ニュース

チェーン規制義務化で罰則は何?対策すべき4つのこと!

国土交通省は、タイヤチェーン規制を実施し、大雪時にチェーン装着を義務付ける国道と高速道路計13区間を発表しました。
違反した場合の罰則はどうなるのでしょう?対策すべきことについてもまとめました。

チェーン規制義務化での罰則と対策は?

過去に大規模な車の立ち往生が起きた区間で、気象庁が大雪特別警報や大雪に関する緊急発表を出した場合に規制を実施し、未装着車は通行禁止となります。

2018年2月に、福井県内で大雪のために1500台規模で立ち往生が発生したなど、
この数年、国内ではチェーンを付けていない車が雪道で動けなくなり、長時間通行止めになる事例が後を絶ちません。

今回の規制は「大雪時の道路交通の確保」が一番の目的となっています。

13区間は北陸や中国地方などの国道6区間と高速道路7区間で、チェーン規制を表す新たな道路標識を対象区間に設置します。
「国道で過去に立ち往生が発生している箇所」や「100mで5m登る勾配5%以上の坂」を考慮して選定されたようです。

罰則としては、スタッドレスタイヤの車であっても、チェーンを付けずにこの区間を走行した場合は、車両通行止め区間を走行したことになり、
道路法に基づき、6か月以下の懲役または30万円以下の罰金が科される可能性があります。

規制への対応大雪への4つの対応をまとめました

1. 当然の対策ですが、チェーンを準備し、装着のシミュレーションをしておく。
この時、スコップ、防寒具、軍手など必要とされる装備は積んでおく。
2. 大雪となるかどうかを天気予報等で、正確に把握しておく。
3. 大雪時チェーン規制の対象区間を迂回するコースを事前に調べておく。
4.大雪時には、代替交通機関があれば、できるだけ車を使わないようにする。

画期的なアイデアはありませんが、普通車であれば、1mを超える降雪時には、たとえチェーンをつけていても、
動けなくなることを考え、急ぎでない外出は避けるとか、車以外の手段を検討する必要があります。

自信ないので、出かけません!

スタッドレスタイヤとチェーンの性能比較

異例な降雪時の一部区間で、スタッドレスタイヤではなくタイヤチェーン装着を義務付けたのは、
「クルマが滑って動かなくなるケースはチェーンの方が少なく、より確実な対策になると判断した」と国交省は述べています。

スタッドレスタイヤは、寒くなっても、路面への密着に必要な柔軟さを失わず、常温では解けない特殊なゴムを用いており、
深い溝と細かい溝が切られた構造により、雪を咬む事でグリップ力を確保しています。

この構造、性能により、踏み固められた雪の上の性能(圧雪性能)では、チェーンと同等の性能を示すものの、
ふかふかの新雪では(新雪性能)、スタッドレスタイヤは空回りしてしまって後ろにも前にも進めない状態になることがあります。

これに対し、チェーンは新雪の上でも深く食い込みますので、スタッドレスタイヤと比べて空回りせず、走破性が高くなっています。

異常な降雪というのはこのような状態に対応すると思われます。

また、ガチガチに固まったアイスバーンでも、チェーンのほうがスタッドレスタイヤと比べて優れています。

チェーン規制義務化およびその報道についてのネットの反応

そもそも四輪駆動車、地上最低高21cm以上ある車がスタッドレスで走れない道は一般の乗用車がチェーンを装着していても走れる訳ではない。
その場合はもう道路は通行止めになるよね?
チェーン義務化は国交省も批判を受けて口を濁したり、反論が準備できると強気にでたり。
それに安物のチェーンでは切れる可能性もある。
雪のない道を走れば路面がスパイクタイヤより削れてしまう。
除雪されていないところで積雪100cmになったら、とてもじゃないけど雪の抵抗が大きすぎてチェーンを巻いていようがいまいが前になんか進めませんよ。1番軽い雪とおぼしき北海道のアスピリンスノーだって100cm積もったら無理です。ラッセルにチェーンは有効だって?ご冗談を。そもそも自動車は腹がつかえたら走れないんですよ、泥でも雪でも。いわゆる亀の子状態になったら。
チェーンはアイスバーンでの駆動力と制動力にこそ効果を発揮するものだと思ってましたけどね。氷に食い込ませることが有効だと。そして悪天候の中路肩でチェーンを巻くのは事故を誘発しますね。着脱場も狭いですし。
求められるのは除雪体制の見直しじゃないですか。どこを重点的にやるか、除雪車をどこに配置するか、といった部分です。とにかく除雪しないとチェーンがあろうがなかろうがどうにもならないんです。机上の空論ですよ。
そもそも、ノーマルタイヤで雪道を走ろうとする車の監視をすればいいのでは?
福井の立ち往生もそういった車が前方にいた為に、スタッドレスタイヤ装着の問題ない車も身動きが取れなくなったにすぎないのでは?
立ち往生した車すべてが、大雪でスタックしたわけではないでしょ?
低速でも車の流れがあれば、ある程度は車道は踏み固められて走れるはず。
長時間止まったことにより、車と車の隙間に雪がたまり、身動きがさらに取れなくなったの思われるのだが。
もっともらしい記事書いてるように見せかけてるけどやめてくんないかなー。
少し前にもチェーン義務化の記事あったけど。
北海道出身で今はそこまで雪の降らない街に住んでいます。
北海道時代には大型トラックで長距離も走ってました。
雪がそこまで降り積もらない地域の人間の、雪道に対する備えや、スタットレスやチェーンに対する理解の違い。
またカー用品店の在庫のなさとスタットレスの種類のなさ。
雪国の人間とは考えが根本から違うし、そこまで降らない地域の人のその考えにただ驚かされた。
そこまで降らない地域の人の中にはスタットレスやチェーンの装着で完全に滑らないと勘違いしてる人や、四駆ではなくFFやFRの車に駆動する前輪か後輪にしかスタットレスを装着しない人もいる。
チェーン義務化の前に、スタットレス未装着で雪国走ってる車の取り締まりの厳格化や、まだ他にやらなきゃならん事あるだろう。
チェーン規制はメリットよりもデメリットの方が際立ちます。
まず、大雪時にチェーンを装着出来るスペースが無くなります。
大雪時には、道路の除雪だけでも大変なのに、チェーンを履く為のスペースの除雪など出来る訳が有りません。
女性が一人で履かせる事も難しいでしょう。
チェーン装着渋滞が起こるのです。
そして、除雪してない所から除雪して有る道路に出た場合、道路を痛めてしまう上、チェーンが切れたりする事が有ります。
そのチェーンを後続車が巻き込んだり、跳ね上げて人や車にぶつかる事も有るのです。
そんなデメリットも考えない卓上論に従うつもりは毛頭有りません。
先ずは、一時的に通行止めする等の除雪体制の見直し。
話はそこからです。
実現にはハードルが高すぎ
1.チェーン脱着スペース渋滞に、それに突っ込む事故、巻くのが遅い人と待つ人のトラブル
2.老人や力のない人がチェーンを巻けない可能性
3.偏平スタッドレスに合うチェーンをすぐに調達できない可能性
自分自身が去年久々に四駆から二駆に変えたこともあり、スタッドレスでは不安な道で巻いてみたけど、振動がすごい
また、怪我で腕の力のない状態だときつかった
大前提として、雪国の方々はないと思いますが雪が年に数回あり実際の積雪がそれ以下の地域では主観ですがスタッドレスタイヤ装着すらしない人が多い。スタッドレスタイヤ装着は最低限の保険だと思います。ですが、トラックを筆頭にスタッドレスタイヤを年中装着していると実際の降雪時期にタイヤ交換しているのかなと思ったりもします。
そういう中で、特に積雪の多い地域で必要時のタイヤチェーン装着は当然といえば当然。大型車両が動かなくなればそれだけで車は通らない、動かない。
チェーンで少しでも防げるのであればそれは必要でしょう。
「従来なら通行止めになる区間をチェーン装着車であれば通行可能にし」
いや、ダメでしょ。従来なら通行止めになるところにチェーンつけたからいいですよって通したら絶対立ち往生する車いると思う。
だって従来なら通行止めになる区間ですよ。
そこは通行止めは区間はあくまでも通行止めとするべきと思う。
普通にしていれば良いだけの話。ノーマルタイヤで走らない。明らかに豪雪の予報が出たら走らない。例えスタッドレスでも過信せず、万が一の為にタイヤチェーンを携行しておく。燃料やスコップ、防寒具、毛布など携行出来ればなお宜し。自分の車の最低地上高を確認しておく事。自然をなめない事。都会のドライバーは特に注意して欲しい。

出典:ヤフコメ

なお、今回の国土交通省の発表は、「大雪時に一部地域でタイヤチェーン規制を実施する」との趣旨だったということだったのに、
ネット上では「(多くの道路で、冬)チェーンの装着を義務化する」などの誤解が広まったとメディアは批判しているが、
そもそもメディアの「タイヤチェーン装着義務化」の報道の仕方が問題ではとさらに紛糾しています。

メディアは、実際は異例な降雪などの緊急時に、従来なら通行止めとなる状況でも、
一部区間を「チェーン装着車なら通行可能にする」という発表だったと釈明しているが、どうもすっきりはしません。

まとめ

チェーン規制義務化で罰則はどうなるかと、この規制や大雪の対策としてすべきことを挙げました。

筆者もこの冬、降雪地帯を走る必要が出てきて、初めてスタッドレスタイヤを購入し取り付けました。
チェーンについては以前、雪が予想される場所に行く際には、積んでいましたが、まったく装着の経験がありません。

現実に規制道路で、装着必須となったときは大混乱でしょうね。

規制道路には冬は近寄らないことに!

暖冬予想のこの冬に、規制道路で、大雪となる日はあるのでしょうか?
その時、さまざまな問題が出て混乱するだろうことは火を見るより明らかな気がします。

関連記事

  1. スシローの休業がなぜ2月5,6日なのか?毎年春節はどうなる?開いている…

  2. 中国共産党マリオ動画を無断使用への海外の反応「任天堂を支持する」「こん…

  3. 走行税はいつから?なぜ導入か絶望的2つの理由

  4. 学習院とお茶の水の違いは?皇族はなぜこの二択なの?

  5. 渋沢栄一と韓国の関係に炎上気味!海外の反応は?

  6. 計画停電のメリットとデメリットは?意味はあるのかの声が多いが

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP