甲子園

甲子園2018の優勝予想!メタ分析で予想してみた!

第100回目という記念の全国高校野球選手権大会、「夏の甲子園2018」がいよいよ近づきました。
各地方大会でも続々決勝が行われ、代表校が決まりつつあります。
ちょっと気が早いものの、第100回大会の栄えある優勝校を大胆に(!)メタアナリシス的に予想してみました。

とにかく暑さには気をつけて!
Sponsored Links




甲子園2018優勝予想!

夏の甲子園2018は記念大会のため、特別に出場枠を増やすなど、過去最多の全国56の地方大会で予選を勝ち抜いた高校が出場します。
各予選も大詰めを迎えており、24日までで計20代表が決定。25日には一気に12代表が新たに決まる予定です。
熱心な高校野球ファンによるいくつかのサイトでは、早くも夏の甲子園2018の優勝校予想が行われています。

夏の甲子園は、春の選抜大会や各地域の春季大会などの成績が予想の参考とされるようです。
ただ難しいのは、学生野球は毎年戦力が入れ替わってしまうこと。
特に、チームの主力である2年生と3年生が入れ替わる4月~7月の時期は、高校生の場合、急激に実力が伸びることもあり、予想は難しさが伴います。

新チームなった各高校の戦力は一新されており、この時期を制した高校が予選を勝ち抜き夏の甲子園2018を制する可能性も十分。
実際に地方予選では番狂わせも起きています。石川県大会では、昨夏代表で、今春の選抜大会8強の日本航空石川が初戦敗退する波乱が。
ノーシードの公立校が善戦したり、実績ある強豪私立が苦戦しながら勝ち進んでいるケースも多くみられます。

このように予想は大変難しいのですが、あえて24日時点までに勝ち残っている高校の中から、各サイトの予想を「メタ分析」的に点数化して、無理やり夏の甲子園2018の優勝最有力校を予想してみました。

メタ分析で予想してみた結果もっとも有力なのはここ!

甲子園2018の各サイトの順位予想を、1位5点、2位4点、3位3点…という形でポイント化してみた結果、ずばりこのようになりました。

   1位  大阪桐蔭(北大阪)   11ポイント
   2位  東海大相模(北神奈川) 10ポイント
   3位  日大三(西東京)    6ポイント
       智弁和歌山(和歌山)
   5位  東邦(西愛知)     5ポイント
       天理(奈良)
       健大高崎(群馬)
   8位  横浜(南神奈川)    4ポイント
       明徳義塾(高知)    

その他、創成館(長崎)、聖光学院(福島)、常葉大菊川(静岡)、常総学院(茨城)、花咲徳栄(北埼玉)などがポイントを獲得しました。

1位と2位は、選抜大会を連覇し近畿大会も制した実力の大阪桐蔭、1年生怪物スラッガー西川選手を擁する強打の東海大相模と、順当な顔ぶれ。
今春の選抜大会に出場し春の関東大会で準優勝した日大三や、選抜大会準優勝の智弁和歌山も高いポイントとなりました。

ただし夏の甲子園にはいくつかジンクスがあるようで、例えば過去5大会をみると、優勝校はいずれも同年の春の選抜大会には出場していません。
やはり前述のようにチーム構成が一新するほか、チームや選手個々の弱点などが夏までに相手から研究されていることもあり、選抜出場校は逆に不利な面もあるのかもしれません。

また関東勢がなぜか夏の甲子園には強いようで、過去5年の優勝校のうち4校が関東勢です。さらに「○○記念大会」といった節目の大会では、2地域に分割して代表を選ぶ都道府県が強いという傾向もあるようです。

これらのジンクスに当てはめると、優勝の可能性が予想されるのは健大高崎、天理、横浜、花咲徳栄といった高校になりますが、果たして結果はどうでしょうか。
(何よりもまず、地方予選で優勝しなくてはなりませんしね…)

Sponsored Links




ネットの予想・反応まとめ

今年の甲子園の優勝予想は断然大阪桐蔭 ええ投手が3人もいると高校野球はやりやすい
優勝予想 健大高崎が勝つ!!!! 強力打線だからな
去年の夏の予想見直してたけど、浦和学院と広島新庄選んでるの弱すぎませんか?(結果は決勝が花咲徳栄vs広陵)
今回の甲子園優勝予想は、作新かな
僕は花咲徳栄な気がする
浦学と徳栄が甲子園って出来すぎてないか
甲子園の代表校予想がどんどん外れていくのは悔しい
北神奈川で勝ち上がるのが東海大相模以外だと予想してた人いたのかってレベル(まだ決まったわけじゃないが)
甲子園結構決まり始めてるな~ 今年はどこだろか……
接待で高確率で出る事が予想される話題 ①今年は異常気象 ②甲子園大変 ③オリンピック大変

出典:twitter

まとめ

高校野球、とりわけ夏の甲子園は、地方大会から常に「一度負けたら終わり」の緊迫感が独特です。
多い学校では地方大会含め10数試合、連戦連勝で優勝をつかむのですから、その体力、精神力はすごいものがあると感服します。
自身、甲子園出場も地方予選敗退も経験しているメジャーの大谷翔平選手が先日、高校球児にエールを送っていた言葉にはうなずかされました。
「甲子園が全部ではないし、行けなくてもプラスになることは多い。いい夏にしてもらえたら」

一生一度の高校時代、しかもサドンデスか!

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 大阪桐蔭の柿木蓮の最速と球種を分析!ドラフトも熱い!

  2. 西川僚祐の出身中学はどこ?バッティングフォームからして違う!

  3. 金足農業の吉田がマウスピースしてる理由!皆そうなの?

  4. 木更津総合野球部の校歌の歌い方が爽快すぎる!反応まとめ

  5. 吉田輝星は金足農業卒後は進学予定?プロに行く可能性は?

  6. 甲子園2018の150キロピッチャー!今年はこんなに多いの!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP