陸上

箱根駅伝2019のネックレス1番人気のメーカーや値段!

箱根駅伝2019まであとほぼ1か月となりました。今回も東海道~箱根路での学生たちの熱い戦いが期待されます。ところで最近、テレビなどで見ていると箱根ランナーの間でスポーツ用ネックレスが人気なようです。10月に行われた予選会でも多くの選手がネックレスを着用していました。では箱根ランナーに人気のネックレスメーカーとは?その効果や値段はどうなのでしょうか。

競技中だってオシャレにこだわりたいよね!
Sponsored Links




箱根駅伝2019のネックレス1番人気のメーカーは?

スポーツ用ネックレスには磁石やチタンが施してあり、首回りの筋肉の血行を促進したり疲労回復などの効果があるといわれ、近年アスリートや一般の人でも着用する人が増えています。色合いもカラフルなものが多く、オシャレの一環としても選手たちに好まれているようです。

一口にスポーツネックレスといっても多くの種類があり、素材も金属、磁石、シリコンなどさまざま。着用した感触や効能などで好みのものを使うという選手が多いほか、やはり激しい運動中に着用するものですから「軽い」、「水に強い」、「汚れを落としやすい」、「着脱しやすい」といった特徴も不可欠なようです。

スポーツネックレスのメーカーには「コラントッテ」、「コランコラン」、「セブ」などさまざまなブランドがありますが、中でも10月の箱根駅伝2019予選会では、ランナーたちの人気は「ファイテン」や「クリオ」といった有名メーカーの製品に集まっていたようです。

ファイテンネックレスの特徴

数多くあるスポーツ用ネックレスメーカーの中でも、ファイテントップシェアを誇る老舗の一つとされます。フィギュアスケートの羽生結弦選手が小学生の頃から「着けていると動きが違う」と、各大会で欠かさず愛用していることでも知られています。

10月の2019箱根駅伝予選会では、このファイテンの「炭化チタンチェーンネックレス」を着用していた選手が多かったようです。純チタンに炭化チタンをコーティングし、ストイックな独特の風合いを出したネックレス。チタンは非常に軽くて錆にも強いのでスポーツ中でも違和感が少なく、金属アレルギーも起こしにくい特長があるといわれます。

ユーザーからは「筋肉の疲れを程よく解消してくれる」「濡れても気にならない」「首がよく回る」といった評価が聞かれました。ファイテン公式サイトでは、価格は30,240円(税込み)となっています。

[PR]▼箱根駅伝の選手が付けているファイテンネックレスはこちらから▼


クリオネックレスの特徴

クリオのネックレスは以前からバドミントンの選手を中心に人気があり、箱根駅伝でも最近、東海大学の選手たちが身に着けていたことでも注目を集めました。

2019箱根駅伝予選会では、ステンレス製の「マグナネックレス」やゲルマニウムを使用した「G-エディション ゼノネックレス」などが選手たちに人気の様子。ゲルマニウムは遠赤外線効果があり、血流促進、疲労回復などスポーツ時のパフォーマンス向上が期待できるといわれます。磁石式で着脱が簡単だったり、モノトーンでユニフォームとも合わせやすいことも人気の理由のようです。

クリオの公式サイトによるとマグナネックレスは27,000円(税込み)から。G-エディション ゼノネックレスは13,824円(税込み)となっています。

https://twitter.com/chrio_bad/status/894434951600283648

Sponsored Links




効果はどうなの?ネットのレビューまとめ

炭化チタンとの事で耐久性は良さそう
いつもはなかなか寝付けないが、着用した初日と2日目の夜すぐ眠れた。その後は慣れたのか変わらないけど
軽くて走ってても邪魔じゃない。つけてて快適
首筋、肩の凝りとか身体全体の疲れ軽減…って感じで何となく効いてる気がします
チェーンの太さもデザインも自分の思ってた以上に良かった。ネックレスの重さも気にならない
65cmは長いですね。到着してすぐに自作で短くしました
かっこいいしかなりいい感じです!
効果も良く、陸上の練習も大会も好調です
値段は高いですが良い買い物をしました!
毎日つけてます。効果はよくわかりませんが

出典:Amazon カスタマーレビュー

まとめ

もともとスポーツ選手は手首にミサンガを巻くなど、小物やアクセサリーを使って「験担ぎ」をする人が多いといわれます。スポーツ用ネックレスにはもちろん物理的な効果も期待されるのでしょうが、「これをつけていると勝てる」「動きが良くなる」と前向きにとらえるためのグッズでもあるようです。

こうした「必ずしも科学的に説明できない治癒現象」のことを「プラシーボ効果」といいますが、アスリートには精神面のコントロールが極めて重要。気に入ったネックレスなど日頃から慣れたものを身に着けたり、ルーティンに取り入れることでメンタルを安定させ、競技への集中力を高める効果もそこに求められているのではないでしょうか。

デスクワークの肩こり対策などで着ける会社員も結構いるらしい…

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 箱根駅伝2019イケメンランキング!「16候補選手中1位となったのは?…

  2. キプチョゲの練習メニューが公開されている!ファートレック走とは?

  3. 大迫傑のマラソン練習が半端ない!トレーニングシューズも調べてみた

  4. 箱根駅伝2019予想メタランキング!青学に勝てるところはどこ?

  5. 箱根駅伝の関東学生連合の選考基準最新!最高順位を振り返る

  6. 箱根駅伝がマラソンの弊害になるのは嘘?むしろ利になるって本当なの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP