健康・保健

大阪が住みたくない街から住みやすいに変貌?現状はどうなのか?

従来ごみごみして、ガラが悪いからと住みたくない街の上位にあったはずの大阪が、世界の都市の評価で東京を抑えて、3位に入りました。
いつから住みやすい街に変貌したのでしょうか?現状はどうなのかを含め調べてゆきます。

大阪が住みたくない街から住みやすいに変貌の現状は?

大阪が住みたくない街から住みやすいに変貌の現状を見て行きましょう。

2005年の安藤忠雄氏の講演で、全国調査で大阪って住みたくない町ナバーワンで、理由は「汚い」と言われていたそうです。

従来から、食物がおいしく、人情が厚く、文化があって、バイタリティがあり、物価が安いなどの評判はあるのに、住みたい街の上位には入ってはいませんでした。

その理由は、東京など他の都市に較べて「環境が悪い(汚い、緑が少ない)」、「犯罪が多く危険(ガラが悪い)」などのイメージが、あったからと思われます。

確かに昔はそうだった!

統計的に数値での比較と、昨年関東から、大阪市に居住して、10数年ぶりに2か月間大阪に住んだ筆者の実体験をもとにして考えてみます。

安全性

具体的に犯罪率で見てみましょう。(以下都道府県・市町村ランキングサイト参照)
2009年の調査で、犯罪発生率のトップテン1,4,5位と大阪の3つの区が占め、東京は2,7位と2区にとどまり、府県別でも、大阪府が1位、東京都が7位にとどまっています。
2018年大阪府が1位、東京都が3位となっています(10MTVオピニオン参照)。

これを見ますと、世界で、一番安全と言われる日本の都市のなかでは、相対的に大阪は「犯罪が多い」というのもうなずけます。

交通事故率のランキングは、多い順に人口当たり2017年で、大阪府が12位で、東京都40位です。
香川県、佐賀県、宮崎県が上位1位~3位を占めています(都道府県データランキング)。

筆者の大阪体験でも、ほとんどの自転車の信号無視は目に余り、青で横断歩道を渡っていた時に、2車線の向こう側をトラックが疾走し、ヒヤリとしたことがありました。

この面では、東京に比べると、ルールを守らない、事故率は多いと言えるのではないでしょうか?

環境

次に環境面で見てみましょう。
都道府県のごみのリサイクル率ランキング2013年、東京11位で、大阪は下から2番目の46位となっています(都道府県データランキング)。

確かに、東京に比べると、環境が悪いと言えます。
ごみの分別が、関東ほど厳しくなく、大阪市がどのようなごみの処理を行っているか不明ですが、燃えるごみに1割程度なら、金属、ガラス、布を入れても構わないと、市から委託されている環境会社に問い合わせたところ言われました。蛍光灯も同様にといわれて、びっくりしました。

関東で、今まで、住んでいたところだと、そんなことをすれば、大問題になって、間違ってゴミ出した人が追及されかねません。

また、道を歩いていると、喫煙者が圧倒的に多く、たばこのポイ捨て、歩きたばこが随所に見られました。

喫茶店も喫煙OKのところがほとんどで、禁煙の店を探すのに、苦労するほどでした。
大手の鉄道の構内喫茶店でも同様で驚きました。

大阪の友人の予想では、日本で一番遅く禁煙、嫌煙になる都市だろうと言っていました。2025年万博の際にはきっとこの点が問われると思います。

医療・健康

東京に勝る点としては、「医療・健康環境の安全性」(予測される市民の平均寿命と人口に対する病院のベッド数などから)が挙げられています。
今回いくつかの病院を訪ねる機会がありましたが、病院数やベッド数が多い印象を受けました。
最近入院した知人の感想でも、医療機関は選べるし、医師や看護師の意識、技術高く、感心したと言っていました。
常に東京と比較されるので、新しい知識に対する意欲が感じられると。

交通

交通インフラは相対的に東京に勝っているようで、地下鉄など交通機関の利便性が高い。

大阪には南北に走っている大きな道路が4~5本以上ある。
大阪北部新大阪から南部天王寺最大ビル「ハルカス」へ自転車で1時間半もあれば、
道路も整備してあるし、人通りもほどほどなので自転車が使えます。

ただし、御堂筋は避けてください(通勤時間帯)。
狭いから自動車が幅寄せして来て危ない。
天神橋筋から松屋町筋を使えば途中、日本橋の電気街へはお寺が並んでいる下寺町を西へ向かえば大きめの駐輪場がある。
そこを拠点に活動すればよい。
南北を快適に自転車で走ろうと思えばもうひとつ東側の谷町筋。さらにもう一つ東の上町筋を使えば、NHKや大阪城を横目に見ながら、スイスイ走れる。

一方、従来から良い点として挙げられていた人情については、昔ほどの「人なつっこさ」は失われつつあるのではという気がしています。

関東出身の記者が1月に掲載した「世界で3番目に住みよい都市「大阪」、浪速っ子びっくり」へのネットの反応は?

住みよい都市「大阪」へのネットの反応

大阪ではコスパが重要。
高い価格で美味しい・物がいいのは当たり前。
美味しいもの・質のいいものをいかに安く手に入れるか、それを自分で見つけれるかが重要で、流行りだけで美味しくもないものに2時間も3時間も並びません。
多分他の地域の人が思ってる以上に大阪は住みやすいと思う。
東京には劣るにしても梅田難波を中心とした都市が形成され、程よく道路や鉄道が整備されており、神戸奈良京都へは30分もあればいける。
関西弁は1年もすれば慣れるし、自分は面白いでーのオーラなんて一切感じない。
治安が悪いのはほんの一部で、そこを避ければ東京と大して変わらない。
偏見持っている人も住めば都だと思う。
大阪住みやすいですよ。緑が少ないと思いますが。
通勤時間30分以内の場所に住んでも、それなのに大きなスーパーやドラッグストアーが複数あり、価格競争もあるので物価も高くない。
梅田へ行けば、まぁ物欲は満たされます。
良い病院も近くにありますし、進学校もそれなりにあります。
便利な生活がリーズナブルに送れると、東京へ引っ越して思います。
市内に住んでも東京ほど家賃も高くないし、物価も安い。一番都会の梅田でさえも駅ビルなんかはランチが500円でお釣りきたりする。どこに行くにも交通の便もいいし、何より災害も少ない。
気候的にも雪が降るわけでもなくちょうどいいと思うし住むには適しているので納得。
便利なのもだけど、2017年までは本当に「これが台風?」というくらい自然災害少なかった。それに奈良や京都のことも言われるけど、大阪にも寺や地蔵が多くて歴史を感じますよ。
あと、考え方が合理性重視。意味があるかどうかが判断基準。昔からそうしてる、は大阪では通じない。
田舎の因習が嫌で都会に行くのなら、大阪はおすすめです。ただし、自分にも合理性求められるのですけどね。
大阪の街の基盤は豊臣秀吉が城下町として碁盤の目の様に造成したところにある。コンパクトで移動がしやすく交通網も発展してて京都、神戸、奈良にも行きやすく便利。人口も適正で通勤ラッシュも東京と比べると全然快適である。あと物価も安いし食べ物も美味しい。気候も真夏は暑いが、これは今の日本なら何処でもそう変わらない。逆に冬は温暖で大阪市内で雪が積る事は稀。去年は台風の当たり年だったが、自然災害も少ない。人柄は大らかで明るい人が多い。比較的庶民的な街だが、近年はグランフロント大阪や日本一高い高層ビルのあべのハルカス、中之島周辺は落ち着いたお洒落な街も有り少し高級な街も増えてきている。歴史が古く古社仏閣も多く外国人のリピーターが多い事からも街の魅力はある。今後万博やIRリゾートが出来ると更に魅力的な街になるだろう。
大阪のいいところは、家賃が安い、電車がそこまで混んでない割りに路線が発達してる、狭いからアクセス便利、京都を含め歴史的建造物が多い。デパートや大学、競馬場とかその他の施設も東京とそこまで遜色ない。悪いところは、緑が少ない、ラーメンがあまりおいしくない。二郎は京都に出来たけど。おおさか東線となにわ筋線が開通するし、京阪と阪急も延伸するらしい。アクセスの良さについても将来が楽しみ。
東京、大阪両方に住んだことがある。大阪の方が家賃は安いし、食べ物は安くてうまい。あと東京は色んな人間がいるがあまり他人と気軽に口をきかず、常に他人を警戒している様に見える。一方商人文化を持つ大阪人は、気軽に初対面の人間と話したりする。この辺りは外国人に近いのだろう。

出典:ヤフコメ

関東出身の記者の記事に反発する点もあって、大阪愛があふれているコメントが多いようです。

ハルカス、グランフロント大阪と随分洗練されてきたわ!

まとめ

住みたくない街だった大阪が、住みやすい街に変貌したかという観点で、調べてみました。

実体験は特定の場所、特定の期間での個人的体験ですので、全体を反映していない危険は勿論ありますが、
大阪の各地で、永く住んでいる友人、知人の意見もそれほど大きな違いはありませんでした。

良い点を失わず、まずかった点を修正してゆくのは、なかなか大変ですが、今後大阪に求められて行くのではと思います。

関連記事

  1. プラスチックストローの廃止理由とは?代わりの材料ベストは?

  2. 地中海食の特徴とは?世界で最も健康な国6か国を産んだ思わず納得の理由!…

  3. アバンティーズのエイジとは?同行者は?「斜め上の発想をする天才的で不思…

  4. 運動不足による影響をまとめてみた!3つの危機!

  5. googleマップ詐欺とは?どんな手口か知って対策しよう

  6. 砂糖中毒とは?害や症状に震える…イライラの原因はこれ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP