甲子園

金足農業の吉田がマウスピースしてる理由!皆そうなの?

熱戦が続く夏の甲子園。大会10日目、14日には常葉大菊川-日南学園、花咲徳栄-横浜といった好カードが行われます。
第二試合で注目されるのが、大垣日大(岐阜)と対戦する金足農(秋田)のエース、吉田投手。
今大会No1ともいわれる好投手ですが、その150㌔の剛速球を支える「秘密」の一つがマウスピースだそうです。
その秘密とは?なぜ吉田投手はマウスピースをしているのでしょうか。

歯列矯正用のとは違うのかな…
Sponsored Links




金足農業の吉田がマウスピースする理由

金足農の吉田輝星投手(3年)は2001年、秋田県潟上市出身。
高校入学当初は130㌔程度しか球速が出なかったそうですが、徹底的な走り込みで下半身を鍛え上げ、身長175cmながら体重81kgと、太い筋肉をまとって投球フォームが安定。一気に球速もスタミナもアップしたそうです。

厳しいトレーニングとともに効果を発揮しているのが、マウスピース。
吉田投手は投球の際食いしばるあまり、歯が欠けたことをきっかけに、2年から着用しているそうです。
試合では高野連の規定で白のマウスピースしか使えませんが、練習ではお気に入りの色のピンクか、チームカラーの紫かで迷うというお茶目な一面も。
マウスピースを付けることで「しっかり噛めるというか、力が入ります」と効果を実感しているようです。

確かに、吉田投手が甲子園のマウンドで時折笑顔を見せると、非常に白いきれいな歯が見えることがありますが、どうやらこれはマウスピースのようですね。

マウスピースする野球選手って他にいる?

金足農の吉田投手のように、最近は野球選手でもマウスピースを着用する人が増えています。

通常、ボクシングなどの格闘技やラグビーといった顔面への衝撃が激しいスポーツでは、選手は歯や口の中を守るためにマウスピースを装着しています。
野球選手の場合、もちろんクロスプレーや死球などで顔に衝撃を受ける可能性はありますが、マウスピースの目的はやや異なります。

野球やソフトボールでは、ピッチャーの投球時やバッターが球を打つとき、かなりの力を込めるため歯を食いしばることがあります。その際、歯が磨り減ったり、口の中を切ったり、あるいは吉田投手のように歯そのものが折れることもあります。
このためプラスチック製のマウスピースで歯を覆い、口内を傷つけないようにしているわけです。

また野球では、噛みあわせを正常にして頭の重量を支えるあごを安定させ、体の軸をブレないようにする、という効果もあるようです。
マウスピースをした方がいい球を投げられたり、強い力でバットを振れたりするようになることが知られ、野球やソフトボール選手の間で徐々に広まってきたようです。

特にプロ野球では早くから、歯科医オーダーメイドの製品を装着する選手が多く、野手ではソフトバンクの内川選手、投手では西武の菊池選手や楽天の藤平選手などが知られています。

口を守る目的だけでなく、やはり「効率よく最大限の力が出る」「力まなくなり、体に余計な力が入らない」といったプレーへのメリットが大きいと、どの選手も話します。

こうした動きが高校野球にも波及し、10年ほど前から球児でも装着する選手が増えているそうです。
野球用は格闘技用と異なり、つけたまま会話や水分補給ができるよう前歯の部分が薄く作られているのが特徴。
専門メーカーによると、今では格闘技用を上回る需要があるといいます。

Sponsored Links




吉田選手に対するネットの反応

金足農・吉田、一気にドラ1クラスまで名前売りましたね
阪神 ドラフト上位候補に金足農・吉田投手リストアップ
吉田くんが地方大会から無双 今大会1人で投げ切るスタミナは充分
「金足農の吉田は球質と投げっぷりの良さ、けん制のうまさが光った」と元日本ハムスカウト
ストレートの伸びがまるで漫画!
金足農吉田欲しいけど大学希望らしいからね
今年の甲子園は、大阪桐蔭に他の高校が挑むって感じかなって思うんやけども、金足農は結構いいとこまでいくんじゃないかなと思う
吉田はあまり大量失点するようなイメージがわかないなと思った
プロで即戦力は 無理かも知れませんが 鍛えればまだまだ伸びしろは ある選手です
これは必ず化ける!ノビのヤバい怪物登場!! 金足農業高校 吉田輝星選手 ケツがすごい

出典:twitter

まとめ

吉田投手をはじめ今大会は能力の高い選手が多く、未来に明るさを感じます。
ただし、彼らを花開かせるためには「大事に育てる」ことが極めて重要だと思います。
複数先発、継投など高校野球も一昔前よりましになったとはいえ、今でも一人で150球近く投げたり、吉田君のように地方も本大会も一人で投げ抜くといった選手は、まだまだ多いようです。

甲子園を観戦したメジャーリーグ関係者は球数制限がないことに非常に驚いていたといいます。
過去のスター球児たちがプロやメジャーでケガが多く、思うように活躍できないのは「少年時代の投げ過ぎ」が原因、との指摘は説得力があります。

最後の高校生活で「投げずに悔いを残したくない」といった心情は分かりますが、子供たちの前途や球界全体のことを考えるなら、高校野球指導者は英断をもって選手を守って欲しいと願わずにいられません。

球数制限、これから議論になるかも…

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 木更津総合野球部の校歌の歌い方が爽快すぎる!反応まとめ

  2. 甲子園2018の150キロピッチャー!今年はこんなに多いの!?

  3. 甲子園の抽選結果の偏りのブロックは!見どころの試合はこれ!

  4. 大阪桐蔭が強すぎる3つの理由!これは真似できない

  5. 西川僚祐の出身中学はどこ?バッティングフォームからして違う!

  6. 侍ジャパン壮行試合メンバー決定!高校代表のスタメン予想をしてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP