経済・広告

値上げラッシュ2019!なぜ飲料・食料品に集中?

▼ ▼  地球の裏側もリアタイでスポーツライブ観れる時代だぞーン! ▼ ▼ 

個人的に見逃せないのが...

6/12 18:00 吉田輝星がカープ戦で1軍初先発!
6/12 大谷翔平vs前田健太!
6/14~ コパ・アメリカ独占放送!
8月 バスケワールドカップ


▲ ▲ 6/25まで2か月無料キャンペーン!! ▲ ▲ 

昨年末から2019年の値上げラッシュの報道が相次いでいます。
それもなじみの深い飲料・食料品が多数を占めています。なぜなのでしょう。

値上げラッシュ2019のリストは?

具体的に見てゆきましょう。

乳製品

値上げ理由は、生乳取引価格の引き上げ、包装資材、人件費、物流費の値上がり。
明治は2015年4月以来4年ぶりの値上げ。

清涼飲料

値上げ理由は、原材料価格の高騰や物流コストの上昇。サントリー食品は21年ぶり、コカコーラは27年ぶり(消費増税分反映は除く)、伊藤園は初めて。

カップ麺

原材料価格や労務費、物流費の値上がり、日清食品は約4年半ぶり、味の素は11年ぶり。

その他食品として、味の素やハーゲンダッツもあります。

もちろん飲料・食品外にも、QBハウスの理髪料(2月から)、スカイツリーの当日券(4月から)や英検検定料(2019年度より)がありますが、
圧倒的に飲料・食料品が多いこと、しかも、4年半ぶりとか、21年ぶり、27年ぶりというものもあります(消費増税反映時を除く)。

確かにおなじみの食品ばかりだ!

値上げが飲料・食料品に集中している理由は?

これらに共通するのは何でしょう。

酒類を除く飲食料品という点と、8%から10%への消費増税が行われる2019年10月1日の直前ではない、数か月前に設定されているという点です。

そうです、これらの飲食料品は軽減税率の対象に含まれており、10月の増税後でも8%のままなのです。

もし10月の増税前後や、増税後数か月して値上げすれば、なんと言われるでしょう。
「軽減税率の対象になっているのにも関わらず消費税増税直前に値上げするとはなんということだ」とバッシングを受けることになりかねません。
政府からもお叱りを受けるかもしれません。

つまり、今の時期に値上げしないと、今後原材料や物流、人件費の高騰で、赤字になった時に値上げする時期を失うと考えたのだと推測されます。

事実、同じく軽減税率対象となっている新聞については、読売新聞が先頭を切って、25年ぶり(消費増税時以外)に、今年1月10%の値上げに踏み切りました。

人手不足を理由としています。部数や広告の減少も響いていると思われます。
2019年11月に値上げした日経新聞を除けば、朝日、毎日新聞も同じ事情だと思われますので、追随必死と考えられます。

これも、軽減税率が値上げにつながった例となりそうです。

乳製品やカップ麺の値上げ報道へのネットの反応を見てみましょう。

値上げラッシュ2019へのネットの反応

人件費も、輸送費も上がってるんだから仕方ないとは思うんだけど、少しずつ色々と値上がりしている支出を全部合わせたら、昇給した額より上をいってしまう。
これじゃ、消費拡大なんてむりですわ。
そうそう、人件費とかで原価高くなりゃ値上げれば良いんだよ
それが健全な成長なんだから
間違っても減らすなよ
次から次にあれもこれも値上げだ、そして10月は待ちに待った増税だ!。
「コレを機に節約なんて止めて、世の中の金を回す為に沢山買うぞ!!」なんて思う奴はまずいない・・・。
右にならえで、各メーカー値上がりするんだよなあ。
どうして横並びで値上げするのかなぁ?公正取引委員会の出番ではないか。
何処が上がれば一斉やからな、各社準備してますね、10円が大きいからね、牛さんに美味しい餌を与えてね!
理由の一つに物流の値上げとありますが、
個人的に物流というのは体で言えば血管ですから、
ここが流れにくくなると体全体が停滞する、と云う事があります。
確かに一時期の物流業界の人手不足の混乱は目に余るものがありましたが、値段を上げる事で供給を抑制したのは悪手だと思います。
物流の値段を下げる事が可能になれば、様々な分野が再び活性化するように思います。
通販分野が伸びれば地方も活性化するでしょうし。
今回の様な値段の高騰もあらゆる分野において幾らかは抑えられるはずです。
どん兵衛きつねうどん、カップヌードル
チキンラーメン、日清焼きそば
確かに競合他社より味はかなり上を行っていると思う。
今もそうだが、少し位の差なら高くても日清という固定ファンは多いと思います。
でも庶民からすればカップヌードルが200円というのは勘弁して欲しい。
健康の為にはご飯を炊いて野菜多めの自炊が1番だが、偶にはカップヌードル食べたくなり買ってしまいます。
政治家のせいだけでなく、高度経済成長後の日本にあふれてる物、サービスの市場価格と適正価格にズレたまんま突っ走ってしまった結果なんだと思う
サービス残業や休日出勤で作った商品を定時で作った商品の値段で売り続けた結果、
現代ではブラックだーとワイワイ騒がれてて、
人が集まらなくなって人件費高騰している
賃金上がってねーよって思うかもしれないけど
物流関係はかなり人材難と聞いてる
日本人の働き方も根本的に見直さない限り、
解決しない問題
食品が値上がりすると、軽減税率で食品の税率が低く設定されても、今より生活が厳しくなることが確定ですね。
絶対何かを節約しなきゃいけないと思うので、今から頭を悩ませています。
景気がよくなる気が全くしません。

出典:ヤフコメ

人手不足や、物流などの厳しい労働環境が広く知られるようになり、単純に値上げ反対という意見ばかりではありません。

しかし、これでは何のため食品などへの軽減税率なのか分かりませんね。

とても困るわ!

まとめ

2019年食料品などの値上げラッシュについてまとめ、この時期になぜなのかについて、まとめてみました。

増税で、ポイント還元など様々な、消費を落ち込ませない施策が打たれようとしていますが、食料品の軽減税率とっても、このような現状です。

果たして政府が意図したように、スムーズに消費増税が行われるのでしょうか?
心配なところです。

関連記事

  1. アフリカ豚コレラが中国で大流行の4つの理由とは?「日本でも初確認!影響…

  2. 自動ブレーキはいらない!という声が大きくなっている決定的理由とは?

  3. 泉佐野市のふるさと納税でお得なものベスト3!でも注意が必要なのはここ!…

  4. EU離脱が合意なしで行われた場合の為替などの影響は?「何をやってるんで…

  5. 軽減税率がわかりにくい!やめろ!の声も…分かりやすく解説し…

  6. ジレットのCMが不快と炎上!激怒した俳優達と内容をシェア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP