NPB

プロ野球選手のオフの過ごし方は?

白熱した日本シリーズの戦いが続くプロ野球。日本シリーズが終わると、3月から続いてきた長いシーズンもついに終幕です。選手らはオフに入りますが、プロ野球選手のシーズンオフの過ごし方とは一体どんなものなのでしょうか。トップ選手の事例をご紹介します。

家族と過ごす時間も大事だしね!
Sponsored Links




プロ野球のオフの過ごし方は?

プロ野球選手の一年はおおむね次のような流れが一般的です。

1月…自主トレ
2月…春季キャンプ
3月…オープン戦、シーズン開幕
6月…交流戦
7月…オールスター戦
10月…レギュラーシーズン終了、オフ入り(4位以下)、クライマックスシリーズ
11月…日本シリーズ、オフ入り(上位チーム)、秋季キャンプ
12月…ファン感謝イベント、契約更改等

侍ジャパンなどの強化試合や興行試合は、選手の体調を考えて3月のシーズン開幕前か11月の日本シリーズ後に行われるのが通例。今年も日米野球が今後予定されています。

レギュラークラスのプロ野球選手は年間150試合近くプレーするため、疲労が溜まりケガも多くなります。オフの過ごし方は選手によってさまざまですが、基本的には疲れやケガを回復させ、来季に向けて体を万全な形へ戻す大事な期間だといえます。

「ファンあってのプロ野球」でもあり、オフはファンサービスが目白押しなことも球界共通。ファン感謝祭や各種イベント、テレビ出演などで忙殺される人気選手も多くいます。球団との契約更改戦力外通告、戦力外・自由契約選手との入団交渉、入団テストなどもオフに実施されます。

オフに疲れを癒やすには野球を一時忘れ、心身をリフレッシュすることも大切。プロ野球選手にとって「完全な休暇」は短いものですが、各選手が趣味に没頭するなど思い思いのオフの過ごし方で〝命の洗濯〟をしているようです。

オフの趣味で多いのはゴルフ。巨人時代の中畑清氏は「緑の中で気持ちよく球を飛ばすのが楽しい」と週3回も楽しんでいたとか。ゴルフ後は飲み歩いたりカラオケ三昧など〝豪遊〟するのが定番で、いかにも「昭和のプロ野球選手」らしいですね。

ヤンキースの田中将大投手はやや変わった息抜き法。自他共に認める「ももいろクローバーZ」の大ファンで、オフにはももクロメンバーとコンサートやテレビで共演するなど「職権乱用気味」に交流を満喫しています。元中日の山本昌氏も多趣味で有名。特にラジコンは自らシャーシを開発したり世界的な競技会を開催するなど、ほとんどプロ級です。

具体例・柳田悠岐のオフの過ごし方

ではプロ野球選手のオフの過ごし方の具体例を、日本球界屈指のスラッガー、柳田悠岐選手(ソフトバンク)の2017~18年オフで見てみましょう。

ソフトバンクは昨季日本一になりましたので、柳田選手の17年オフは11月の日本シリーズ終了後になりました。人気選手だけにオフはテレビ出演やファン感謝祭などのイベントで引っ張りだこでした。(なお今年は侍ジャパンとして11月中旬まで日米野球に出場予定で、本人は「いつまで野球やるんやと思います」とテレビでぼやいていました)

11月下旬には熊本県での球団納会に出席し、新しく選手会長に就任。12月には球団との間で契約更改も行われました。

その後柳田選手は自主トレへ。例年オフの過ごし方では、しっかり負荷をかけ追い込んだウエイトトレーニングで体をつくるのがスタイル。本人によると、通常より多い体重99kg位まで筋肉を増やし、そこからキャンプにかけて徐々に絞っていくことで体のキレを出すのだそうです。そしてシーズン中は疲労が蓄積しないよう負荷を軽めにしたトレーニングで整えます。

年明けの18年1月には、松田選手らチームメイトとグアムで合同自主トレを実施。シーズンを戦い抜く土台づくりを目指し下半身を中心に鍛えるため、100m走や坂道ダッシュに加え、スクワットなど10種類の筋トレを毎日こなします。食事面でも、朝は卵の白身8個分などタンパク質を多く取って肉体改造をはかり、パワーアップに取り組みます。一方で時には趣味のゴルフを楽しむなど気分転換もしていました。

帰国後は国内でも自主トレを継続。1月下旬に本拠地福岡の神社で選手会長として必勝祈願をしたのち、2月にはチームの春季キャンプに合流。そして3月にはオープン戦や侍ジャパンの一員として豪州と強化試合を行い、オフシーズンを仕上げました。

View this post on Instagram

やっと日本に帰れる…

A post shared by 柳田悠岐 (@gita19881009) on

Sponsored Links




開幕はいつから?

以上、プロ野球選手のオフの過ごし方をご紹介しましたが、オフが終わると再び来シーズンの開幕です。

2019年プロ野球シーズンは、セ、パ両リーグで3月29日に同時開幕します。日本シリーズは10月19日からパの本拠地球場で始まります。また各チームが18試合を戦う交流戦は6月4~27日の日程。オールスターゲームは7月12日に東京ドーム、13日に甲子園球場でそれぞれ開催されます。

なおオープン戦の詳細日程は12月に発表されますが、例年通り2月下旬にスタートし3月のシーズン開幕直前まで、計100試合程度が行われる見込みです。

ネットの反応

岩隈久志の日常と非日常、オフは家族でコンビニとモルディブへ
メジャーリーガーの休暇はスケールとスピード感が違うな
プロ野球ファンになって気づいたけどシーズンオフって負けてる時より辛いね…
シーズンオフに「スーツ」って言葉に怯えるのはプロ野球ファンくらい
プロ野球選手にもシーズンオフに断食をする方がいる。シーズン中はたくさん食べて胃を酷使するから意図的に断食して休ませるそう
上原、中島がオフに自由契約か…
ドラフト会議があったからもうなんとなくシーズンオフの気分
プロ野球のシーズン後の秋季練習って何の意味があるんだろう。どうせすぐにオフなのに
休める時は休んで各々の良きタイミングで再始動するのがプロなのでは
昨日変なのみたー!プロ野球はオフなのに、広島とソフトバンクがもうオープン戦やってるー おかしーですよね!

出典:twitter

まとめ

プロ野球選手の体づくりは大体共通しているようで、シーズンが終わるといったん休養に入りますが、それもせいぜい2週間程度。それ以上休むと反対に体を戻すのに時間がかかるからです。その後、3~4カ月をかけてゆっくり体をつくり、シーズンに向けて上昇カーブを描くように仕上げていくのが理想だといいます。
最近はWBCなどの国際大会がオフの3月や11月にしばしば開かれますが、出場選手にとってはその年はオフの調整法を例年と変更せざるを得なくなります。シーズンで不調になる侍ジャパン選手が目立つのも、そうした「オフの多忙さ」が一因なのかもしれません。

日本シリーズの後は日米野球!まだまだ観戦はオフじゃないぞ

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 平尾奎太のドラフト予想!腎臓の病気とは?

  2. クライマックスステージ(CS)いらない!?ルール・アドバンテージに議論…

  3. 上原浩治2018成績低迷ついに登録抹消!メジャーとどこが違う?

  4. 巨人監督の後任予想まとめ!原監督以外もあり得る?

  5. 日本シリーズの予想オッズと放送予定「新幹線シリーズ!」「オッズほぼ互角…

  6. 菅野智之のメジャー評価まとめ!なぜまだ行かないのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP