スポーツ全般

マクレガーvs那須川天心の体重差と海外の反応「プライドゼロ」「最も簡単な支払い小切手と気づいた」

その他
4/29 テテvsドネア(勝者が井上と決勝)
5/19 井上尚弥vsロドリゲス(事実上の決勝との声も)
5/26 伊藤雅雪vsへリング
5/26~ 全仏OPテニス 錦織/大坂 WOWOW登録はコチラ!



マクレガーが「俺も天心とすぐに戦いたい!」とツイッターで発言したことが波紋となっています。

違和感満載なのは明白です。体重差は凄いし、だいたい勝負に負けた相手と戦いたいとはなんとも変なことです。

具体的な体重差と海外の反応をまとめました。

金が欲しいという下心しか見えない。明白でマクレガーには失望したよ!!
Sponsored Links




マクレガーvs那須川天心の体重差

12月31日に行われたメイウェザーvs那須川天心の波紋はいまだにあります。
あれから一週間以上経ちましたがまだニュースになるほどです。

結果は1R2分19秒TKO。言えることは以下

・体重差が明白。計量時は4㎏だが、その後の戻しで10㎏以上あったであろうことは容易に想像できる
・体重差あるのに、ルールがボクシングルールでキックしたら罰金と、完全にメイウェザーよりのルール
・那須川天心にとって有利な条件など何一つなかった
・エキシビジョンとは言え、危険性が指摘されていた
・那須川天心は、メイと戦える機会は今しかないということで、どんな条件でも受け入れると挑戦した
・那須川天心側は負けを認め、良いコメントを残していた
・しかし、139秒で10億円を払ったと言われるRIZENにも批判は大きい

そんな中、天心の前にエキシビジョンではなく正式な試合でやったマクレガー(メイに10RTKO負け)が
天心と戦いたい発言。

「那須川の総合格闘技で、夏前に東京に行きたい!
これをマッチメイクしてください、すぐに!
王者を決めようぜ!」

この発言が波紋だ。せめてもう一度メイウェザーと挑戦したいというなら分かりますが。

那須川側が、圧倒的な不利な状況なのに大金を出して引き受けたことをいいことに
「俺も!」と言っているようでなりません。

ちなみに普段の体重は

マクレガー(アイルランド30歳):175㎝の70㎏ リーチ188cm
フェザー級、ライト級、ウェルター級

那須川天心(日本20歳)    :165cmの55㎏
バンタム級・フェザー級(RISE)
スーパーバンタム級・フェザー級(ムエタイ)
フライ級(MMA)

MMAでは、フェザー級とフライ級では2階級違いますし、普段の体重が15㎏違うというのは大きいです。

かっこよかったのにな…。
Sponsored Links




マクレガーに対する海外の反応

ツイッターの発言に対するリプの海外の反応をまとめました。

コメントが1750ついて、リツイートが8610されています(2019年1月8日時点)

イージーマネー目当て
なんでわざわざ東京にいくんだよ
一瞬で900万ドル
私もMMAしたいよ。一瞬で学生ローンが返済できる
THe champ champ? Hahahahhahaa
あなたもうチャンピオンじゃないでしょ?
やめとけ
0タイトル防衛、0プライド 。あんたは大きな子供だ
マクレガーはそれが最も簡単な支払い小切手と気づいてしまった
堀口恭司選手とやるべきでしょ

出典:twitter

まとめ

マクレガーの「The Chmp Chmp」をチャンピオン中のチャンプと訳すなら、
実際今マクレガーはタイトルを失っているわけでチャンピオンではありません。
元2階級制覇で素晴らしい実績ではありますが、2018年10月にヌルマゴメドフに負けたばかりで
プライドのない発言だという指摘はうなづけます。
ファンとしても残念でしょう。
肯定する発言はほとんどありませんでした(Let’s Goとかも皮肉のコメントと思われます)

那須川天心が金づる扱いされるのは非常に悲しいことです。
彼の実績を実際知っている人は本当に強いことを知っているはずです。

だからこそ正当に、体重差もちゃんと扱って、正当な実力を評価してほしいですが
10㎏以上差で、キックボクシングとは全然重心もちがう、何もかも違うボクシングの無謀なマッチメイクから
このような扱いをされるのは、日本のファンとしても
マクレガーの下心しか見えず、なによりマクレガーの価値を5階級くらい下げる発言であったと思います。

マクレガーはここまで落ちたか
Sponsored Links




関連記事

  1. 女子バレー日本代表の古賀紗理那の出身高校は?

  2. 大晦日に格闘技をなぜ毎年やるの?今年の対戦カード一覧

  3. 池江璃花子アジア大会のMVP宣言!獲得の可能性は何パーセント?「99%…

  4. 那須川天心vsシーサケットが実現する?予想をしてみた

  5. 八村塁の海外の反応「第2のレブロン!」「ザイオン越え」

  6. 子供の習い事でスポーツはいつからやるのがベスト?科学的な根拠と大谷翔平…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP