お役立ち情報

高プロとは簡単に言うと?対象者を具体的にあげてみた

「高プロ」これも流行語大賞ノミネート語です。ご存じでしたでしょうか?
高度プロフェッショナル制度のことです。来年2019年4月に施行されます。
まだ始ってないけど、ノミネートされるのはちょっと不思議な感じもします。
高プロとは何か、対象業種は何か、簡単に分かるように調べてみました。

高度プロフェッショナル制度って職人の人のことかと思ったよ
Sponsored Links




高プロ(高度プロフェッショナル制度)とは簡単に言うとどういうこと?

高プロを簡単に言うと、専門職で年収の高い人を労働時間の規制かの対象から外す仕組みです。
年収1,075万円以上のアナリストなどの専門職が対象となります。
労働基準法では、法定労働時間をこえてはたらいたり、休日・深夜に働いた場合には、割増料金の支払い義務を
かしていますが、対象となる労働者は支払義務がなくなります。⇒何時間働いてもお給料は同じということですね!

「1日8時間週40時間」枠は関係なくなるんだね

今後は「働き方改革促進法案」により労働基準法が改正され、2019年4月1日の施行をもって
高度プロフェッショナル制度が導入されることになります。

厚生労働省が決めれるってことだね

高プロの対象者をあげてみた

対象者は5つの業務に該当する人です。
金融商品の開発業務
金融しょうひんのディーリング業務
アナリストの業務(企業・市場等の高度な分析業務)
コンサルタントの業務(事業・業務の企画運営に関する高度な考案又は助言の業務)
研究開発業務

この業務をしていて年収が高い人が対象になるんですね
Sponsored Links




高プロに関するネットの反応

高度プロフェッショナル制度を導入すると会社にもデメリットが生じるよ。
高度プロフェッショナル制度が導入されたら、年収の基準も下げていくよね。
高度プロフェッショナル制度は、労働者に対する権利剥奪制度だよね。
流行語に選ばれた高度プロフェッショナル制度そんなに流行ってた?
高度プロフェッショナル制度の導入には、賛否両論あるよね。
時間ではなく成果で評価されるのが高度プロフェッショナル制度だよ。
高度プロフェッショナル制度は、長時間労働を助長するね。
正式名称は、「特定高度専門業務・成果型労働制」といいます。
高プロの自由は。それは、経営者が深夜でも働かせることができる自由だよ。
高度プロフェッショナル制度の対象業務にしていいので、1,000万円ほしいな。
出典:https://goo.gl/yp4g7K

まとめ

高プロとは何か、対象業務は?簡単にいうとどういうものか調べてみました。
どんな制度でも、メリット・デメリットあると思いますが、これで働き方が改革できる制度になって
いくといいと思います。まだまだたくさん議論する余地はありそうですね。

現場の人の声が反映される制度だといいね

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. スズメバチの活動時期と時間は?対策出来ることを考えてみた

  2. カフェオレとカフェラテの違いは?味やカロリーの違いを調べてみた

  3. フランス落としとは?なぜこんな名前でどんな仕組みか調べてみた

  4. アイフォンが充電出来ない8つの原因!裏ワザはある?

  5. 電車のリュックの持ち方マナーを具体的にシェア!迷惑にならない方法は?

  6. 座りすぎは寿命を縮めるって具体的な数字は?スタンディングディスクのおす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP