甲子園

甲子園出場校2018の公立高校一覧!なぜ強い?

第100回目の夏の甲子園大会が8月5日に開幕、あす2日には組み合わせ抽選が行われます。
全56の出場校が初戦どういう顔合わせになるのか注目されますが、気になるのは出場校のうちの「公立校」。
今回の出場校で公立高校は何校あるのでしょうか。その強さとは?

学校って、公私それぞれ良さはあるものだけど…
Sponsored Links




甲子園出場校2018の公立高校一覧

2018甲子園の56出場校のうち公立高校はわずか8校しかありません。
金足農(秋田)、高岡商(富山)、白山(三重)、明石商(西兵庫)、丸亀城西(香川)、鳴門(徳島)、高知商(高知)、佐賀商(佐賀)です。

今回の甲子園は100回記念として出場枠が例年より7校増えましたが、公立校の出場は昨夏の8校と同じでした。
練習施設や環境、指導者なども充実している私立高校のほうが有力な選手も集まりやすく、甲子園ではどうしても公立高校より優勢になってしまうようです。

夏の甲子園で公立高校が優勝したのは2007年の佐賀北が最後。公立校は練習時間や設備に制約があるほか、指導する教員も人事異動などで数年おきに交代するため、チーム作りも難しい面があります。

しかしそうしたハンディの中でも、意地を発揮した公立高校8校。並み居る強豪私立に勝ったその強さとは?

注目の3校!なぜ強い?

晴れの甲子園出場校となった公立高校8校に共通するのは、現代の高校野球の時流である“パワー野球”にしっかり対応できたことや、投手力が整っている点です。

また「あの先生に習いたい」と選手が思う魅力的な指導者がいること、「普通の子でも有名私学を倒せる」といった野球の醍醐味を選手たちが肌身に感じられることも、要因の一つでしょう。

そんな8校の中でも、特に今大会で注目される公立高校3校をご紹介しましょう。

リアル「ルーキーズ」白山

白山(三重)は創部50年以上を経て、ついに初の甲子園出場にたどりつきました。
数年前まで毎年、地方予選は初戦敗退。部員も5人しかいないなど典型的な「公立弱小校」で、存亡の危機に瀕した時期さえありました。

しかし上原浩治投手と同じ大学でプレーし、5年前に就任した東監督の情熱ある指導でみるみる成長。
広い練習場を生かしたパワフルな攻撃力も身につけ、ノーシードながら私立強豪校を次々撃破し、「まるでドラマのルーキーズそのもの」と、本大会でも大きな注目を集めています。

復活期す創部100年の超古豪・高知商

高知商(高知)創部100年目で100回目の甲子園という節目の大会になります。
夏は23回目の出場という昔からの常連校。かつて王貞治投手の早実と熱戦したり、1997年夏の甲子園では後にメジャーなどで活躍した藤川球児投手の豪腕が席巻するなど、華々しい歴史がありますが、近年は強豪私立の明徳義塾に押されていました。

数年前に就任した上田監督は「打力重視」を掲げ、筋力アップによる体作りと打撃練習に注力。
強力打線を築き上げ、高知大会では明徳義塾のエースに14安打を浴びせ、10得点と完璧に打ち崩しました。

4度目挑戦で悲願遂げた明石商

明石商(西兵庫)は、激戦区の兵庫で強豪私立の向こうを張る実力校です。
昨秋と今春の県大会を制したほか、春季近畿大会でも大阪桐蔭と接戦を繰り広げました。

一番の特色は投手層の厚さ。長身から140km/h台の速球を投げ込む福谷、勝本選手、制球力に秀でた加田選手、多彩な変化球を持つ溝尾選手ら「プロ並み」の陣容をそろえます。
攻撃では狭間監督が掲げる「確率野球」の下、徹底したスモールベースボールで確実に点を取ります。

選抜は2016年に初出場したものの、夏は3年連続で決勝敗退とあと一歩届かず。
そして今年、4度目の挑戦で見事初出場の悲願達成となりました。

Sponsored Links




公立校出場へのネットの反応

昔は進学校で全国大会常連、しかも優勝というのをきちんと実現していたわけで、今でもやろうと思えば絶対にできるはずだと思う
実に興味深い。「高校野球でMLB式の球数制限を導入?神奈川の公立高」
私学と公立を別々の大会にするのはどう?
8校で公立普通科単科高は鳴門だけ 白山や丸亀城西にも普通科はあるが商業系学科と併設
甲子園で全国の公立高校だけを応援する人達の存在が興味深い
数少ない公立校の甲子園出場おめでとう 環境 豊富な戦力の私立の高校に負けないでね
今年Y校が結構健闘したが、公立高校は練習時間も限られてて寮もないから、限界はあるよな。基本練習量だもんな
夏の甲子園といえば大抵は私立高ですが、実は富山県の強豪校は公立高校が多く公立王国なんて呼ばれてます
そもそも佐賀県とか私学自体が他県に比べ少ない。圧倒的に公立の甲子園確率が高い
西宮市の公立小中学校に通えば「甲子園の土」を踏むことができるんですよ。僕も甲子園の土を踏みました

出典:twitter

まとめ

公立高校もかつては箕島、池田など甲子園を沸かせた強豪がたくさんありました。松山商が優勝した96年には甲子園4強がすべて公立でした。
しかし近年は圧倒的に私立が優位。春夏計4度の甲子園制覇を誇る県岐阜商でさえ、昨夏の岐阜大会は3回戦コールド負けでした。
大阪桐蔭のエースでドラフト候補の根尾選手も、岐阜県出身ながら県外の私立へ。
幼い頃からリトルリーグやシニアで英才教育を受ける全国の有望選手は、キャリアアップのためにも、地元の公立校を選ぶこと自体が難しいのかもしれません。
今回出場の8校が公立復権への試金石になるのか。本大会での活躍が注目されます。

がんばれ公立の星!

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 甲子園の抽選結果の偏りのブロックは!見どころの試合はこれ!

  2. 西川僚祐の出身中学はどこ?バッティングフォームからして違う!

  3. 甲子園のジンクスまとめ!4つの要素から優勝校を絞ると…

  4. 甲子園でコールドの条件はないの?ワンサイドゲームは見てつらいの声

  5. 大阪桐蔭の部員数はなぜ少ない?他校と比較しても分かる人数と理由

  6. U18テレビ放送は地上波ない?韓国戦を見る方法はこれ!「輝星くんのピッ…

コメント

    • 藤原晴雄
    • 2018年 8月 08日

    同県の野球選手が居ないのに何県出場って何?意味無いのでは!私学助成金を貰って全国から野球バカを集めて出てもダメでは!私立高校は出場資格を外しましょう!

      • sportsmania2018
      • 2018年 8月 08日

      コメントありがとうございます。

      最近問題視されるようになってきましたね。

    • gain
    • 2018年 9月 04日

    何県代表かわからないようなチームばかりでは甲子園大会の意味はなくなっていくと思う。
    今年は金足農業の頑張りと100回記念で盛り上がったが、この現状が続くならやがて人気を失っていくでしょう。
    大人達のエゴの戦いでしかなくなってしまっている。
    逸脱も甚だしい。

      • sportsmania2018
      • 2018年 9月 04日

      コメントありがとうございます!

      問題視している人は多いですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP