ボクシング

井上尚弥パウンドフォーパウンド最新ランキングで3位と4位!ゴロフキン抜きの2社のランクを紹介!

▼ ▼  地球の裏側もリアタイでスポーツライブ観れる時代だぞーン! ▼ ▼ 

個人的に見逃せないのが...

6/12 18:00 吉田輝星がカープ戦で1軍初先発!
6/12 大谷翔平vs前田健太!
6/14~ コパ・アメリカ独占放送!
8月 バスケワールドカップ


▲ ▲ 6/25まで2か月無料キャンペーン!! ▲ ▲ 

井上尚弥パウンドフォーパウンド最新ランキングで3位と4位を獲得。
パウンドフォーパウンドyahoo!ニュースでは4位とのことで、もちろん正確なのですが、
いくつかパウンドフォーパウンドを発表しているところがあるんですね。
リング誌が一番有名、次がEPSONです。

個人的にはEPSONの方が投票制なのです好きなんですよね。
どちらにせよ2つ見ると参考になりますので、どちらも紹介します!

井上尚弥パウンドフォーパウンド最新ランキング!

2019年5月22日、リング誌のパウンドフォーパウンド最新ランキングが出ました!

結論的に井上尚弥は4位!日本人がここまで来たこと自体凄すぎます。

個人的には1位でもいいと思ったけど。カネロ強いけどジェイコブスと判定やったやん。ロマと井上がトップ2がいいなと勝手な素人意見だが

パウンドフォーパウンドには何種類かあります。
もちろん公式で最も権威があるのは、リング誌です。


出典:https://www.ringtv.com/ratings/?weightclass=251

1位:ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

2位:テレンス・クロフォード(米国)ウェルター級

3位:カネロ・アルバレス(メキシコ) ミドル級

4位:井上尚弥(日本)バンタム級

5位:オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)

6位:エロール・スペンス・ジュニア(米国)ウェルター級

7位:ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)ミドル級

8位:ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)スーパーフライ級

9位:ミゲル・アンヘル・ガルシア(米国)

10位:ドニー・ニエテス(フィリピン)

評議会ではPFP1位に井上の名前をあげた人もいると会長が明かしています。

ESPNは、識者の点数公表しているから、リング誌も透明性をもっと発揮してほしいなあ

他にもP4Pランクしているところは多数あり、ESPNは、まだ更新していません。しかし、会長が井上を絶賛していたので、トップ3に入るのではと個人的に思っています。
以下あたりのリンクで更新されるかと思います。
出典:http://www.espn.com/boxing/story/_/id/26575185/boxing-pound-pound-rankings-lomachenko-remains-ahead-crawford

WBNのP4Pでは3位!

権威はリング誌が一番ですが、他のP4Pもやはり参考になります。
中には個人がやっているものもありますが、
中でもボクシングサイトで有名なWorldBoxingNewsでは、井上尚弥選手は3位にランクされています!

まあ、このランクに納得できるかどうかは人それぞれだとは思いますが、けっこうリング誌と違います。

1位:カネロ・アルバレス

2位:ワシル・ロマチェンコ

3位:井上尚弥

4位:テレンス・クロフォード

5位:アレクサンダー・ウシク

6位:マニーパッキャオ

7位:ゲナジー・ゴロフキン

8位:エロール・スペンサー・ジュニア

9位:ミゲル・アンヘル・ガルシア

10位:ファン・フランシスコ・エストラーダ

11位:ドニー・ニエテス

12位:タイソン・フューリー

13位:田中恒成

14位:ワイルダー

15位:ジョシュア

16位:レオ・サンタ・クルズ

17位:ワンヒン・ミナヨーティン

18位:ノネト・ドネア

出典:https://www.worldboxingnews.net/pound-4-pound-rankings/

パッキャオに違和感。昔は素晴らしかったけど。
それより、ヘビー級1位はフューリーやん。ワイルダーの方が下なんだ。
あと、サンタ・クルズって初めて知った
試合あるとして楽しみなのは、スペンサーvsクロフォード。個人的にはスペンサーの方が強いと思うのよね。

個人的には、ESPNのパウンドフォーパウンドが楽しみです。
ESPNは12人の専門家による10位のランキングを集計したものです。
こっちの方が信頼性高い、なんて人もいるくらいです。

前回4月22日更新なので、そろそろ更新されるのではと思っています。

ネットの反応は?

個人的には1位です!
こんなランキングで騒いでもしょうがない
ゴロフキンより上ってヤバイよな。
ウシク・ゴロフキン抜きはたまらん
日本人過去最高かな
出典:twitter

まとめ

いかがでしょうか。
日本中かなり盛り上がっています。

ドネアは11月ごろになりそうですかね。
日本であれば大阪の可能性もとか報道されていたり、日本では今からでは押さえられない、等情報が交差しています。

また、井上選手自体は、バンタム級からすぐに上げる気はなさそうな発言ですね。
テテとネリと戦いたいのでしょうか。
確かに、スーパーバンタム級は微妙ではありますが、一人だけ名のある選手がいます。バルガスです。

P4Pも20位以内には入るであろう選手。試合は観たことありませんが、ちょこちょこ情報をチェックしていると見かける名前です。

もちろん本人が決めることですので、どうなるか分かりませんが、
とりあえずはドネア戦が楽しみです。

関連記事

  1. クロフォードvsカーンの結果詳細と海外の反応まとめ!

  2. ドネアvsテテのテレビ放送かネット中継はある?予想も詳しくまとめ【動画…

  3. ジェイコブスの強さは?戦績とエピソード【動画あり】

  4. ゴロフキンの戦績一覧と凄さまとめ!「生涯1度もダウン経験なし!!」

  5. ロマチェンコvsペドラサのテレビ放送とネット視聴は?スイッチスナイパー…

  6. 田口良一vs田中恒成の結果詳細と感想まとめ「防衛テロップが早めにでて炎…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP