お役立ち情報

冬太りしない方法のおすすめはバーピー!短時間での効果に今注目

今年もまもなく年の暮れ。クリスマスや大晦日、お正月と一年でも最も「イベント盛りだくさん」なシーズン到来です。毎年楽しみな半面、怖いのが「冬太り」冬太りしない方法として、最近注目を集めているのが「バーピー」というエクササイズです。お金もかからず手軽に短期間で効果が現れるというバーピー。そのやり方やメリットをご紹介します。

へぇ~。私も早速やってみようかな
Sponsored Links




冬太りしない方法のおすすめはバーピー!

ジョギングやジム通い、「糖質制限」など、日頃からダイエットには気をつけているという方は多いと思いますが、意外に悩ましいのが「冬になると体重が増える」という〝冬太り〟です。同じように気をつけていても、何となく夏場より冬の方が太りやすい気がするもの。そもそもなぜ「冬太り」してしまう人が多いのでしょうか。

まず冬は気温が低いことが挙げられます。寒いと体の免疫力が下がり発汗作用も衰えます。また外で運動するのも億劫になりがち。しかも12月からの1カ月間は忘年会、パーティー、正月休み、新年会など宴席続き。家族や仲間とご馳走を囲みお酒を飲む機会も増えます。年に一度のお祝いですし、ついつい高脂質高カロリー・糖質たっぷりの食事を摂り過ぎてしまうこともしばしばです。塩分摂取量も増えますので、むくみの原因にもなりやすいようです。

しかし実は、冬は夏よりカロリー消費は多いと考えられるのです。人間には、常に体の状態や体温を一定に保とうとする「恒常性機能」が備わっています。気温が低い冬はとりわけ体温を上げようと恒常性機能が顕著に働くため、体の基礎代謝が高まり、何もしなくても消費カロリーが増える時期でもあります。

しかも最近の夏は異常高温続きで熱中症の危険も高まっていますが、冬ではそうした心配もありません。つまり、おすすめの「冬太りしない方法」は冬場に運動することだといえるのです。そして冬太りしない方法の一つとして、最近注目を集めているのが「バーピー」というトレーニング法です。

ではバーピーとは?どんな利点や効果があるのでしょうか。

↓これがバーピーです!

バーピーの短時間効果に注目

冬太りしない方法としておすすめのバーピー。これは、1930年代に米コロンビア大学の生理学者R・H・バーピーによって考案されたエクササイズだといわれます。その名前をとって米国では「バーピーズ・エクササイズ」と呼ばれています。動作にジャンプが含まれるため、日本では「バーピージャンプ」という呼称が一般的なようです。

バーピーは非常にシンプルで、しかも大変理にかなった、ダイエット効果の高いエクササイズです。4畳半ほどの広さがあれば室内でも屋外でも手軽にでき、特別な用具も必要ないのでお金もまったくかかりません。自分の体の状態や目的に合わせてバリエーションを変えることもできるので、老若男女、どんな年齢層でもやりやすい運動だといえます。「学校の体育授業でやったことがある!」「プロ選手が練習でやっているのを見た」といった方も多いと思いのではないでしょうか。

バーピーは動画でご覧頂いた通り、スクワット+腕立て伏せ+体幹トレ+ジャンプを組み合わせた全身運動。それぞれの関連した部位の筋肉を自重を利用して効率的に鍛えることができます。また連続して長く行うことで有酸素運動としての効果も期待でき、「筋トレ+持久力」のオールインワン運動でもあります。

冬太りしない方法としておすすめのバーピーメニューは次のようなものです。最初は1日数回。5日に1度休日を挟みながら1日10回、15回と毎日少しずつ回数を増やし、4週目には1日80回以上に伸ばします。最初は軽いメニューでワンセットの時間も短いので始めやすく、休みの日もあるので続けやすいのもメリット。普通に食事していても、1カ月後には確実にお腹周りなどがスッキリする効果が現れるといいます。

バーピーの効果を最大化するには、見本の動画に倣って姿勢などに気をつけることも重要。「腕には筋肉付けたくない」「膝が痛いので…」といった方は対象の運動を省いたり休息を挟みながら行うなど、目的に応じて「カスタマイズ」もできます。

↓「天心流」でやるとこう!

Sponsored Links




バーピーに関するネットの反応

本日もバーピージャンプやりました! 10回2セット
昨日暴食しちゃったのになんで体重減った??ドラマ観ながらひたすらバーピーしたから??
バーピー2日置きにやるの復活したけど、当たり前のように体重と体脂肪率減るな
体力つけるだけならバーピージャンプとかええで
マジ一日にバーピージョンプを30回やってください。全身筋肉痛になれます!
部屋でやる筋トレ、懸垂/腕立て/腹筋/背筋/スクワットだけだったんだけど、新たにバーピー取り入れてみることにする
あの筋トレの動きが最高に辛い。スクワットしてから連続でバーピーするとめっちゃ辛いの私だけなのかしら…
11月は人生で1番バーピージャンプした月だった
多分部屋で特に器材を使わず有酸素っぽい効果あんのってこれくらいじゃないかな
「バーピー」が正式らしい。ずっとバービーだと思ってた

出典:twitter

まとめ

冬は寒いので体を動かすまでが億劫ですが、動かし始めると体も温まって気持ちいいものです。プロアスリートも採り入れている手軽で合理的なバーピーはとてもよさそうですね。もっとも、若手「最強」格闘家・那須川天心選手がインスタで公開しているバーピーは、とても一般人にはまねできそうにありませんが…(笑)。

単調だから、好きな音楽聴きながらでも良いかも!

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. フランス落としとは?なぜこんな名前でどんな仕組みか調べてみた

  2. 高輪ゲートウェイ駅の完成予想図はこれ!そもそもなぜ作ったの?五輪のため…

  3. 忘年会は勤務時間?残業になる?実際法律的にどうなの?

  4. 社会的時差ボケとはどういう意味?寝だめの事例や影響を紹介

  5. フィギュアスケートはいくらかかる?お金持ちしかできないか調べてみた結果…

  6. ペイペイをさいたまで使えるお店!裏技は?テクニックをシェア!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP