NPB

村上崇隆の成績や年俸は?ホームラン数を比較!「久しぶりの和製大砲」「ヤクルトの主砲に!」

その他
5/12 19:30 ラルクのクリスマス時のライブ
5/18 20:00 映画『未来のミライ』
5/19 4:30 井上尚弥vsロドリゲス(事実上の決勝との声も)
5/26 伊藤雅雪vsへリング
5/26~ 全仏OPテニス 錦織/大坂
6/1 17:00 LUN SEA生ライブ
WOWOW登録はコチラ!



高卒2年目のヤクルト村上崇隆がセ・リーグのホームランダービー3位となる9号ホームランを、阪神戦で放ちました。
成績や年俸と入団3年目までのホームラン数を歴代のホームラン王と比較し、これがどんなに凄いことかを見てみましょう。

Sponsored Links




村上崇隆の成績や年俸と歴代ホームラン王と比較

村上崇隆の成績や年俸をまとめ、歴代ホームラン王と入団3年間の記録を比較しました(ホームラン数)。

高卒2年目のヤクルト村上崇隆が阪神戦で9号ホームランを放ちました。セ・リーグのホームランダービーで鈴木誠、筒香に並ぶ3位となります。
まだ34試合目ですので、2桁ホームラン目前はもちろん今シーズン終了時で38本のペースです。

2年目で、10本を超えれば、現役の高卒新人としては、近年にない逸材ということになります。

村上宗隆は、2000年2月2日生まれ19歳で、九州学院高等学校出身、昨シーズンヤクルトに入団しました。恵まれた体格と日本人離れしたパワーを持つ長距離砲として期待されています。今年は、三塁手として開幕スタメンから出場しています。

村上は、2017年のドラフトでは、7球団が1位指名した清宮幸太郎の獲得を逃したヤクルト、巨人、楽天が外れ1位で競合した末にヤクルトが獲得した内野手です。

各球団がドラフトで1位指名した高卒内野手4名清宮幸太郎(日本ハム)、村上宗隆(ヤクルト)、中村奨成(広島)、安田尚憲(ロッテ)の契約金、年俸、2年間の成績を比較してみましょう。

所属 球団日本ハムヤクルト広島
ロッテ
選手清宮幸太郎村上 宗隆中村 奨成
安田 尚憲
出身早 実九州学院広 陵
履正社
契約金
1億8千万1億1億
年俸2018 年1500
720
8001240
年俸20191800800 8001300
本塁打2018711
出場回20181601253
打率 20180.200.0830.151
本塁打2019(~5/7)9
出場回2019(~5/7)115
打率2019(~5/7)0.243

(空白欄は1軍出場なし)
清宮幸太郎は昨シーズン7本の本塁打を打ちましたが、今シーズンは怪我の影響もあり、1軍でプレーができていません。

これまでのところ、村上、清宮以外で、ホームランを1軍で記録しているのは、安田尚憲(ロッテ)の昨年の1本のみです。

これらをみても、村上崇隆が最も安い契約金、年俸にも関わらず、これまでのところ、1番の働きをしていることが分かります。

では、2年目9本のホームランが、どんな凄いものか過去の高卒ホームランバッターのプロ3年目までの記録と比較してみましょう。

歴代高卒ホームランバッターのプロ3年目までの記録

これまで、高卒で3年目までに2桁ホームラン打者をまとめてみました。

2桁本塁打達成者1年目 2年目3年目
清原和博(西武)312931
張本勲(東映)
13
624
前田智徳(広島)
0
419
坂本勇人(巨人)
818
王貞治(巨人)
7
1713
田中幸雄(日本ハム)
1
916
城島健司(ソフトバンク)
415
堂林翔太(広島)
14
イチロー(オリックス)
0113
宇野勝(中日)
0
312
駒田徳広(巨人)
12
松井秀喜(巨人)
11
2022
掛布雅之(阪神)
  
31127
江藤智(広島) 511
立浪和義(中日)
4
211
岩村明憲(ヤクルト)011
筒香嘉智(横浜)1
810
(空白欄は1軍出場なし)
3年目までの記録では、清原和博は別格としても、王貞治、掛布雅之、松井秀喜などそうそうたる歴代のホームランバッターが並びます。
現役では、坂本勇人、筒香嘉智が入りますが、いずれも3年目に達成しており、筒香嘉智はやっと10本に過ぎません。5年目に、初めて33本と二けたのホームランを放ったT岡田のような遅咲きの例はありますが、多くは3年までに結果を出しているようです。

あの三冠王野村克也も、3年目でようやく7本、4年目で、打棒開眼して30本となっています。

目前の二桁ホームランを打てば、将来のホームラン王となる可能性がかなり高いのではと言えそうです。

かなりの確率だ!
Sponsored Links




村上崇隆へのネットの反応

村上は大物感ありますねぇ。
久しぶりの和製大砲の逸材ですよ。
プロに入ってからの内野手転向なので、守備のミスは仕方がない。一年目の我慢の育成が実っている。ヤクルトファンには、とにかく嬉しい存在!
高校時代は清宮君の陰に隠れてそこまで注目されなかったが、プロ2年目にして才能が開花してきたみたいですね。
日本代表の試合を観ていたが、明らかに風格が違う。いずれヤクルトの主砲になることは間違いない。すごい…体も長距離打者 あとは守備。山田とヤクルトを牽引して行って欲しい。
かなりの才能だ。体格見ても長打力はあるし、広角に打てるし、恐らく打率も残せるタイプだ。
ヤクルトファンとしては1打席1打席が本当に楽しみな存在。
守備はまだまだ勉強だけど、打撃では既に山田、青木に次ぐ信頼感すらある。
順調に育てば、2年後には不動の4番になる可能性もあるね。
ヤクルトは山田しかり村上しかり大物打者を育成出来ていてうらやましい。

出典:ヤフコメ

他球団のファンには、羨ましく思えるほどの大物打者の登場です。ヤクルトの育成法を褒めるコメントが数多くあります。

まとめ

村上崇隆の成績や年俸を、2017年ドラフト1位指名の4名の内野手と比較し、歴代のホームラン王と、入団3年までのホームラン数を比較して、村上崇隆の将来性を予測してみました。

このまま行けば、十分将来のヤクルトの主軸となるのは確実と思われます。但し、指名打者制度のないセ・リーグですので、あとは守備をしっかり磨いてほしいと思います。

焦らずじっくりね!
Sponsored Links




関連記事

  1. 甲斐キャノンはガンダムが由来なの?盗塁阻止率を比較してみた!

  2. 井川慶の始球式の時間は?何故ダメになったのか?

  3. ホークスのネット中継を無料で観る方法と今年のカギを握る選手

  4. 西武ライオンズのネット中継とスケジュール!無料で観れる?

  5. 巨人の人的補償プロテクトリストは?広島西武の指名選手はだれ?

  6. ドラフト会議予想!ソフトバンクはどう出るか?「世代交代急務」「手堅く即…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP