甲子園

大阪桐蔭の部員数はなぜ少ない?他校と比較しても分かる人数と理由

史上2度目の春夏連覇を狙う名門野球部の大阪桐蔭の決勝戦が始まりますが、野球部員数が案外少ないのです。その理由を調べてみました。

Sponsored Links




大阪桐蔭の少ない部員数の理由を他校と比較して考えた

2018年夏の甲子園出場校の野球部員数は、最多の花咲徳栄の163人から最小の智弁和歌山の34人に至るまで、大きな幅があります。
強豪といわれる仙台育英、花巻東、広陵、創成館、興南など20チームは100名を超えます。

この中で、大阪桐蔭の部員数63名は伝統校にしては、少ない部類に入ります。
各学年約20名でこの数となるそうです。

実は、大阪桐蔭高校は、大阪でも指折りの私立の進学校で、今年も京都大へ51名、大阪大へ36名など、難関校への入学実績を誇っています(大阪桐蔭高校HPより)。

野球部員が所属するのは、超難関校、難関校を目指すⅠ類、Ⅱ類とは別のⅢ類で、芸術、体育コースからなり、全て推薦で入学することになります。

つまり、野球部の場合、中学時代に全国各地の中学や少年野球チームで目立った成績をあげたものの中から推薦入試で選抜されたものだけが入学を許されるコースとなります。

Ⅲ類(体育・芸術コース)の募集は180名で、体育が野球・ラグビー・卓球部(男子のみ)、ゴルフ・サッカー・バスケットボール・陸上競技、
芸術がバレエ・吹奏楽部(男女)が募集されていますので、均等だとすれば、各学年20名となります。

すなわち、3学年合わせても野球部所属は60名にしかなりません。

さらに、Ⅲ類の他の体育コースや進学を目指すⅠ類、Ⅱ類から途中で、野球に転向するものがいるかを考えますと、ほとんどないのではと思えます。

何しろ野球コースに入学してきたのは、中学時代に少年野球で、全国的に目立った選手ばかりなのですから。
入学後野球に興味を示したとしても、もう遅いというものです。

なるほどそうだったんだ!

次に、大阪桐蔭高校野球部についてその特徴を調べました(Wikipedia参照)。

大阪桐蔭高校野球部の特徴は?

大阪桐蔭野球部の部訓は「一球同心」であり、チーム全員の心をひとつにして一球一球に想いを注ぎ込むことを胸に、日々練習に励んでいます。

毎日の生活は、専用の野球グラウンドで、週7日練習に打ち込み、全寮制で外出禁止という厳しさです。

これまで、甲子園は今回を含め、春9回、夏9回の出場を誇り、夏の8回のうち4回は全国優勝しているという有数の強豪校です。

鋭いスイングの打撃はもちろん、ミスの少ない守備そして毎年スカウトが注目するピッチャーとすべてで抜け出ています。

指導する西谷浩一監督の下からは、これまで、西岡剛、中村剛也、中田翔、平田良介、浅村栄斗、藤浪晋太郎らプロ野球界で大活躍している選手が羽ばたいています。

では、大阪桐蔭の部員数についてのネットの反応を見てみましょう。

Sponsored Links




大阪桐蔭に関するネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

大阪桐蔭の部員数は少なめでも実質的に層が厚いことを良く知っているようです。
2回目の春夏連覇への期待も大きいものがあります。

まとめ

大阪桐蔭の部員数の少ない理由を調べました。
部員数が少なくても全国からとびぬけた選手を集めて、厳しい環境下で、育っていますので、ひとりひとりが一騎当千の精鋭選手となっています。

さて決勝では、大阪桐蔭は部員数48人とさらに少ない金足農と対戦します。

こんな試合はめったに見られない!

少ない部員数は共通しますが、私立と公立、出身者が全国か県内からか、ピッチャーは継投か単独かなど、
大きな違いがある両校がどのような戦いぶりを見せるのか非常に楽しみです。

Sponsored Links




関連記事

  1. 近江野球部の応援歌がかっこいい!一味違うのは何の曲?

  2. 前橋育英野球部の監督息子は現在何してる?あの全国制覇から5年!

  3. ドラフト会議2018の中継放送を秋田でみる方法!金足の吉田の指名の瞬間…

  4. 甲子園2018でルーティンが面白い選手!なぜやるかの解説も

  5. 甲子園の準々決勝の抽選方法は?組み合わせにシード校が有利に働くか!?

  6. 甲子園の投球数最多記録は?制限をなぜ導入しないか?議論が再び

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP