お役立ち情報

フランス落としとは?なぜこんな名前でどんな仕組みか調べてみた

「扉を閉めるときは、必ずフランス落としをかけて下さい」なんて紙に書いて扉にはってあったら、
フランス落としとは?なんだろうって思うかもしれないですよね。
そこで、フランス落としとは何か?どんな仕組みになっているのか、
なぜフランス落としと呼ばれているのか調べてみました。

Sponsored Links




フランス落としとは?なぜこんな名前なの?

フランス落としとは、扉などが閉じた状態で施錠するときに戸締まり式の仕組みになっている金具のことをいいます。
よく両開きのドアや親子ドアについていますね。
正式名称も「フランス落とし」といいます。

では、なぜフランス落としという変わった名前がつき、その由来とはどこからきているのでしょうか?
諸説あるようですが、洋風建築で「フランス窓」があります。フランス窓はガラスの二枚開きの扉で、
リビングやテラスに取り付けられています。

フランス窓に付けた、「落とし金物」ということで「フランス落し」と呼ばれたのが由来であるというのが有力な説のようです。
ちなみにフランス落としは住宅建築専門用語のようです。

フランス落としの仕組みはどうなっているの?

フランス落としの仕組みとしては、戸の下部に取付け、床に空けた小さな穴に細い棒を落とし込んで
ロックする仕組みとなっています。
開き戸の場合、開閉するドアを施錠する場合にドア枠に彫り込んだストライク内へかんぬきを挿入し
固定する場合と子扉の部分の上下にある金具で子扉を固定し子扉のストライク部分へかんぬきを挿入する場合があります。

扉などが閉じた状態で施錠のとき、両開き戸の一方の扉を閉めておきたいとき扉に取り付けられた上げ下げ式の軸棒を
床や扉の上下に彫り込んで取り付けた受け金物の穴に差し込んで床や地面に固定する仕組みになっています。

フランス落としの値段は?

フランス落としの値段は用途によって分かれているようです。
防火仕様のフランス落としで1,000円前後となっています。
サッシ用フランス落としで、1200円~1700円ぐらいです。
玄関用フランス落としで 2000円~3000円くらいです。

部品の単品でも購入できるようです。落し棒受け 600円くらいです。
専門の通販のほうが安く買えるようです。

Sponsored Links




フランス落としに関するネットの反応

フラッシュボトルの発音がフランス落としと聞えたみたいだよ
フランス落としは電子辞書にものっていたよ~
フランス窓を固定するための金具がフランス落としということだね
フランス落としってかっこいい名前だね
フランス落としっていう名前、必殺技みたいな名前だよね
英語では、フラッシュボルトっていうんだよ
フランス落としの響きのインパクトはすごいよね
フランス落としと聞くと、血なまぐさを感じてしまうのは私だけかな?
フランス落としは建築試験にも出る言葉なんだよ
ドアストッパーじゃないんだね

出典:Twitter

まとめ

フランス落としとは何か調べてみました。なぜフランス落としとよばれるか。
有力説ですが、やはりフランス窓に関係するものでした。けれど、今はフランス窓でなくても使われています。
仕組みもそんなに難しいものでは、ありませんでした。修理も自分でできるみたいです。
一式ではなく、個別の部品ごとに買うこともできるみたいですので、もし壊れたら自分でなおしてみようと思います。

Sponsored Links




関連記事

  1. 学童保育とは?料金相場や条件・問題を調べてみた

  2. 爪のでこぼこの原因は?親指がひどいのは何のサイン?

  3. 秋インフルエンザとは?症状に違いはあるの?「冬だけというのは昔の常識!…

  4. エモいとは?意味は何?若者が使う由来を調べてみた

  5. スポーツ選手女子は化粧品何使うのが定番?女子バレーはすっぴんが多いの?…

  6. バカマツタケとは?味や値段にどんな違いがあるのか調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP