スポーツ全般

高校野球代表vs大学野球代表の過去の結果を調べてみた

夏の甲子園を沸かせた各校の「精鋭」たちがそろう高校野球代表と、プロ即戦力も多い大学野球代表が戦う壮行試合が、28日に「大学野球の聖地」神宮球場で開催されます。
今回が3回目となる高校vs大学の侍ジャパン対決。
やはり「お兄さん格」である大学生のほうが一日の長があるのか?過去の戦績はどうだったのでしょうか。

野球の「強さ」の違いって何だろう…
Sponsored Links




高校野球代表vs大学野球代表の過去の結果は?

高校野球代表vs大学野球代表の壮行試合は、2015年に初めて開催されました。
主催は野球の「侍ジャパン」事業を推進するNBPエンタープライズ。2020年東京五輪での野球・ソフトボール競技のPRや強化の意味も込められているようです。

過去2試合の戦績をみてみましょう。
2015年の第一回壮行試合では、日本で初開催された第27回U-18ワールドカップに挑む高校侍ジャパンが、開幕2日前に甲子園球場で大学ジャパンに挑みました。
高校代表は、注目の1年生スラッガー・早稲田実業の清宮幸太郎選手(現日ハム)が「4番DH」でスタメン出場し、1回に中前適時打を放ちます。

先発は夏の甲子園で東海大相模の優勝に貢献した小笠原慎之介投手(現中日)でしたが、2回3失点。後続の投手陣も精彩を欠きます。
同年のユニバーシアード大会で金メダルを獲得した強力な大学野球代表は、青学大の吉田正尚選手(現オリックス)が2本塁打を放ち、先発した 創価大の田中正義投手(現ソフトバンク)も2回で5三振を奪うなど格の違いを見せつけ、9-2で高校代表を下しました。

2016年の第二回は、当時のQVCマリンフィールドで開催。
高校野球代表は先発の早川隆久投手(木更津総合、現早大)が一回に5安打を浴びいきなり5失点。
ただ2番手以降の投手は、夏の甲子園大会を制した今井達也投手(作新学院、現西武)が2回を1安打5奪三振など、追加点を許さず踏ん張ります。

しかし高校の打線は、神奈川大の濵口遥大(現DeNA)、明大の柳裕也(現中日)投手ら大学の精鋭7投手のリレーに、散発の3安打、18三振と抑え込まれました。
この年の大学野球代表は同年の日米大学選手権を制した勢いのあるチーム。一回の大量点を守り切り、またも5-0で大学が勝利しました。

やっぱり大学野球代表が勝つ?予想をしてみた

このように侍ジャパン「高校vs大学」壮行試合は、高校野球代表が国際大会を前にして、実力が上の大学トップレベルチームに胸を借りる場として開催されているのが実情といえます。

3回目となる8月28日の壮行試合に臨む大学野球代表は、7月にオランダで行われたハーレム国際大会で94年以来12大会ぶり4度目の優勝を果たしたチームです。

ハーレム大会の決勝では台湾を5-0で下し、計7試合で6失点の投手力を武器に全勝。3勝した松本航投手(日体大)が最優秀投手、辰己涼介主将(立命大)がMVPに選ばれました。
このほか、最速159kmという剛速球を持つ甲斐野央投手(東洋大)や強打の捕手・頓宮裕真選手(亜大)ら、ドラフト上位候補もズラリとそろっています。

過去の2試合でも大学野球代表はトップ級の投手を小刻みに継投。甲子園などで爆発的力を見せた高校野球代表のスラッガーたちといえども、なかなか的を絞れませんでした。

大学生のトップ選手だけに、体格や技術面も高校生よりかなり「成熟度」が高いうえ、壮行試合では大学の基準に合わせて、飛距離が出にくい木製バットを使用することもあり、高校野球代表が勝つのはかなり至難の業のようです。

ただ過去の壮行試合では高校野球代表の投手も意地を見せ、2回以降は無失点に抑えました。「超高校級」投手が短いイニングで全力投球すれば、さすがの大学の強打者も簡単には攻略できない面もあります。

さて今回の試合はどうでしょうか。

Sponsored Links




ネットの反応まとめ

これは楽しみな試合です!
侍ジャパン壮行試合、高校代表対大学代表のチケットはすべての席種が完売と発表。当日券の発売予定はないという
輝星効果で一気…
甲子園の熱気継続中
あの酷暑で連日完投した選手をまた酷使させるの?これから国体もあるんだし、休ませてあげなさいよ
こりゃスゴいわ(笑) 出場選手も
大学vs高校で平日の神宮を完売にするとはスゴイ!! 高校野球人気の影響は否定しないけど吉田投手だけじゃないよね
応援関東一高なのね 音楽の力で選手を盛り上げ下さいねぇ~
BSの解説は仁志敏久さん、ゲスト解説が小倉清一郎さん、竹田利秋さん。超豪華です
大学野球の部員も昨年までは高校球児。次の舞台が待っています。来年神宮球場で躍動するみなさんを心待ちにしています

出典:twitter

まとめ

高校vs大学のオールスター戦、ファンにはとても楽しみであり、選手たちにも有意義な取り組みです。
去年は大学代表がユニバーシアードと重なり実現せず。また神宮球場もコンサートのため使用できなかったそうです。

今回は、一塁側で明治・東大・立教・慶應の応援団連合が大学野球代表を、三塁側で関東一高吹奏楽部などが高校野球代表を応援する応援合戦も行われます。
関東一高は、“大学野球の聖地”神宮球場を“高校野球の聖地”甲子園の雰囲気に変えたいと意気込んでいるそうで、2年ぶりの「ドリームマッチ」は大いに盛り上がりそうです。

選手たち、来年はプロでまた対戦があるかもね!

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 紀平梨花のスポンサーはどこ?株価が上昇する?

  2. RISE129のテレビ放送は?那須川天心戦やロッタン戦は何時何分に見れ…

  3. 那須川天心vsシーサケットが実現する?予想をしてみた

  4. Tリーグのテレビ放送はするの?生中継媒体が発表される!

  5. 山本KID徳郁の家族構成が衝撃的だった!「ダルビッシュ有も関係」

  6. 侍ジャパン壮行試合メンバー決定!高校代表のスタメン予想をしてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP