経済・広告

泉佐野市のふるさと納税でお得なものベスト3!でも注意が必要なのはここ!

泉佐野市のふるさと納税「Amazonギフト券の100億円還元」 が総務省とのバトルと大きな話題となっています。
それでも、泉佐野市は断行するようですが、購入側としては購入したから悪いことみたいなことは今のところ特にないようです。
トライしてみたい方のためお得なものベスト3と、その場合に注意すべきことをまとめてみました。

Sponsored Links




泉佐野市のふるさと納税でお得なものベスト3

泉佐野市のふるさと納税でお得なものを詳細に調べてた結果をお伝えします!

探すの面倒だから助かる!

といっても寄付額にもよるというのが正直なところですが、
寄付金額10,000円の中から人気、金額で見てお得なものからベスト3を選定してみました。

黒毛和牛小間切れ切落し2.2kg

(冷凍)黒毛和牛小間切れ切落し550gx4パック(計2.2kg)
原産地:国産(鹿児島県、宮崎県、三重県、兵庫県、他)
(Amazon 九州原産で¥4980程度)

泉州タオル「ガーゼのタオル」セット(金野タオル)

表は柔らかく優しい肌触りで、通気性が良く乾きの早いガーゼ面、裏はふわふわで柔らかい無撚糸を使用したパイル面の、両面で異なる肌触りのタオルに仕上げました。
赤ちゃんのお肌などにも優しいタオルです。
【内容量・サイズ/製造地】
ガーゼのバスタオル(ホワイト・ベージュ)2枚 サイズ約65×120cm
ガーゼのフェイスタオル(ホワイト・ベージュ)2枚 サイズ約34×85cm
製造地:大阪府泉佐野市
(Amazon ¥5000=1814×2+990前後)

製造地:大阪府泉佐野市で、これならふるさと納税の趣旨にも合致します。

よなよなエール 350ml×1ケース

350ml×1ケース(24本)
(Amazon ¥ 6,166程度)
その他好みにより、
アサヒスーパードライ350ml×1ケース(24本)
ザ・プレミアム・モルツ 350ml×1ケース(24本) も選定出来ます。

お礼の品は1,633 件あるそうですので、これ以外にも掘り出し物が多数ありそうです。

1,633 件とは驚いた!なんでも選べそう!
Sponsored Links




泉佐野市のふるさと納税はここに注意!

ふるさと納税ポータルサイトは、多数あり、筆者も経験がありますが、手続きがとても簡単で、つながりやすく工夫されています。

今回、泉佐野市のふるさと納税で、「Amazonギフト券の100億円還元キャンペーン」を受けようとする場合、これらのサイト経由では、利用できないことに注意が必要です!

え~~~~~ふるなび経由でさらにお得にゲットしようと思っていたのに!

<泉佐野市の注意書き>

「当市直営サイト「さのちょく」内のキャンペーン期間中に寄附を行っていただくことで、ご参加いただけます。その他のサイトでの寄附は本キャンペーンの対象となりません。」
https://furusato-izumisano.jp/

<ふるなびの注意書き>

100億円還元キャンペーンは適用されないとの注意書きがある。
「当サイトでのお申込は、泉佐野市が実施しているキャンペーンの対象にはなりません。」
独自のAmazonギフト券1%キャンペーンは適用。

<ふるさとチョイスの注意書き>

泉佐野市の要請で、掲載を1月から中止している。

<さとふるの注意書き>

泉佐野市のギフトコーナーに100億円還元キャンペーン適用できないことを現時点で明示していない(注意事項にもない)。筆者問い合わせ中ですが、おそらく無理と思われます。

このキャンペーンは、自前のサイトを使うことで、ポータルサイトに対して払うマージン分を還元しているということらしいので、他のサイトを使えないのが正しいようです。(テレビの報道より)

泉佐野市直営サイト「さのちょく」は現時点でつながりにくいようです。落ち着いて待つしかありません。すぐ100億円に達する心配はないのではと思いますが。

私の経験上、繋がりやすい時間とにくい時間があるよ! 繋がりやすいのが15時前後、AM2時~7時、繋がりにくいのが9時前後、12時前後、21時前後。混んでなさそうな時間を選んで!
Sponsored Links




泉佐野市のふるさと納税キャンペーンに関するネットの反応は?

結局のところ、こうやって逸脱するものが現れてルールが強化されて面白みがなくなるのが世の常です。制度に終止符を打ちかねないのがこの市のやりかたでしょう。やったもの勝ちの今の日本そのものですね。
合成の誤謬。泉佐野市が本当に正しいと思うなら、他の地方自治体にも同じことをするよう呼び掛けたら良い。そうすれば、50パーセントくらいの税金が返礼品やギフト券に消えるだろう。泉佐野市は手っ取り早く自分達に入る税金さえ増えれば、他の地方自治体のことなどどうでも良いのだろう。努力する方向が間違っていると思う。
最初のころのように返礼品はなく、あくまで個人の郷土愛やその土地の魅力だけでふるさと納税が行われるべきだったと思う。
税控除もあくまで「制度を利用してくれた人への配慮」であって、節税目的で使われてる現状を放置すべきでない。
制度をハックして、事実上他の自治体の税金を原資にキックバックをばらまいてるのを努力とは受け止められないな。
パクり元の社長は好感度以上のヘイトを集め、とうとうツイッターの更新を停止した。その顛末を見て襟を正すべきじゃないかな。
とはいえ、泉佐野市の行為は違法とまではいえない。制度に限界が来ているのに、抜本的な見直しや中止・廃止に動かない行政も悪い。
関東に人口が集まると、関東ばかりに住民税が行くようになり地方の住民税は減少する。そこでふるさと納税を利用して地方の市町村に少しでも貢献しようとする、ここまではいいと思う。が、さすがにこれはちょっとダメだと思う。こういう自治体出てきたらふるさと納税自体がなくなってしまうおそれがある。泉佐野って言ったら別にそこまで困ってるわけじゃないし
昔、各自治体は企業誘致のために工場用地を造成したり税金を優遇して競争を行っていたけど(今でも見られるが)、それとある意味同じようなものなのでは?個人の税金をどこに納めるかの選択権を市民が持ったというだけで
泉佐野みたいにAmazonはやり過ぎだが、返礼品はその土地で考えて魅力あるものにすれば良いと思いますけど。現にマラソン大会などの参加権なんかを付けているところもあるし、大手企業の工場などがあればそこの商品でも良いと思うし
利用しないと損する気分はわかる。
けど本来自分の住む街を便利にする税金がなくなり、行きもしない関西郊外の街に税金が入り、自分の住む街の公共サービスが悪くなり、利便性がなくなることを考えた方がいい。と役人がきちんと税金を使えてないから、そんなこと考える必要ないかな。
やりすぎに思う。返礼品は税金から用意するんじゃないの?本来入ってくるはずの税金を無駄遣いしてるみたいでなんか意味がわからないんだけど。返礼品は寄付で賄われてるのかな?自治体が予算組んで用意してるのかな?
返礼品のぶんだけ税収が減ってる気がして本当にコレで良いのか疑問に思う。
そもそも総務省がコロコロと、ふるさと納税の規定をかえるからこうなる。
最初は地元のみ。次にどこでもいい。
商品は地産地場産業品で。次に地場産業品じゃなくていい…と
しっかりした土台を作らず見切り発車ではじめるからこうなったのでは?
初心に戻って、出身地、地元のみ、返礼品は地場産業品のみ。とするとか。
そもそも地域によってはその土地がら、地場産業が脆弱な地域もあるに、ふるさと納税とか始めるから。
私の地元なんて…何があるねん?やもの。あるにはあるが1種類くらい。
ない地域もあるよ。
とりあえず廃止を視野に入れることも大事。
その上で人口少なく税収少ない地域をどうするかを考えるために、議員さんとか役人の方とかいるんとちゃいます?
元々の税収の納め方から改善すれば住む話
自分が住んだことがある、または隣接する地方自治体にのみ可能にすれば良いと思う。
都市部に税収が集中し過ぎ
結局は地元産品がないのではなく、作ってこなかったつけ。地域の人は大変だけど、そういう行政を選んできたわけでもあるので、ふるさと納税の対象からはずし、さらに地方交付金も減らして、財政健全化団体を経験した方がいい。そもそも、寄付金(もとは他の市町村に行く税金)から、多額の返礼をしていると言うのは、その分もらえるところに配分されてないことにたなるし、税金の使い方がわかってないところの応援なんかできない。
泉佐野市を批判してる人が多いけど、どうかなと思う。
そりゃあ魅力的な地場の返礼品を準備出来ればいいけど、出来ない特徴のない自治体も多い。
別の目線で見れば、海の幸や山の幸を持っている自治体が有利で不公平のようにも思える。
特に都心部は地場の返礼品を準備出来ないのに人口は多く歳出は多い。
それが大量に他の自治体に流れたらその自治体は立ち行かなくなる。
そもそも制度として欠陥だらけなのだから、総務省が怒るのは意味不明で総務省が怒られる事案だと思うけど。

自治体は赤字になってまでも返礼品を出すことはありません。企業努力ならぬ自治体努力の末の返礼品或いはプレゼントなのですから、国が必要以上に制限を掛ける事は控えるべきです。自由な競争をさせ一層魅力あるふるさと納税にする方が参加する人が増えて良くなると思います。
泉佐野の様な、切羽詰まった自治体は、自分たちの創意工夫でふるさと納税を集めてるのだから、目くじら立てるべきではない。
川崎市は、税収が減ってるのかも知れないが、そもそも地方から人が集まって財政が健全なのだから、税金が地方に流れるくらいは受け止めて欲しい。
都会の自治体は恵まれ過ぎなのに、自分たちの権利だけ主張する様な論調には賛同出来ない。
やってることは投げ売り販売の通販。それも原資は他自治体に入るべき税金だから、ある意味盗んだ金で客寄せしての財テクです。自治体がやるべきことではない。ふるさと納税の立法趣旨から考えて、「返礼品は地元産品に限定し納税額の10%以内」かつ「一人当たり税収が多い自治体から少ない自治体への一方通行」かつ「現住所→過去住民票のあった自治体に限定」とすべきです。それで利用が無くなるなら制度自体が間違ってたのだろう。

出典:ヤフコメ
泉佐野市はさすがにやり過ぎではとの声が多いですが、制度自体の欠陥や、総務省のやり方にも批判が出ています。

いっぱい税金払える人ばかりが得しているなんて!

まとめ

泉佐野市のふるさと納税でお得なものベスト3を挙げ、行う場合の注意点とともに示しました。

この制度が、いよいよ微修正では立ち行かぬところまで来た感があります。
これを機に縮小、廃止の方向となるのでしょうか?

Sponsored Links




関連記事

  1. スシローの休業がなぜ2月5,6日なのか?毎年春節はどうなる?開いている…

  2. 計画停電のメリットとデメリットは?意味はあるのかの声が多いが

  3. PayPayのデメリットとは?3年後はどうなるの?「PayPalかと思…

  4. 骨髄バンクへのドナー登録のリスクは?痛いということはあるの?

  5. ゴーン海外の反応2019!弁護士突然辞任の理由とは?

  6. クレーマー対応マニュアルで韓国のデパートが従業員保護へ!日本はどうする…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP