Jr選手権では2位と、あと一歩優勝に届いていませんでしたが、ついに今回、主要国際タイトルを獲得したわけです。

コストルナヤ選手は、トルソワ選手のように男子並みの4回転ジャンプを何本も跳んだり、紀平選手のようにトリプルアクセルといった「大技」を武器にしているということはありません。その強さは、完成度の高いジャンプや表現力など、大変質が高い演技にあるといわれます。

JrGPファイナル・フリーでは、シニアより要素が少ないにもかかわらず、コストルナヤ選手の技術点は74.37と、シニア優勝の紀平選手とあまり変わりませんでした。得点詳細を見ると、超大技はないにもかかわらず、どのジャンプでも1点台後半から2点という、ジュニア選手としては非常に高い出来栄え点を獲得。スピンやステップもすべて最高評価の「レベル4」をとっています。

さらに技術全体や表現力を評価する演技構成点の「5コンポ-ネンツ」でも、10点満点ですべて8点台。世界トップのジュニア選手でも7点台が一般的なのですが、中には「9点」というシニアでもトップレベルの評価を与えた審判もいるほど。これらのことから、一つ一つの演技が非常に丁寧で完成形に近いことが分かります。

「男子並み超高難度技」が代名詞と思われたロシア女子ですが、それだけではない「幅の広さ」「懐の深さ」を示すのが、今回のコストルナヤ選手の優勝。ライバル日本女子にとっても、克服すべき新たなテーマを見せられたといえるのではないでしょうか。

https://www.instagram.com/p/BrGHELhHCqB/

https://twitter.com/ISU_Figure/status/1071561003656130560

まとめ

コストルナヤ選手の演技後、国際スケート連盟(ISU)は美しく決めたフィニッシュを「愛さずにはいられない瞬間」と題して動画付きで公開し、手放しで称賛しました。近年「4回転時代」で選手たちが高難度競争ばかりに走る中、ISUは「もっと演技全体の完成度を目指して欲しい」と今季から採点基準を大幅に変更。演技の「質」を特に重視し、良質なものには高い得点を、そうでなければ高難度であっても大幅に減点するという方針で臨んでいます。コストルナヤ選手はまさにISUが理想とするスケーターだといえ、ミスない演技をすれば今後も高い評価が続くことでしょう。

紀平さんも質の高さでは負けないが!

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. トルソワとコストルナヤ・ザギトワ・紀平梨花を比較!脅威の存在はどこまで…

  2. トルソワ4回転に海外の反応は?「規格外」「ユズルが怪我した技」

  3. フランス杯女子フィギュア2018のライストをスマホで見る方法を調べてみ…

  4. 樋渡知樹はなぜ米国籍なの?日本人両親や今後について調べてみた

  5. ドミトリエフの4Aクワッドアクセル動画とプロフまとめ!プルシェンコも絶…

  6. 伊藤聡美セブンルールで性格に共感者多!羽生結弦の衣装デザイナーが面白い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP