お役立ち情報

金箔は食べても大丈夫なの?美容効果があるというのは本当か調べてみた

お正月というと煌びやかな金箔入り日本酒などを嗜むことがありますが、金属って食べても大丈夫なのと心配になったり、
一方で、クレオパトラや楊貴妃が、金箔を美容に使っていたと金箔パックのエステの宣伝が良くありますが、美容効果があるというのは本当か調べてみました。

金箔は食べても大丈夫なの?心配!

金箔は食べても大丈夫か見て行きましょう。

金自体は強酸(濃塩酸と濃硝酸からなる王水を除く)などにも反応せず非常に安定ですので、錆びることなく、
食用された金は、胃酸などの消化液とは当然反応せず、体内を素通りしてそのまま排泄されてしまいます。

食用金箔は、金と少量の銀を含んでおり、薄い金箔は扱いにくいので、残り90%以上はでんぷんを原料とする水溶性の多糖類「プルラン」でコーティングされています。
その外に、植物由来のタンパク質「ツェイン」を使っている場合もあります。

食用金箔は厚生労働省に認可された既存添加物で体には無害であることが承認されていますので、食べてもまったく問題はないと言えます。

美容効果があるというのは本当?

金箔パックの効果として、肌のバリア機能を修復する、殺菌作用、血行促進、代謝を促進するなどがうたわれており、
金から発散されるマイナスイオンによると説明されています。

これは本当でしょうか?

まず、金箔自体が先に見ましたように、単独ではすぐはがれるなど取り扱いが難しいため、金の含有量は4%程度しかありません。
少量でも、0.0003ミリの薄さにまで延ばすことができ、見た目が華やかですので、一見かなりな量が含まれているように見えますが、実は非常に少ないのです。

また、金の価格は1g約5000円ですので、大量に使うにはコストがかかりすぎます。

マイナスイオンの概念は明確ではありませんが、イオン化という点では、金は最もイオン化しない安定な金属ですから、イオンの効果は考えにくく、
逆に万一イオン化しているのが本当なら、重金属の一種である金は危険だとも言えます。

金の有機化合物を原料とする薬品として、抗リウマチ薬がありますが、種々の副作用があり、医者の指示のもとで、注意して使うように指定されています。

以上から、化学的にみると、金の美容効果は考えにくいと言えます。
過去に、明確にその効果を検証した論文もないようです。

但し、美容やお肌の潤いなどは、メンタルな影響が大きいと言われていますから、華やかな金パックエステで、気持ちが昂れば、金の効果は、あり得るとも言えます。

期待していたのに残念だわ!

金箔に関するネットの反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

実に様々な食品や美容液に金箔が使われていますね。
美容効果に疑問を持つ方が多いようですが、華やかさを演出する着色料としての効果は抜群のようです。

まとめ

金箔の安全性と美容効果についてまとめました。

安全性には問題ありませんので、その場を演出する装飾材料と考えて、使えば、楽しめると思えます。

お正月にはぴったりな素材であることには間違いありません。

何にふりかけてみると面白いかな?

関連記事

  1. チョコレートの違いまとめ!生・準・ミルク・ビターって?

  2. 風船の保存方法!安室奈美恵のラストライブを永遠に..

  3. バカマツタケとは?味や値段にどんな違いがあるのか調べてみた

  4. 渋柿を甘くする方法でドライアイスやお湯や焼酎どれが一番効果ある?

  5. フェルビナクとジクロフェナクとインドメタシンの違いは?一番効くのはこれ…

  6. 消費税10%になるメリットとデメリットまとめ!増税前にやることは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP