甲子園

甲子園のジンクスまとめ!4つの要素から優勝校を絞ると…

夏の甲子園、全国高校野球選手権大会の地方予選は順調に進み、25日までで半分以上の代表校が決まりました。
名門の古豪がコールドのようなぶっちぎり優勝をしたり、はたまた、これまでずっと初戦敗退だったノーシードの公立校が奇跡の代表となったり…。
早くも高校野球らしいドラマが展開されています。
さて甲子園といえば長い歴史があるだけに、ジンクスも数々あります。
そのジンクスとは?そこから「優勝校」が見えてくるかも?

暑さが少し和らいでよかった…
Sponsored Links




甲子園の4つのジンクス!

今夏で100回目を数える歴史ある甲子園大会。春の選抜大会と合わせ、さまざまなジンクスがささやかれています。主なものをいくつかご紹介しましょう。

その1 東北・山陰勢は優勝ゼロ!!

甲子園大会はこれまで春夏で延べ200近くの優勝校が誕生してきたわけですが、何とその中に、東北勢と山陰勢はゼロです。
2015年の選抜大会で敦賀気比(福井)が優勝しましたが、これが北陸勢では春夏併せて史上初。
つまり夏は、東北各県と、本州の日本海側沿岸地域で過去に優勝校が1校もない、ということになります(日本海に面した兵庫、京都は除きます)。

100回記念の今年こそ、優勝旗が東北人悲願の「白河の関」を越えることができるでしょうか。
もっとも駒大苫小牧(北海道)が何度も過去に優勝していますから、東北の「空の上」は(飛行機で)既に越えているのですが…。

その2 戦後3連覇はない!

夏の甲子園では、戦後3連覇を果たした高校はありません。
戦後では、あの田中将大投手を擁した2004、2005年の駒大苫小牧の2連覇が最多です。

ちなみに春の選抜大会では第一回大会からこれまで3連覇はゼロ。
2連覇は懐かしい黄金時代の1981、82年のPL学園、記憶に新しい2017、18年の大阪桐蔭があります。

またいわゆる「春夏連覇」の高校は過去にありますが、「春夏春」「夏春夏」といった3季連続優勝を成し遂げた高校はありません。

その3 明治神宮大会出場校は決勝に残る?!

毎年11月に開催される「明治神宮野球大会」の出場校は、ほぼ確実に「翌年の春、または夏の甲子園で決勝に進む」というジンクスもあります。

明治神宮大会は、実質的な新人戦トーナメントである全国の各秋季地区大会で優勝した10チームでトーナメントを競います。
優勝校が所属する地区は、翌年の選抜甲子園大会の出場枠を1つ多く獲得できるメリットがあります。

昨年のこの大会に出場し、かつ25日時点で夏の甲子園の地方予選で勝ち残っているのは、聖光学院(福島)、中央学院(西千葉)、大阪桐蔭(北大阪)、日大三(西東京)、明徳義塾(高知)、創成館(長崎)の6校です。

その4 一度も決勝に行ったことがない県がある!?

夏の甲子園では、過去一度も代表校が決勝戦に進出したことがない県が、8県あります。
それは岩手、山形、山梨、富山、福井、鳥取、島根、長崎県です。やはり東北や日本海側が多い印象です。
なお富山県代表は準決勝にも進んだことがないそうです。

https://twitter.com/asahi_koshien/status/1022016051528310785

ジンクスから優勝校を予想してみると…

さて、前回記事では「過去5年の夏の甲子園優勝校は、いずれも春の選抜には出場していない」というジンクスをご紹介し、それに沿って優勝校予想を絞ってみました。

今回のジンクスを当てはめてみると、①東北・山陰勢以外、②去年の明治神宮大会出場校、③決勝進出経験のある県、の3条件を満たす高校は、「メタ分析風ポイント上位校」の中では、大阪桐蔭、日大三、明徳義塾の3校となります。

なお中央学院(西千葉)も明治神宮大会出場校ですので、もし代表になれば「可能性あり」。
また聖光学院や創成館が優勝すれば、「ジンクス瓦解」の歴史的快挙になるのは間違いないところです。

花咲徳栄(北埼玉)の優勝なら久しぶりの「夏連覇」となり、「過去5年ジンクス」は継続。
メタポイントで最有力候補の大阪桐蔭は春の選抜優勝校ですから、春夏連覇すれば「過去5年法則」には終止符が打たれます。
しかも大阪桐蔭は「春春夏」連覇という、史上かなり珍しい優勝校として歴史に名を残すことにもなりますが、果たして結果は…?

https://twitter.com/asahi_koshien/status/1021997979031543809

Sponsored Links




ジンクスにまつわるネットの反応

冷夏に甲子園出場するってうちの高校のジンクスが破られようとしている 今ベスト4です
唯一甲子園に私立が出たことない徳島やけど100回大会でジンクスが破られるか
常総は、主将が茨城出身じゃないと夏の甲子園に行けないジンクスが継続してしまった…
静高に勝った高校が甲子園に行く、というジンクスは今年はなかったみたいだね
浦学は甲子園で勝てないジンクスがあるから厄介
母校が甲子園まであと一勝ですがサッカー部が応援すると負けるジンクスがあるので観ません
東東京だけで132校はおかしすぎ 宮崎は49校しかないのに第8シードまであるからガバガバよ
何気に佐久長聖の2年おきに甲子園に出場するジンクスは続いているのだな
夏愛知の代表が愛工大名電になると平成以降甲子園初戦負けのジンクス イチローの呪い!
校長が観戦に来たら途端に点が取れなくなり敗北。校長が来るとどの部も負けるというジンクスあったなあ(笑)

出典:twitter

まとめ

「高校」「野球」「青春」「地元」「ふるさと」。
甲子園が愛されるのは、日本人にはたまらないエッセンスが全部詰まっているからなのでしょうか。
各地域・各学校ごとに大小さまざまなジンクスがあるようで、それを考えてみるのもまた、甲子園の楽しみ方の一つなのかもしれません。

そういや、うちの高校どうだったのかな?

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 白山高校監督東拓司の指導方法とは?「熱く自ら部員集め」「運転手務め年1…

  2. U18テレビ放送は地上波ない?韓国戦を見る方法はこれ!「輝星くんのピッ…

  3. 甲子園で優勝したことない都道府県!今年はどうか分析してみた!

  4. 西川僚祐の出身中学はどこ?バッティングフォームからして違う!

  5. 侍ジャパン壮行試合U-18のテレビ中継は?ルールの違いと見どころもシェ…

  6. 侍ジャパン壮行試合メンバー決定!高校代表のスタメン予想をしてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP