テニス

大坂なおみがアメリカ人を選ばなかった理由

▼ ▼  地球の裏側もリアタイでスポーツライブ観れる時代だぞーン! ▼ ▼ 

個人的に見逃せないのが...

6/12 18:00 吉田輝星がカープ戦で1軍初先発!
6/12 大谷翔平vs前田健太!
6/14~ コパ・アメリカ独占放送!
8月 バスケワールドカップ


▲ ▲ 6/25まで2か月無料キャンペーン!! ▲ ▲ 

全米、全豪とグランドスラムを連続して制し、女子テニス世界ランキング1位となった大坂なおみの活躍で、日本中が沸き立っています。
アメリカ在住で、日本語を話すのもたどたどしい二重国籍の彼女が、テニス界で、なぜアメリカ人を選ばなかったのでしょうか?

大坂なおみがアメリカ人を選ばなかった理由

大坂なおみがアメリカ人を選ばなかった理由を見てゆきましょう。

大坂なおみは、1997年10月16日大阪で、ハイチ系アメリカ人の父フランソワさんと北海道根室市出身の母環さんの間に生まれました。
大阪市内に住んでいた頃は、練習場は近所の靭公園にあるテニスコートであったといいます。

2001年4歳のときに姉を含む一家でアメリカ合衆国へ移住しました。
ニューヨーク州ロングアイランドのエルモントに6年間住み、そのころ父親にテニスの手ほどきを受け、
ナショナル・テニス・センターなどで毎日6時間近く練習したのが、テニスの才能を発揮させるきっかけであったと言われます(Wikipedia参照)。

英語が流暢で、日本語は聞き取ることはできますが、インタビューなどで、大分形になってきたものの、話すのはまだ十分ではなく、容貌も母親より米国人の父親似です。

このような大坂なおみ選手がなぜ、テニスの世界でアメリカを選ばず、日本国籍を選んだのでしょうか?

大坂なおみは現在日米二重国籍で、日本は二重国籍を認めていません。
22歳に達する前までに「国籍選択届」を日本の市区町村役場や外国の日本大使館・領事館に提出することが定められています。
「期限までに選択をしない場合には,日本の国籍を失うことがありますので,注意してください」とあります。

すなわち、22歳の誕生日今年の10月16日までに、この選択宣言をする必要があり、しかも、規定では該外国国籍の離脱に努めなければなりません(国籍法16条第1項)とあります。

なお、大坂なおみは今年2月9日(土)に北九州市立総合体育館で開幕される『フェドカップ by BNPパリバ 2019』のスペイン戦に挑む代表(4名)のひとりに選出されており、
正式メンバーとして大会10日前に発表されれば、以下のオリンピック憲章により、米国代表で東京オリンピックを戦うことはできなくなることが正式に決まります。

オリンピック憲章:1度、1カ国を代表した選手は、3年が経過しないと他国の代表になれない。

では次に、テニス界で、なぜアメリカ人を選ばなかった理由を見てゆきましょう。

3つの理由とは?

大坂なおみが2016年高速サーブを武器に、全豪で予選を勝ち上がり本戦で3回戦に進むまでは、米国テニス協会のジュニア大会に出場していたものの、実績は少なく、地味な存在でした。

2008年からのヨネックスの援助

米フロリダ州在住の大坂の母から、『(娘を)さらに強くしたいので(ラケットなど用具の)サポートしてください』との丁寧な手紙がヨネックスの米山社長(当時)のもとに届きました。

同社もちょうど、バドミントンだけでなく、将来の業績向上のためテニスでも世界のトップになろうとジュニア育成重視に取り組もうとしていたタイミングだったと言います。

「とんでもなく素質があってすごい選手と判断したから、サポートすることになりました。」と、ヨネックスはラケットだけでなく、ウエア、シューズを提供するスポンサー契約を結びました。

2013年からの日本テニス協会のサポート

2013年9月の東レ・パンパシフィック大会で、日本テニス協会の女子代表コーチだった吉川真司氏(40)が、当時15歳の大坂なおみの才能に注目し、
協会幹部と相談のうえ、味の素NTCで練習できるように取りはからうなど、大会ごとに、コンタクトを取りながら地道な支援を続けてきました。

大坂なおみの日本に対する気持ち

これが一番大きな理由と思われます。
大坂なおみはインタビューなどで、「日本食を美味しいと思う時、自分は日本人だと感じる」、「心は日本人に近い。夢は東京五輪出場。男子は錦織選手、女子は私が引っ張っていけたらいい」
「母の母国である日本の日の丸を背負って、しかも自分の母国で開催されるオリンピックに出たい!」と答えています。

食事は毎日、和食で、好きな食べ物もウナギや寿司、音楽もJ-POPや日本のアニメが大好きだということですので、日本人以上に日本を愛しているのでしょう。
2016年のリオオリンピック前から、大坂は「日本代表として東京オリンピックでプレーしてメダルを取るのが夢」と話していました。

以前は、オリンピック出場のためには。有力な女子テニスプレヤーがひしめき合うアメリカより、日本のほうが有利という理由もありましたが、
全米、全豪を制した今では、アメリカ代表としてオリンピック出場も可能という状況に変わりましたので、これは理由になりません。

父フランソワさんも、無名の時から娘を支援し続けた日本の恩義を尊重したとおっしゃっているそうです。

いい話だな!

大坂なおみが日本を選択したことへのネットの反応

吉川さんの先見の明があった事と辛抱強い努力もだが、なおみちゃんの両親がその義理を重んじたからこそ、だなと感じた。
多分、途中からはアメリカの条件の方が上回っていたのでは?そうなればそちらに乗り換えるという話はよくある事。そうしなかったご両親に育てられたから、今なおみちゃんがみんなから愛されるような人になってる気がする。
お母さんの国の日本の人たちも、なおみちゃんが拠点を置くアメリカの人たちも、お父さんの国のハイチの人たちも、みんななおみちゃんを身近に感じて応援してる。何より世界中で愛される選手になったのだから、それでいいと思う。
日本語があまり話せないからとか、肌の色がどうだとかで日本人と認めないなどと言っている人こそ日本人を辞めてもらいたい。
お父さんも恩義を大事にされるかたなんだね。なおみの可愛らしい素直な性格や礼儀や謙虚さは家族からの愛情の賜物かな。
日本に登録してくれて有難うございます。
日本に外国人がたくさん住むようになって、今では外国にルーツを持つ日本人も普通になってきた中で、その身体能力の高さを活かせる点ではスポーツ界にはなくてはならない存在になってきています。でもここまで日本から離れた生活をしている選手は珍しいのに、日本を背負って戦ってくれることが驚きでもあるし、すごく有難くもあります。関係者の方の努力の成果がこうやって見を結んで日本に感動を与えてくれたことが素晴らしいと思います
彼女が国籍選択をする段階で米国籍を選んだとして、そのことを世論もマスコミも非難しないことを祈るばかりです。
もちろん、彼女が日本国籍を選んでくれたら嬉しいですが、普通に考えたら、米国籍を放棄する理由はないですよね。
アメリカには日本と比らべようにない位の数の才能を持ち、貪欲に上を狙う若い子供達がいるので、その中で光るのは相当大変で認められなかったのもわからない話ではないですね。その後になって大坂選手がとても努力して飛躍的に伸びた事もあるのではないでしょうか。
どちらにしても、個人的には嬉しいですが、日本と縁があったのでしょう。これからは益々いろんな人達の思惑に巻き込まれるでしょうが、純粋にテニスで頑張れるように周りが守ってあげて欲しいものです。
仮に将来、色々な事情で米国籍となっても応援したいです。
父フランソワさんこそが恩義を尊重する
日本的な心を持っておられたんですね
心が大切と感じる記事で良かったです
アメリカに住んでいて日本語が上手じゃないなおみちゃん。日本選手として出場してくれるのは嬉しいけど、たぶん、アメリカ選手として出場していても、応援してたと思う。
そのくらい彼女の人柄は素敵だし、パワフルなプレースタイルと、試合が終わった後のシャイなふるまいのギャップがとても可愛らしい。
これからは追われる立場。プレッシャーも大変でしょうが、せいいっぱい、自分のプレーをがんばってください。昨日の試合、2セット目後半はハラハラしたけど、3セット目の立て直しは見事でした。
ハーフということで、今まで色々と苦労もあったと思う。
無名の時最初に支援したヨネックスや吉川さんとか色々な助けもあったのが救い。
ハイチに行き子供たちにラケットを贈ったりしてる映像を見たが、日本と米国とハイチの三つの文化にルーツを持ち、(良い意味で、)したたかに自由に生きていけばいい。
大阪なおみ流の素直で自由な道を…彼女の未来は明るい。
日本に恩義を感じてっていうのは素直に嬉しい事ですが、本人にはあまりそこに気を使わないでほしいし、周りが必要以上に日本人らしさってのを求めるべきでは無いと思う。何か発言とかする度に、マスコミはすぐ、日本人らしい気配りを感じるとか、日本語で話そうと努力してる、みたいな論調になりがちですが、そう言えば言うほど本人には、もっと日本人らしくしなくちゃ、もっと日本語上手くならなきゃ、っていう負担にもなりかねないと思います。日本語が上手く無くても日本に恩義を感じてくれているだけで充分日本人ですよ。

出典:ヤフコメ

日本人的だからという応援の声も多いようですが、むしろ彼女の優れた個性が見る人の心を打って、ここまで、日本中を湧き立たせるのでしょう。
アメリカ選手であっても応援したよという声が印象的でした。

まとめ

大坂なおみがアメリカ人を選ばなかった理由を3つにまとめました。

おそらく、日本の国籍を10月までに選択したとしても、在住する米国国籍を放棄することはしないでしょうから、将来米国代表となる可能性が全く、ないとは言えません。

そんなことのないように、これからあるかもしれないスランプの時でも、ファンも一層、暖かく応援を続けたいと思います。

もちろんずっと応援するわ!

大坂なおみの活躍をきっかけとして、ともすれば、ハーフと言われて、差別を感じる人もいる日本の社会が、多様性を認める大きなうねりとなって変化すれば、素晴らしいことのように思えます。

関連記事

  1. 大坂なおみドバイオープン2019のテレビ放送とドロー表!サーシャコーチ…

  2. ムラデノビッチvs大坂なおみの対戦成績は?コーチがサーシャになってどう…

  3. BNPパリバオープン女子2019ネット中継と結果付きドロー!大坂なおみ…

  4. プリスコバ双子姉妹の見分け方!「どっちもかわいい!」「全身そっくり」「…

  5. テニスはお金がかかる?お金持ちしかできないスポーツか懐事情を調査してみ…

  6. 錦織圭の試合予定と放送予定一覧!2019年最新版と今年期待されるもの

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP