甲子園

近江野球部の応援歌がかっこいい!一味違うのは何の曲?

▼ ▼  地球の裏側もリアタイでスポーツライブ観れる時代だぞーン! ▼ ▼ 

個人的に見逃せないのが...

6/12 18:00 吉田輝星がカープ戦で1軍初先発!
6/12 大谷翔平vs前田健太!
6/14~ コパ・アメリカ独占放送!
8月 バスケワールドカップ


▲ ▲ 6/25まで2か月無料キャンペーン!! ▲ ▲ 

いよいよベスト8をかけた戦いが始まった夏の甲子園。
甲子園といえば、アルプススタンドのチアリーダーや吹奏楽部による大盛り上がりの応援曲は欠かせません。
とりわけ最近は、各校が創意工夫を凝らし、独自の応援スタイルをつくったり斬新な応援歌を演奏したりと、応援合戦でも「熱い戦い」が繰り広げられているようです。
中でもファンの間で「かっこいい」と注目度が高いのが近江(滋賀)の応援歌。
どんな内容と選曲なのでしょうか。

近江、17日の第一試合で常葉大菊川と対戦ね!

近江野球部の応援歌がかっこいい!

アルプススタンドから聞こえる甲子園の応援曲といえば、近年ではピンクレディーの「サウスポー」や山本リンダの「狙いうち」などの懐メロや、「ルパン三世のテーマ」「宇宙戦艦ヤマト」などのアニメソングが定番です。
70年代の米ヒットディスコソング「アフリカン・シンフォニー」などもよく使われます。
当然今の高校生が生まれるはるか前の曲ばかりですが、テンポやノリの良さ、集団での歌いやすさなどで好まれているようです。

近江も以前はそうした定番曲を演奏していました。
応援曲は野球部のリクエストで決めることが多く、吹奏楽部は彼らが好きな曲を演奏していたといいます。
大抵の場合は、代々受け継がれている応援曲リストから選びます。

時折、他校が使っている曲を気に入って自校でも導入することもあり、どの高校も同じような選曲方法のため、結局同じような応援になっていくのだそうです。

しかし、今の甲子園で近江が奏でる応援歌はまったく異色で、生徒や一般ファンからも「かっこいい」と評判です。
野球部応援団から「応援を変えたい」と相談があり、やはり以前から「独自性を出したい」と考えていた吹奏楽部の顧問教諭が、自身が好きな洋楽を聴きあさり、しっくりくる曲を探し出したそうです。

近江応援歌は何の曲を採用しているの?

では近江の現在の応援曲、応援歌はどんなラインナップなのでしょうか。
吹奏楽部の顧問教諭は「ブラスの鳴りがいい」という編曲のマーチング曲にこだわって選曲。

例えば

『Bang Bang』(ジェシー・ジェイ/アリアナ・グランデ/ニッキー・ミナージュ)
『Happy』(ファレル・ウィリアムズ)
『Shake It Off』(テイラー・スウィフト)
『All I Do Is Win』(DJキャレド)
『Pretty Fly』(オフスプリング)

などです。

試合中はこれらを途切れなく繰り返すほか、ヒットが出るなどチャンスになると、チャンステーマの『Fireball』を演奏。
さらに得点機の大チャンスには『近江マーチ』こと『アルプス一万尺』を奏でます。
近江マーチは野球部が愛する伝統曲でもあり、教諭は心遣いから応援歌に残したそうです。

そして9回だけに演奏するのが『The Final Countdown』(ヨーロッパ)。ヒットや得点時のファンファーレには、吹奏楽曲『Rocky Point Holiday』の冒頭部分を演奏します。

中でもチャンステーマ『Fireball』は「かっこいい」と評判のナンバー。アメリカのラッパー、ピットブルの曲で、ラップ部分に「今日の主役はどこですか 近江高校 チャンスをつかむのはどこですか 近江高校」という掛け合いを当てはめた、斬新な応援歌です。

こうした変革には、当初は野球部の中でも反対の声があったものの、みんなで歌詞や掛け声を考えたり練習を重ねるうちにとても気に入るように。
試合でも、保護者や一般の観客も巻き込み一体感ある応援になっているそうです。

近江応援歌にネットの反応は?

今年の甲子園で近江高校が好きになった。 応援がいい! あれやりたい
近江のチャンステーマが「アルプス一万尺」なんだけど、これがまた迫力あんのよ
最近の応援歌 原曲9割近く知らない そもそもオリジナルと思ってしまい検索のしようがないから「近江 チャンステーマ」みたいな感じで調べるしかないw
FIRE BALL 個人的に1番好きな応援です!
選抜で対戦した星陵が近江の応援歌を取り入れたらしい
「ファイナルカウントダウン」、あれはかなり好きなので!
綺麗さで言えば桐蔭やけど 得点入るムードで言えば 近江のチャンステーマかなぁ… あれ迫力ある
近江高校の応援を聞きたいために録画して来た高校野球。1度聞いただけで記憶に残るって素敵だなー
特徴ある応援は好きやわ 近江のチャンステーマはピットブルやな シャレオツ
違うと分かってるけどスキャットマンに聞こえてしまう…

出典:twitter

まとめ

甲子園の常連校には各地の名門私立が目立ちますが、その多くが実は、吹奏楽の世界でも全国コンクールで上位に入る強豪でもあるのだそうです。
チアリーディングの部活が盛んな高校も多いようですし、高校野球応援のクオリティの高さがうなずけます。

私設応援団によるプロ野球の応援も大変盛り上がりますが、高校野球は演奏の質といい音色といい、オリジナリティにあふれ統率された応援といい、群を抜いています。それだけを見ていても十分感動できるほどです。

甲子園大会がある春・夏休み期間は各部活の大会シーズンでもあり、吹奏楽やチアの大会と重なると部の「二軍」が甲子園の応援に回ることもあるとか。
真剣勝負は野球部だけではない、ということでしょうか。

スタンドにも常に注目だね!

■関連記事

関連記事

  1. 大阪桐蔭の根尾昂の出身中学と実力まとめ!

  2. 甲子園バックスクリーン横の山九という広告は何の会社?

  3. 侍ジャパン壮行試合メンバー決定!高校代表のスタメン予想をしてみた

  4. 大阪桐蔭の部員数はなぜ少ない?他校と比較しても分かる人数と理由

  5. 前橋育英野球部の監督息子は現在何してる?あの全国制覇から5年!

  6. 横浜対花咲徳栄の予想をまとめてみた!「投手次第か」「関東潰し合い悲しす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP