テニス

テニスはお金がかかる?お金持ちしかできないスポーツか懐事情を調査してみた

錦織圭選手大坂なおみ選手が国際舞台で活躍し、世界での日本選手の存在感が大きくなってきたテニス界。将来の「ケイ」「なおみ」を目指してテニスを始める子どもたちも増えているようですが、親にとっての心配は「テニスはとてもお金がかかるのでは?」という点。他のスポーツに比べて、テニスはお金がかかるというのは本当なのでしょうか。

陸上とかだとお金安そうだけど…意外とそうでもないのかな?
Sponsored Links




テニスはお金がかかる?お金持ちしかできない?

五輪開催やスポーツ界の強化策などもあって、ここ20~30年の間にさまざまな競技で日本人の世界での活躍が目立ってきました。一方、テニスは日本でも昔から人気がある老舗スポーツの一つですが、一昔前まで日本選手は世界の壁に阻まれてきました。

しかし錦織選手や大坂選手の登場で、4大大会などで世界のトップ選手と対等に戦えるまでに成長。テニスに関心を持つ子供も増え、日本テニス界も「第二の錦織・大坂を!」と裾野拡大に期待しているようです。

ただ気がかりは「テニスはお金がかかるのでは?」という点。もともと〝セレブ〟なイメージがある上、トップ選手らは幼い頃から英才教育を受けているため、テニスを始めると多大な費用がかかる印象もあります。

実際にはどうなのでしょうか。小学生からテニスを始め中学・高校と全国レベルの強豪校に進んだ選手の体験によれば、ラケット、シューズなどの用具費(維持費込み)で数万円。県外への試合出場の交通費、宿泊費なども含めると年合計20万円弱に上ることもあるそうです。

世界的なトップ選手でみると、確かにスポーツ界でも「お金がかかる」競技の上位に入ります。最近のあるテレビの企画で「お金がかかる」プロスポーツランキングを特集。1位はゴルフで、古閑美保プロによると年間出費は1億円超。海外などへの遠征費が3000万円、トレーナーなどの人件費が4200万円にもなるそうです。

そして2位がテニス。沢松元選手によると出費は年9300万円に上り、内訳は遠征費6000万円、ガット代など用具費だけで1800万円とか。ゴルフやテニスはほとんど一年中チームぐるみで遠征するので特に費用がかさむようです。

フィギュアスケートも出費が多いことで知られ、村主章枝さんによればトップ選手は年2000万円超。開催中のGPロシア杯に出場中の白岩優奈選手も活動費不足に悩み、クラウドファンディングを募ったところ1日で目標額を超えたそうで「本当にありがたい」と感謝していました。

https://twitter.com/yonex_jp/status/1040535698883788801

錦織圭選手は例外だった?

錦織圭選手のようなトップ選手を育てるには「結構お金がかかる」とみられるテニス。ただ、錦織選手の場合は本人の傑出した才能に加え〝支援者〟の力も大きかったようです。

小学校時代に地元島根県のテニススクールに入った錦織選手は全国大会優勝などで頭角を現し、松岡修造さんにコーチングされます。そこでさらに才能を伸ばし、中学に入ると「盛田正明テニス・ファンド」の特待生に選ばれ渡米。アガシ、シャラポア選手らも育った名門プロ養成アカデミーに留学して、トッププロへと羽ばたきました。

盛田ファンドの目的は世界で通用する日本人選手の育成。厳しい選考基準をクリアした一握りの子供だけを特待生に選び、海外アカデミーへの渡航費や滞在費、学費などを全額支援します。

ただしファンド特待生は非常に狭き門な上、留学後も課題をクリアできないと支援が打ち切りになる厳しさ。見事「卒業」した錦織選手は例外中の例外といえそうです。

Sponsored Links




テニスの懐事情に関するネットの反応

なんだかんだ言ってテニスってお金かかるよね。試しに推しのラケットとシューズのお値段を調べてみるといいよ
テニスは殆ど見ないから分からないですが、何かお金の話しばかりしてる…
父親に言われたのは、プロテニス選手になるなら必ずトップ100に入れということだった。多少はお金を稼がないといけないから
1年ぐらいやってたけど想像通り、お金がかかるんだわ。楽しかったけど!
テニス選手がそこそこ裕福なコ多いのは、幼い頃からテニススクールに通えるようなコって思えば割と納得いくんだよな
俺もテニススクールに通っていた時は凄く楽しかった。問題はお金というより、時間と体力かな…
なんで私って最近常にお金ないんだろう(大体テニスのせい)
テニスのショップに行かなきゃいけない日がきてしまった…お金どれだけ用意すればいい?
バスケかテニスか卓球やりたい。お金かからないとこと無料で貸してくれるとこないかなw
合唱に始まり水泳、テニス、チアダンス、演劇、ディベート部にも所属してたなー。小中学生の頃が1番色々な経験をさせて貰ったと思うけど、それを今やろうとしてもいくらお金あっても足りない…

出典:twitter

まとめ

「テニスはお金がかかる」という〝都市伝説〟は正解でもあり不正解でもあるようです。世界のトップレベルを目指せる実力の子供であれば、テニスに限らず、その道のりでは相応のお金がかかるのがどのスポーツでも常識。逆に「日頃の趣味」や、普通の中学・高校の部活程度なら、気軽に始めることもできそうです。「我が子に何をさせようか」とお悩みのご父母には、まずはお子さんが興味を持つ競技を、最初は遊び程度から始める形がお勧めなのかもしれません。

僕も小学4年で水泳教室やめた。続けとけば…(関係ないか)

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. ATPツアーファイナル2018のテレビ放送は?錦織の出場が濃厚!

  2. 大坂なおみの海外の反応まとめ最新!なぜ日本の国籍選択をした?

  3. プリスコバ双子姉妹の見分け方!「どっちもかわいい!」「全身そっくり」「…

  4. 楽天オープンの放送予定!テレビは?「錦織圭vs杉田祐一の初対決!」

  5. 大坂なおみの女性コーチは誰?アスレチックトレーナーとは?

  6. ウォズニアッキ対大坂なおみの対戦成績とかわいいがゆえの宿命とはR…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP