ニュース

カルロスゴーンはユダヤ人なの?という質問がある理由と答えについて

カルロスゴーン氏が話題にあがっています。当サイトでも、ネットに上がっている3つの黒幕説について触れていますが
真相ははっきりとはまだ分からない状態です。
恐らく、フランス国営に近いルノーに取り込まれるのを阻止する内部のクーデターではないかと思っていますがどうでしょうか。

それはともかく、カルロスゴーンはユダヤ人なんですか?という質問があるのですが、それがどういうつもりで質問されているのか?
それに対してどう答えていくべきなのか考えてみました。

Sponsored Links




カルロスゴーンはユダヤ人なの?という質問がある理由

カルロスゴーンはユダヤ人なの?という質問があるのはおそらく、ユダヤ人といえばアインシュタイン、だから賢い、みたいな単純な発想だと思うのですが
実際ユダヤ人は血統で定義されているわけではないので、なんだかそれは違うなというのが正直なところであります。

ユダヤ人定義の背景を説明するのは非常に難しく、これこそ本1冊でも表現するのは難しいと思います。
まずは高校・大学レベルの歴史背景・流れを理解する必要があるところでしょう。
もちろん歴史というのは奥深いため、教科書など表面的な理解でしかないのですが。

ネットではどうしてもwikipediaなんかを読んでの理解となってしまうのですが、間違ったことが書かれているわけではないので
それを元に簡単にユダヤ人について把握していきましょう。

ユダヤ人とは

ユダヤ人とは簡単に解説すると以下のようになります。

・ユダヤ教の信者 または、ユダヤ人を親に持つ者 によって構成される民族的宗教集団
・今は、「ユダヤ人を親にもつもの」の民族的宗教集団というとらえ方が主流
・クリスチャンとかと同じで、ユダヤ人という人種・血統的民族がある訳では無い
・正式な手続きを経てユダヤ教に入信した者もユダヤ人である
・2010年時点で、全世界に1340万人
・民族独自の国家としてユダヤ人が1948年に建国したイスラエル共和国がある
・各国に移民が生活している
・建国あたりから複雑で、以前は「ユダヤ教徒のこと」を指したが、今は「国籍、言語、人種の枠を超えた、一つの尺度だけでは定義しえない文化的集団」と表現するしかない。

余計分かりにくくなったかもしれませんが、虐待など歴史的にいろいろありましたし、今もイスラエルと聞いて思い浮かぶことがあると思います。あの辺りは今でも絶えない紛争、そこには歴史的な相いれない恨み・思想があることが分かります。
単一民族の日本人が理解するのに時間がかかるようなことです。

ということで、ユダヤ人というのは理解が難しいものであり、少なくとも「血」で定義されるわけではないということです。(血ももちろん含むが)

そこで、話を戻しますがカルロスゴーンはユダヤ人なのでしょうか?

カルロスゴーンはwikiなどプロフに「レバノン人」という民族だという記載があります。(出生はブラジルです)
ブラジル、ポルト・ヴェーリョが生誕地とされ、国籍はブラジル・フランス・レバノンと多国籍であります。

3つも持っているんかい。日本人が国籍多いと叩かれてるよね…。日本と世界の違い
Sponsored Links




レバノン人とは?

レバノン系ブラジル人と言われますが、レバノンという国がまずあります。

イスラエルの近く!ということでいろいろ考える人がいるかと思いますが..。

19世紀の後半にレバノンやシリアからブラジルに移民する人が増えました。
20世紀になってもさらに多くなったとか。その多くが「キリスト教」と言われています。

実はレバノンは珍しい民族で、宗教的にはキリスト教とイスラム教の勢力が半々の珍しいバランスをもったものです。
変ですよね。このへんも説明が長くなりますし、本編とズレるのでので割愛します。

カルロスゴーンは、レバノンのキリスト教イエズス会系ノートルダム高校に進学しており、この時に人生の最大の影響を与えたともいわれる神父に出会ったとされています。前述したように「キリスト教イエズス会」なのでユダヤ教徒は区別されます。

こういった背景を見ても、カルロスゴーンはユダヤ人ではないと言いたいところですが
個人ブログに母親がユダヤ系フランス人という情報があり、違う情報源で調べてたところ
本人の自伝でナイジェリア出身で、レバノンの山あいに暮らす大家族ということが記載されており、特にユダヤ系という話はありませんでした。

100%ではないですが、99%ユダヤ人ではないと言えるでしょう。

まとめ

ユダヤ人は確かに、人口比率は1%以下と少ないのに、ノーベル賞受賞者の22%がユダヤ人が占めているなんて話があり
「優秀な遺伝子をもっている」というイメージが強いのですが、カルロスゴーン氏はユダヤ人とは無関係と思われます。

生き延びるために知恵が発達したというのは嘘ではないとは思いますが、ユダヤ人に対する誇張されたイメージも多いという印象はありますね。

ゴーン氏の事件は今後どうなっていくのでしょうか。進展を見守りましょう。

Sponsored Links




関連記事

  1. 高輪ゲートウェイで192.168.11.1の意味とは?「そういうことか…

  2. 計画停電のメリットとデメリットは?意味はあるのかの声が多いが

  3. 関空封鎖時の台湾の悲劇はなぜ起こったか?海外の反応「残念な死だ」「結局…

  4. 蚊がいない?今年は猛暑で少ないって本当か調べてみた

  5. ドルチェ&ガッバーナのCM動画と炎上理由と経緯!1日で全てがひっくり返…

  6. 北センチネル島の先住民とは?ドローン画像から推測できる実態とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP