サッカー

レアルマドリードが弱くなったと言われる理由!x年前のあの時からか

▼ ▼  地球の裏側もリアタイでスポーツライブ観れる時代だぞーン! ▼ ▼ 

個人的に見逃せないのが...

6/12 18:00 吉田輝星がカープ戦で1軍初先発!
6/12 大谷翔平vs前田健太!
6/14~ コパ・アメリカ独占放送!
8月 バスケワールドカップ


▲ ▲ 6/25まで2か月無料キャンペーン!! ▲ ▲ 

サッカーのクラブワールドカップ準決勝で、アジア王者の鹿島アントラーズが、世界屈指の名門クラブ、レアル・マドリード(スペイン)と日本時間20日未明に中東の地で大一番を迎えます。2年前の雪辱を期す鹿島。ただ今季のレアル・マドリードは以前より「弱くなった」との声が少なくありません。なぜなのか。そう言われる理由を探りました。

いつも悩む。早寝して見るか、見てから寝るか…

レアルマドリードは弱くなった?実際の成績は?

世界最高峰の欧州プロサッカーでも屈指の強豪クラブ、レアル・マドリード。所属するスペイン1部のリーガエスパニョーラでは優勝33回、欧州チャンピオンズリーグ(CL)でも優勝13回を誇る名門中の名門です。

ところが今季は出だしからつまずき敗戦続き。10月のライバル・バルセロナとの伝統の一戦「クラシコ」では1-5と惨敗を喫しました。このため「弱くなった」と批判を浴び、責任を問われロペテギ監督は解任。現在はソラーリ新監督の下で立て直しに懸命です。

レアル・マドリードの今季ここまで(18日現在)のリーグ成績は、16試合で9勝2分5敗の4位首位のバルセロナとの勝ち点差は5となっています。ソラーリ態勢でかなり持ち直したとはいえ、リーガの20チーム中総得点数は5位失点数は8位とまだまだ本調子とはいえません。

スペイン地元紙は最近「レアルは既に1年前から弱くなった」との分析記事を掲載。リーグ優勝した2016-17シーズン終了後から弱体化が始まり、3位に終わった17-18シーズンから現時点までの成績は、トータルで勝率55%にとどまっているとしています。ちなみに16-17、15-16シーズンはどちらも勝率76%でしたので、かなり落ち込んでいるのは確かなようです。

↓辛勝だった15日のラージョ戦

↓大敗した10月のクラシコ

レアルが弱くなったと言われる理由

レアル・マドリードがこのように「弱くなった」と言われる理由は何でしょうか。地元紙やファンは、欧州CL3連覇に導いた名将ジダン監督や、何度もリーグや欧州得点王に輝いたスーパースター、ロナウド選手が去ったことを最大の痛手に挙げます。そして「移籍は仕方ないとしても、代わりとなる戦力を補充できていない」(地元紙)のが苦戦の要因だと分析します。

レアル・マドリードOBの元オランダ代表ファン・デル・ファールト氏も、ロナウド選手の穴が大きいと指摘。「シーズンに40~50点取るような選手の代わりなんて見つけられない。このクラスで常にチームを助けられるようなFWを見つけるのは難しい。ソラーリはよくやっていると思うが、時間が必要だ」と語ります。

また欧州サッカーに詳しい解説者は「ビッグクラブゆえの悩みでは」と言います。レアル・マドリードはここ数年はいわゆる〝超大物〟の選手を新しく獲得できず、チームの新陳代謝が進んでいないというのです。「チーム内の選手の序列や主力選手への依存度が変わらず、一部の選手に疲労が蓄積しケガにつながっている」と指摘します。

また今年の場合、W杯の影響も無視できないとされます。レアルのレベルでは選手たちはほとんどが自国代表。夏のオフをある程度削りながらリーグのシーズンに入ったことで、少なからずパフォーマンス低下につながっているとも言われます。

↓大敗した12日のCSKAモスクワ戦

最近のレアルに関するネットの反応

2016年のレアルとは全く違うチームになっているけど、2年前に延長まで戦ったメンバーが多くいる
それでもレアルはレアル! 実力差は如何ともしがたい
「今のレアルなら」みたいな雰囲気になってるけど、まともにやって勝てる相手じゃない
流石にバルサは負けんと思うんだがレアルはワンチャンあるなぁ
あったら凄いし楽しみだけど、レアル敗退したら確実にスポンサー泣くぞ
いや腐ってもレアルはレアル❗️ 油断は禁物
やっぱりロナウドが居なくなって寂しい気持ちがない訳では無い
マドリーさんアヤックスにビビってるけど、その前に鹿島に負けるなんてことがあったら本当に面白い。本当に
今のマドリーはどんな相手も怖い(笑)
マドリー、Jリーグなんかに負けとかほんとシャレになんねーぞ!

出典:twitter

まとめ

鹿島には、その礎を築いた元ブラジル代表ジーコ氏がテクニカルディレクターとしてクラブW杯に同行し、大きな力になっているようです。J1随一の強豪鹿島。その出発点は、1993年のイタリア合宿でクロアチア代表との練習試合に1-8で大敗した時でした。ジーコ氏は試合後「相手も同じ人間だぞ」と激怒。「どんな強敵相手にも、腰の引けた戦いは許さない」と勝利への執念を植え付けたそうです。

レアルとの決戦に向け、ジーコ氏は「ネームバリューだけで勝てる時代ではない。サッカーは不思議なスポーツで、弱いチームが勝つこともある」と選手の気持ちを鼓舞。〝アブダビの奇跡〟は起きるでしょうか。

いよいよきょう深夜!ますます楽しみになってきた!!

■関連記事

関連記事

  1. さんずいに松の読み方は?立正大学淞南サッカー部について調べてみた

  2. チャンピオンズリーグ18-19の優勝賞金いくら?優勝予想まとめ!

  3. 久保建英のバイエルン戦の放送テレビかネットで日本時間何時からある?日本…

  4. ACL2019テレビ中継の放送予定まとめ!お得に見るには?

  5. アズムンがイケメン!プレースタイルや経歴を調べてみた

  6. アジアカップのジンクスまとめ!日本人監督は優勝できない!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP