お役立ち情報

決済エラー詐欺とは?その手口と見抜く方法はあるのか?

▼ ▼  地球の裏側もリアタイでスポーツライブ観れる時代だぞーン! ▼ ▼ 

個人的に見逃せないのが...

6/12 18:00 吉田輝星がカープ戦で1軍初先発!
6/12 大谷翔平vs前田健太!
6/14~ コパ・アメリカ独占放送!
8月 バスケワールドカップ


▲ ▲ 6/25まで2か月無料キャンペーン!! ▲ ▲ 

決済エラー詐欺が話題になっています。2019年2月18日の朝番組のビビットで取り上げられましたが
「こんなん絶対引っ掛かってしまうやん!」という声で溢れています。

決済エラー詐欺とはいったいどんな手口か?
そしてそれは防ぎようがあるのか?
見ていきましょう。

決済エラー詐欺とは?

決済エラー詐欺とは、去年夏ごろから少しずつ出現しているようで
今のところ国内の4サイトのネットショッピングがそうなったとのことです。(その4サイトを検索したのですが出てこなかったです)

流れで説明すると以下のようになります。ポイントは「本物のネットショッピングサイトで買い物しようとしている時」に起こることです。

1、ネットショッピングで買いたい商品を選ぶ(本物のショッピングサイト)

2、「購入する」をクリックして購入画面に移動しようとする(本物のショッピングサイト)

3、クレジットカード入力画面になる(偽物のショッピングサイト)

4、ちゃんと入力したはずなのに「決済エラー」となる(偽物のショッピングサイトが個人情報をここで掴む)

5、もう一度クレジットカード入力画面になる(本物のショッピングサイト)

6、決済に成功する(本物のショッピングサイト)

7、後日商品が普通に届く

という流れです。

これはフィッシングされたことに気づかない!

これがなぜ起こるかと言うと、詐欺師がネットショッピングサイトに侵入して、そういうプログラムを置いておくからです。
ちなみに決済画面は本物と全く同じデザインなので気づかないそうです。

決済エラー詐欺対策はどうするか?

決済エラー詐欺とは、上記のような流れですが、言ってしまえば
「本人が気づかないうちにクレジット情報を盗む」というものです。

正直、詐欺でないショッピング決済画面でも普通に1文字間違えてエラーになることは
私自身何度も経験していますので、「今の決済エラーは詐欺?本物?」ってわかりませんよね。

また、これはセキュリティソフトで判別してくれるかどうか、確認がとれていません。
アップデートすればできる可能性はありますが、そこに頼るだけでは心配です。

そこでおぼえておくべきことは以下です。

そうでなくとも自分のクレカ情報はもう流出しているかもしれない

まず知るべきことは、そうでなくとも自分のクレカ情報はもう流出しているかもしれないということです。
facebookをはじめ様々なサイトから「個人情報流出しました、ごめんなさい」というニュースはありますよね。

「自分に限ってはない」と思わず、むしろ「流出しているかもね」と思った方がいいです。

その上でどう対策出来るかというと、「自分のクレジット明細を常にチェックする」ということです。
おかしいものがあれば、クレカ会社と掛け合えば取り消ししてくれることが多いです。

実際私も、ある日突然Yhaoo!カードから電話がかかってきて「いつもと違う場所から、普段買い物をしない商品の購入があったので確認の電話をしました」と電話がかかってきて、確認したら確かに私じゃない商品がクレカで購入されていました。
ショックでしたが、それを伝えると取り消しをしてくれました。非常に助かりました。
今そういった「異常感知」のシステムがあるようですね。
それは何らかの「異常感知システム」があるようです。

ただ、それも完璧じゃないでしょう。

私が調べたところ、詐欺会社が盗んだクレカ情報をどう使っているかが分かりました。

盗まれたクレカ情報で毎月100円だけ引かれる

あなたのクレカ明細からあまり覚えのない100円が毎月引かれていたら、それは盗んだクレカ情報によって引かれている可能性があります。

彼らは、例えば1万人のクレカ情報を盗んだら、1人100円とか引くようです。
そうすることで表ざたにならずに毎月100万円が入るわけです。

ですので、自分のクレカからたった100円でもおかしなものがあったら、それに使われている可能性は高いので
クレカ会社に電話しておかしい旨を伝え対処してもらうべきでしょう。それかクレカを変えるか。

このパターンがすべてではありませんが、主にこのパターンだと被害者が「気づかない」ということが多いので
頭のいい詐欺師は効率的にやるのです。

1人から100万円盗んだら大事になり警察沙汰になりますが、一人から100円盗んだら警察も取り扱わないでしょうからね…。
本当に頭がいいですよね。

決済エラー詐欺に関するネットの反応

ネットで買い物できへんやん!
どうやって防げばいいのか思いつかないから真面目にテレビ見てたけど、専門家も事前の対策は無いって言ってて笑えた
今回はショッピングサイト側が乗っ取られてのことらしい これでキャッシュレス時代到来大丈夫かしら
決済エラー詐欺はサイトが完全にクラッキングされてるのが根本の原因なんだから、変な中小のECサイトで買うなって話。大手サイトなら大丈夫では
明細を月末に必ずみなさいっていう
だんだん手口が巧妙になってるし…入力エラーが何回もあったら怪しんだ方がいいのか?カード明細は郵送で必ずチェック!しか確かなものはないって…ネット詐欺師よ!他の事に頭使え
決済エラー詐欺は、これは見抜けんなぁ
まあ大手じゃないサイトらしいけど。大手は大丈夫と思っていいかしら
こんなに頭いいなら違う金儲けできるんやないの?詐欺師さんは

出典:twitter

まとめ

決済エラー詐欺の実態が分かりました。
まとめますと決済エラー詐欺の対策としては以下が挙げられます。

1、中小のECサイトは特にあり得ると心得る
2、明細は毎月しっかりチェックして、100円でもおかしいものは見のがさない

というところでしょう。

自衛の力が必要な時代ですね。

知識をつけて強くならないと自分を守れない!便利の代償はたかいなー

関連記事

  1. スタバの年賀状のデザインと値段!ドリンクチケット付きでお得?

  2. 消費税10%に対策出来ることは?庶民が注意する3つのこと!

  3. 愛媛マラソン2019のネット中継を無料でスマホで観る方法!

  4. 卵は洗ってはいけない?洗うのはおかしい?ネットで議論に!

  5. ラインペイとペイペイ比較!使える店やお得さどっちがいい?

  6. 福沢諭吉と渋沢栄一の関係知ってた?1万千札が変更した理由はもしかしてこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP