MLB

大谷翔平の投手復帰が9/3に決定!時間とネット視聴方法

メジャーリーグ・エンゼルスで、右肘故障のため投手の登板を休んでいた大谷翔平選手が、ようやく日本時間の9月3日に先発復帰することが決まりました。
登板は6月の対ロイヤルズ戦以来、約3か月ぶり。既に打者では先行復帰して活躍中ですので、ついに久々の「二刀流」解禁となります。
見逃せない大谷翔平投手復活の舞台、テレビ放送やネットでの中継はあるのでしょうか。

またあの痛快ピッチングが見たい!

大谷翔平の投手復帰が9/3に決定!

大谷翔平投手は、右肘の内側側副靱帯の損傷で6月8日に故障者リスト(DL)入り。ネットやファンは一時騒然となりました。
ただ大谷選手は、自分の血小板を注入して組織の修復を図る「PRP注射」で回復に努め、「トミー・ジョン手術」は回避しました。

約1か月後の7月3日、大谷翔平選手は先に打者としてメジャー復帰。
並行して徐々にキャッチボールやブルペン投球を始め、その後は3度にわたり、マイナー打者相手の実戦形式での練習に登板してきました。
メジャー1年目の今季、投手としては4勝1敗、防御率3.10の成績。DL入り前の5試合では2点台の防御率と、安定した投球を見せています。

そしてエンゼルスのソーシア監督は、8月30日の試合前、大谷翔平投手が9月2日午後7時5分(日本時間同3日午前9時5分)、敵地ヒューストンで開始予定のアストロズ戦に先発登板すると発表しました。
ただ故障からの復帰直後でもあり、当初の投球数は60球前後に制限されるとみられます。

登板日時とネット視聴方法について

大谷投手が復帰する9月3日の試合では、アストロズは今季すでに12勝を挙げ、161kmの剛速球を投げるゲリット・コール投手の先発が濃厚。
大谷翔平投手と「メジャー屈指の豪腕対決」となり、ますます見逃せません。

「大谷二刀流復帰」は米メディアも大注目のようで、この試合、スポーツ専門局ESPNが全米中継するほか、MLB公式サイト、CBSテレビ、USAトゥデイなども大きく報じ、全米の期待の高さを表しています。

では日本でのテレビ放送やネット中継はあるのでしょうか。
この試合、テレビではNHK・BS1で午前9時から生中継されます。
ネットでは、今季エンゼルスの全試合を生配信しているスポーツ専門チャンネルDAZNが、この試合も中継します!

大谷翔平の復帰登板戦の生中継を観るならDAZN(ダゾーン)!初月無料!

スマホで生中継を観れるのが当たり前の時代になりました。
いつでも、どこでもwifi環境とスマホさえあれば見ることが出来ます!
しかも初月無料で、スーパースターのリアルタイムプレーが見ることが出来るというすごい時代ですね。

無料期間で退会しても問題ありません。有料継続した場合は1750円(税抜)ですが、こんな格安で、
スーパースターの活躍、表情、汗、声、スタジアムの声援をリアルタイムで感じることが出来るのは
お得以外の何ものでもありません。

DHだけだとテレビに映る機会が少ないけど投手として投げるときはほとんど映ってるから毎回見てる!

大谷選手だけでなく、女子テニス大坂なおみ、MLBマー君、海外サッカー(夏からはチャンピオンズリーグも加わり完璧に!)、Jリーグ、イニエスタ・トーレスいろいろ見れます。
1ヶ月無料がいつまで続くか分かりませんのでこの機会に是非登録することをお勧めします。

イニエスタ選手見れるのも最高!全然違うね!

さて大谷翔平投手は、3日の登板後も、肘などの具合が問題なければ故障前と同様に中6日で登板するとみられます。
エンゼルスの今季の試合は残り30試合ほど。
予定通りなら、レギュラーシーズンでの大谷投手の登板日程は次の試合が有力です。(時間はすべて日本時間)

9月10日(月)午前3時10分開始 ホワイトソックス戦
9月17日(月)午前5時05分開始 マリナーズ戦
9月24日(月)午前3時10分開始 アストロズ戦
10月1日(月)午前4時05分開始 アスレチックス戦

DAZNではこれらの試合もすべてネット生配信する予定です。

Sho clutch!

A post shared by Los Angeles Angels (@angels) on


大谷翔平復帰にネットの反応は?

大谷が投げる日は、打線に大谷がいないのが最大の弱点かな
よりよってアストロズ戦か・・制球コントロールが問題。どうか70球程度に抑えて欲しい
今年は打者専念で良かったと思う。だけど投手大谷も早く見てみたい。とりあえず肘が心配だな
よりによって、最強アストロズを選ばなくてもアンパイいってほしかった。復帰戦だけは…
エンゼルスは投手陣、野手陣ともに厳しい台所事情もあるからな
最初は1イニングだけで様子みた方がいいと思う
マイナーで実戦調整中、再び違和感出て今季絶望になったダルビッシュのようなケースもあるからね
マルドナドがいない今、大谷を生かすも殺すもキャッチャーとの相性もあると思う
落合さんが、野球がしたいから怪我しててもやるだろうが、できれば今シーズンは投げないほうがよいといっていた
DH解除して打席に立てば、2倍楽しめそう

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00315656-nksports-base

まとめ

大谷選手はリハビリ後、通常の投手のようなマイナー登板はせず、いわば「ぶっつけ本番」で実戦復帰します。
これはチームに「打者大谷」が必要で、マイナー行きで長期間打席に立てない状況を避けたためです。

大谷選手は投球練習再開と歩調を合わせるように打撃も上向いており、やはり「二刀流」がリズムに合っている様子。
投球再開を急ぐことに懸念の声もありますが、本人は「不安は全くないし、メジャーの実戦で得るものの方が多い」と来季につながる意義を強調しています。
今季成績低迷のエンゼルスとしても、再建を図る先発陣の一角としての期待は大きく、この一カ月は回復度合いを見極める大事な期間となりそうです。

くれぐれも無理はしないでほしい!

■関連記事

関連記事

  1. グレイバートーレスの成績!新人王候補は日米野球来る?

  2. 日米野球2018アメリカ代表メンバー一覧!知らない選手も多い?

  3. 大谷翔平の年俸が安い!新人王候補で比較してみた結果

  4. 大谷翔平新人王に海外の反応は?「スーパースターであり先駆者」「我々はベ…

  5. イチロー復帰2019は日本戦って?いつ?チケット発売に備えよう

  6. 大谷翔平をテレビ中継でリアル視聴する方法と料金は?ネットとどっちがいい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP