スポーツ全般

那須川天心の握力にネットがザワつく…実はあの最強選手も低い

キックボクシング最強の「神童」那須川天心選手vs総合格闘技王者・堀口恭司選手の〝頂上決戦〟の日が、いよいよやってきました。
両者とも準備万端、気力・気合いも十分に、ファンが注視する決戦のその時を迎えそうです。
さて最近、そんな両選手の「世紀の対決」とは全然関係ないところで、なぜか那須川天心選手がネットで話題になっています。
何と那須川選手は「握力がまさかの弱さ」だというのです。一体どういうことなのでしょうか。

自慢じゃないけど私、握力20kgしかないよ…
Sponsored Links




那須川天心の握力にネットがザワつく

「那須川天心選手、衝撃のヨワヨワ握力!」が明らかになったきっかけは、先日フジテレビ系列で放送されたスポーツバラエティ番組でした。

番組では、東京五輪の種目にも選ばれているスポーツクライミングに似た競技に、3人のアスリートが挑むという企画が。
壁に打ち付けられた石に手や足を掛けながら、一番上まで最も早く登れた人が勝ちというこの競技。参戦した一人が那須川天心選手です。

かなり握力が必要な印象もあるため、競技前に番組では3人の握力を測定。その結果が何と、那須川選手は「41.8kg」だったのです!
30歳成人男性の平均握力は48kgとされています。にもかかわらず、「日本最強の天才格闘家」がそれをはるかに下回るというまさかの結果。

頂上決戦直前でもあり、番組放送後、ネットでは「まじかよ!」「俺より全然弱い」「そんな握力で何であんなに強いの?」などザワつきが広がりました。

実はあの最強選手も低い握力

握力は、学校の体力測定などでも垂直跳び、背筋力などと並んで、だれでもごくお馴染みの計測項目です。
トップアスリートでは、当然ずば抜けた数値を出す怪力の選手もたくさんいます。

例えば大相撲の琴欧洲関は現役時代120kg、魁皇関は110kgを記録。ハンマー投げ五輪王者の室伏広治さんも120kgもあったそうです。
確かにまわしをつかんで数百kgの巨体を投げ飛ばす力士らが、相当強い握力なのはうなずけます。

ところが同じ世界的な最強選手でも、那須川天心選手のように「握力が弱い」人も実は少なくないようです。

五輪3連覇を成し遂げた最強柔道家の野村忠宏さんは40kg台前半との噂。ボクシングバンタム級王者の「怪物」井上尚弥選手も20歳のころの測定で47.8kgしかなかったそうです。
かつてプロ野球最速の160km台の剛速球で知られたクルーン元投手も46kgほどとも。サッカー元日本代表の闘莉王選手も成人男性以下だったといわれます。

握力は格闘技には必要ないのか?

確かに野球やサッカーなどの球技は、競技の特性上、握力が強ければ有利かというとそうでもなさそうですので、握力の数値はプレーにあまり関係ないのかもしれません。

しかし生身の人間同士で組み合ったり攻撃し合う格闘技では、素人目にはやはり強い握力が必要なイメージもあります。
特に渾身の力で体をつかみ合い、相手を投げたり抑え込む柔道やレスリング、総合格闘技などでは、さぞ選手たちの握力も鍛えられているのだろうと思えます。

しかし実際には「握力は平均並み」という選手も多い様子。ボクシングの場合は強いパンチを繰り出す腕や背筋力が、那須川天心選手のような立ち技の打撃系格闘技では、それに加えて脚力も求められるのでしょうが、こと「握力」という点では、それらの競技にはさほど重要ではないのかもしれません。

もっとも、きょう那須川vs堀口戦の前に登場するボブ・サップ選手は100kgの怪腕だそうですが…。

Sponsored Links




握力の小ささにネットの反応は?

俺握力なら那須川天心に勝ってるわ
中1の俺と大して変わらんやん笑笑
え?那須川天心握力41? 俺66あるからワンチャン格闘技で勝てるわw
嘘でしょ?! もっとあるだろ
握力が天心選手の倍あっても、素人がリングで闘ってもまず勝ち目は皆無
やっぱり握力そこまでは要らないですもんねー 柔道とか投げ技とかなら話は変わってきますけど
柔道やってたが40kg台前半。知り合いの強いやつも握力は全然なかった気がする。強いに越したことはないだろうが、組技格闘技の強さとの相関性はなさそう
何かスポーツ選手って意外と握力弱かったりするし何なんだろう
鍛えてるところが違いすぎるもんなー
雑誌で有名ブラジル人柔術家の握力を測定した企画あったが皆40~50kg台。試合でのグリップ力に握力はそこまで関連性は無いのかもしれない

出典:twitter

まとめ

プロのアスリートと聞くと、体力測定の全ての数値が超人的というイメージがありますが、実際は意外にも「一般の人並み」という場合も多いようです。
一口に握力と言ってもクラッシュ力(ものを握りつぶす力)、ピンチ力(物をつまむ力)、ホールド力(握ったものを保持する力)など、手の機能によって種類も違うそうです。
競技によって鍛える筋肉や必要な能力が異なるため、その凄さは単純に機械では測れないということでしょうか。

握力1㌧のゴリラに格闘技させると強そう!(ルール分からず即反則負けか…)

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 宮川紗江からパワハラ告発された体操協会とは?「膿がたくさん出てくる」「…

  2. キプチョゲの練習メニューが公開されている!ファートレック走とは?

  3. 那須川天心vs堀口恭司の予想まとめ!「ルール次第」「ミスが命取りに!」…

  4. 箱根駅伝2019予想メタランキング!青学に勝てるところはどこ?

  5. サマータイムのメリットとデメリットは?オリンピックに必要か議論が白熱!…

  6. BFAアジア選手権とは?U18の過去成績をまとめてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP