ボクシング

伊藤雅雪の次戦シュプラコフとは?予想まとめ「パワーでねじ伏せる」「勝てばスター街道間違いなし」

WBO世界スーパーフェザー級王座への初挑戦で難敵に勝利した伊藤雅雪の初防衛戦が年末に行われます。
全勝で無敗というシュプラコフとはどんな選手で伊藤雅雪にとって、本当に楽勝となる試合なのでしょうか?
予想をまとめました。

Sponsored Links




伊藤雅雪の次戦シュプラコフとは?

イフゲニー・シュプラコフはロシア国籍の1990年4月4日生まれの28歳です。
これまでの主な戦歴を見てみましょう。
2011年12月1日 デビュー(21歳)。
2015年9月 ドミトリー・キリロフ(ロシア)を8RKOで下し、WBO欧州スーパーフェザー級王座を獲得し、その後2度の防衛に成功しています。
2016年11月 12R判定で、エレミヤ・ナカシラ(ナミビア)を下し、WBOインターコンチネンタルスーパーフェザー級王座を獲得、その後2度の防衛に成功しています。
2018年7月 アーニー・サンチェス(比)と対戦し、10R大差で判定勝ちを収めたのが直近の試合です。

オーソドックスタイプで、戦歴は20全勝10KO無敗で、現在世界ランキングIBF8位、WBO1位です。

ネット上の予想では、

全体的にまとまっている選手、クリストファー・ディアス(プエルトリコ)なんかよりは全然怖さは感じないです。
アマ歴が豊富なので引き出しは多いかもしれません。

との評が出ています。

伊藤雅雪自身の評

王座決定戦の相手になるのかと思って以前から試合は見ていました。ちょこまか動き回って的が絞りにくい相手です。
パワーやスピードなど突出したものは感じませんが、その動きに惑わされたくない。自分を作り上げてそれをぶち当てていきます

サラリーマンボクサーだった伊藤雅雪のここまでの道

1991年1月19日生まれの27歳、身長174cm。
スーパーフェザー級26戦24勝(12KO)1敗1分。

・2009年 プロのライセンスを取ることを目標に、伴流ボクシングジムに入門。
・2009年5月26日デビュー戦勝利(駒澤大学在学中)
・2009年 第2戦予定の1週間目に、居眠り運転で信号無視してきた車に原付バイクに、追突され、右足首、腰、両手を骨折し入院するも、1ヵ月後に退院、復帰する。
・2012年12月 無敗で全日本新人王(フェザー級)となる(駒澤大学在学中)。
・2013年9月 WBCユース世界ライト級王者
・2014年7月「DANGAN108」で仲村正男と60kg契約8回戦を行い、8回3-0の判定勝ちを収め、2014年7月度の月間敢闘賞に選出される。
・2014年11月「DANGAN116」でライアン・セルモナと133ポンド契約8回戦を行い、TKO勝ちを収め、2014年11月度の月間敢闘賞に選出された
・2015年2月 内藤律樹(E&Jカシアス)との日本スーパーフェザー級タイトルマッチ判定で初黒星を喫する。
・2015年8月 第42代東洋太平洋スーパフェザー級チャンピオン、以降2度の防衛に成功。
・2016年1月 初防衛を果たしてから、後援会やスポンサーの支援を得て、サラリーマンを卒業、ボクシング一本で行く。
・2016年12月 WBO Asia Pacific スーパフェーザー級チャンピオン
・2018年7月 WBO世界スーパーフェザー級チャンピオン

幼少時代からスポーツ万能の伊藤雅雪は、高校時代はバスケット部に所属していたが、高3のインターハイ予選でチームは敗退し、引退した(2009年)。
その後、プロのライセンスを取ることを目標に、伴流ボクシングジムに入門するが、新人王を獲得するなどボクシングの才能を開花させる。
大学卒業後、ジムのスポンサー企業に就職し、サラリーマンボクサーとしての生活を行う。

2015年結婚もし、子供も抱えていた伊藤は、朝5時、6時に起きて走って、7時半ぐらいに会社に行って。
夜7時、8時から練習できるか、仕事が、夜遅くまで、かかって練習できなかったこともあったそうで、このころが一番苦しかったそうです。

2015年2月日本スーパーフェザー級チャンピオン内藤律樹に挑戦し、初黒星をつけられたときは、
前日まで会社の商品の展示会に出て、計量を終えて、また展示会に戻ったりする状況だったそうです。
そしてようやくボクシング1本で生活できるようになったのは、
東洋太平洋スーパーフェザー級チャンピオンとなり、初防衛した後の2016年1月でした。

これらの苦労が実ったのが、2018年7月の米国フロリダ州でのWBO世界スーパーフェザー級王座に初挑戦し、
同級1位のクリストファー・ディアス(プエルトリコ)に大差の判定で勝利して、世界王者となった瞬間でした。
これは、アメリカでのプロボクシングにおける王座奪取としては、37年ぶりの快挙となりました。

Sponsored Links




伊藤雅雪vsシュプラコフのネットの予想まとめ

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。
楽観論が多いようです。むしろ最近多いTV出演で、イケメンぶりに気づいた女性ファンが増えそうです。

まとめ

次戦相手シュプラコフと、サラリーマン時代を含めた伊藤雅雪のこれまでを振り返りました。
それを下敷きに予想してみますと、それほど、厳しい相手では、なく順当なら勝てると言えそうです。

しかし、難敵のクリストファー・ディアスに勝利し、チャンピオンになった心の隙や、TV出演過多での練習への影響が出てくると、
10月楽勝予想の村田諒太がロブ・ブラントに判定で敗れて、2度めの防衛に失敗したような事態が起こらないとも限りません。

サラリーマン時代の苦しさや先日の試合前の切羽詰まった思いを再度かみしめて、
今年末を初防衛の喜びで、終わらせてほしいというのがファンの願いです。

Sponsored Links




関連記事

  1. メイウェザーvsヌルマゴメドフ海外の反応もさすがに炎上!

  2. 村田諒太vsブラントはテレビ放送地上波はある?予想まとめ「村田に追い風…

  3. 那須川天心vsシーサケットが実現する?予想をしてみた

  4. ドネアvsバーネットの結果詳細と評価まとめ「運も必要」「ちょっと残念」…

  5. アルバレスの戦績一覧!強さを分かりやすくまとめ「ゴロフキンを唯一苦しめ…

  6. アマチュアボクシング連盟内紛! 山根会長の退陣要求へ! 「俺のおかげと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP