事件・事故

googleマップ詐欺とは?どんな手口か知って対策しよう

▼ ▼  地球の裏側もリアタイでスポーツライブ観れる時代だぞーン! ▼ ▼ 

個人的に見逃せないのが...

6/12 18:00 吉田輝星がカープ戦で1軍初先発!
6/12 大谷翔平vs前田健太!
6/14~ コパ・アメリカ独占放送!
8月 バスケワールドカップ


▲ ▲ 6/25まで2か月無料キャンペーン!! ▲ ▲ 

googleマップの特徴を利用したフィッシング詐欺が増えています。
どんな手口で、なぜこれまでに増して引っかかりやすいのか、個人としてどのような対策ができるのかをまとめました。

googleマップ詐欺の手口とは?

まず、googleマップ詐欺とはどんな手口なのかを見てゆきましょう。手口から対策が見えてきます。

振り込め詐欺の犯人が、googleマップ上の例えばA銀行の電話番号などの情報を書き換えておき、A銀行に電話したつもりのユーザが、
詐欺犯宛てに電話をかけてしまい、クレジットカード番号や暗証番号などを要求する音声応答システムによって聞き出されて被害にあうという新種の振り込め詐欺がgoogleマップ詐欺です。

これは、リバースヴィッシング(Reverse Vishing)に含まれます。
ここで、ヴィッシング(Vishing)とは「Voice Phishing(声によるフィッシング)」の略です。

典型的なフィッシングは、インターネットのユーザからユーザ名、パスワード、クレジットカードなどの経済的価値のある情報を盗むために、
一般に信頼されている主体になりすまして、Eメールによって偽のWebサーバに誘導して行われます。

一方、古典的な手口のヴィッシング(Vishing)は、銀行を装って電話をかけて、口座番号や暗証番号を聞き出すというというものです。

リバースヴィッシングはその逆向きで、被害者自身から詐欺師に電話させるようにする手口です。

リバースヴィッシングがgoogleマップを利用して行われているのは、googleマップの次の仕組みによります。

googleマップに表示する店や企業の情報は、「Googleマイビジネス」というサービスを通して、オーナーなどが自分たちの情報を登録できるようになっています。
ところが、ユーザなど一般のものが、googleマップ上で、該当の店をクリックすると「情報の修正を提案」できるボタンがあり、
ここで、店の電話番号などを簡単に修正してGoogleへ送ることができます。

度重なる間違った修正に困ったオーナーもいたことから、悪意を持ったものが簡単に修正できている可能性があります。

全く知らなかったわ!怖い

では、ネットユーザが、従来のフィッシングより被害に会いやすいのはなぜでしょう。

googleマップ詐欺にひっかかりやすい理由は?

・正しいと思い込んだ相手先にユーザ自身が電話している
・スマホでgoogleマップを開いて、表示された電話番号をタップするだけで、考える間もなく、そのまま電話をかけられてしまう。
・音声応答システムなどが使われているなど、普段よく使っている銀行の電話システムと思い込みやすい。
しかも銀行への電話では、カード番号を告げた後、本人確認として、名前、住所、生年月日を答えることがしばしばあり疑いを持たずに、大事な情報を告げやすい。

考えられるユーザの対策は

・クリックする前に考える
クリックする前に一呼吸置き、本物の電話番号か、公式HPなどで確認する。
アイフォーンなどスマホで、クリックするとすぐつながる機能を停止できないか設定を見ましたが、今のところ設定できないようです。
電話帳に載っている電話にクリックするとすぐつながる誤発信は、3Dタッチなどを利用すれば、電話するかどうか判断できますが、これ以外では無理なようです。
・音声応答システムなど本物の銀行などに比べて、短時間で処理される場合は疑う?
・銀行やクレジットカードの取引明細書に必ず眼を通し、身に覚えのない履歴がないか、明細をチェックする。

googleマップ詐欺へのネットの反応

こんなこと、全く知りませんでした。
もちろん、各自がきちんと気をつけなくてはいけないけれど、Google側にも防止策を講じてほしいです。
恐らく、私のように知らない人も多いと思うので、マスコミ等での注意喚起も大々的にお願いします。
これはGoogle側が責任持って正しい情報のみ出すようにもっと努力すべき事案。
被害が出ているならgoggleにも責任があると思うけどね。
変更されたらオーナーに連絡が行くとかしてるのかな?
電話や住所等の基本的な情報が頻繁に変更されたら確認する位はしても良い気がする。
GoogleMAPは
目的地を登録しておくと
徒歩用のナビゲーションにも
なるのでとても便利ですよね。
はじめて行く建物でも
ストリートビューで確認できるし。
あれだけの膨大なデータを
無料で使えるのは凄いですよね。
スマートフォンで現在地など
常時記録していたり、
住所やスケジュール、電話番号、
撮影した写真なども含めて
集めているのに相手が米国なら
だれもなにも騒がないのですものね。
銀行は家に届く資料があるからまずそっち見るけど、初めて行くお店を検索する場合だと、HPに移動する前に検索画面に出てくる情報を利用する可能性が高いなあ。予約とかする際に個人情報を渡しちゃう可能性は高い。
普段、Googleが個別の事業所の電話番号をどうやって取得しているか、なんて考えないからなあ。注意書きなり、変更履歴なりが表示されれば、利用する側も気を付けるようになるかな。家族にも教えておこう。
グーグルが提供するツールの社会的認知度は、著しく高まっているので、社会に与える影響も同社は考える時期にきていると思う。
つまりは、今回のようなことが起きないように、少なくとも最低限の対策は打っていくこと。企業の社会的責任であると思う。
Google マップは善意の情報提供者によって成り立っている。
だから悪意のある者が店舗情報を書き換えたり容易にできる。
クチコミもウソの情報が多いので利用するときは他の情報も併せて
確認する。電話番号は公式ページのものを利用すること。
Googleに限らず、無料提供のサービスを利用するということはどこかにそのしわ寄せがあるわけで、利用者はその点を理解しつつ様々な自衛を試みないといけないと思う。
今回のような問題で、よく言う包丁を殺人に使われた場合の責任所在みたいにGoogleがどこまで責任を追わなければいけないのかと問うことはナンセンス。
ただユーザーとしてもあまりにひどければ利用をやめたりするのも選択肢にあるわけだから、企業の自助努力に期待したい。

出典:ヤフコメ
いくら無料サービスとは言え、これは、Google側がなんとかすべきという意見が多数でした。

まとめ

googleマップ詐欺とはどんなもので、どのような手口か使われているか、その対策についてまとめてみました。

高齢者を狙う振り込め詐欺に次々新たな手口が生まれているように、
ネットユーザーを狙う詐欺も、詐欺師は次々と新たな手を生み出してきています。

敵は甘くない。若者も気をつけねば!

便利なツールを無料で使えるなど、世の中にそんなにうまい話はそうそうはないと考えるべきでなのでしょう。
ここらで、ちょっと立ち止まって考える必要がありそうです。

関連記事

  1. ノートルダム大聖堂の内部の構造と画像!再建復興に何年かかるか?

  2. バカッターをくら寿司が本気制裁!損害賠償はいくらになる?「株の時価総額…

  3. ファーウェイ孟晩舟CFOの経歴は?海外の反応まとめ「ザッカーバーグが中…

  4. NGT48は解散か?今後の対応が問われる衝撃事件を分かりやすくまとめて…

  5. 自衛官募集ポスター炎上!コラボアニメのストライクウィッチーズについて調…

  6. ファーウェイCFO孟晩舟の妹のインスタにびっくり!「社交界デビュー20…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP