国際

ファーウェイが逮捕者を解雇!の理由と中国の反応は?「一兵卒を棄てた」「黒を白と言う」

ポーランド当局がファーウェイの現地法人の中国人をスパイ容疑で逮捕しました。
この件で、ファーウェイはこの社員を直ちに解雇しました。その理由はどこにあったのでしょう。
これに他する中国の網友(ネットユーザー)の反応とともに解析してみましょう。

Sponsored Links




ファーウェイが逮捕者を解雇の理由と中国の反応

ファーウェイがポーランドで逮捕された従業員を解雇した理由とこれへの中国の反応を見て行きます。

ファーウェイは、カナダで、米国の要請で孟晩舟CFOが逮捕され、米中加で大きな問題となっています。
この件については、中国政府、ファーウェイとも不当だと激しい反発をしたうえ、中国国内のカナダ人数名を逮捕し、これは中国の報復ではとも言われています。

一方、これに比べると、今回の事件に対するファーウェイの、決断は早く、この従業員が、個人的な理由でポーランドの法律に違反し、ファーウェイの世界的名声に悪影響を与えたとして、直ちに解雇してしまいました。
この違いは一体どこから来るのでしょうか?

理由を3つ挙げてみます。

1.カナダでの孟晩舟CFOの逮捕が大きな外交問題になっているため、ポーランドで同様な問題を抱えないように、早々の幕引きを狙った。
2.カナダでの逮捕は、イランに製品を違法に輸出した容疑であったが、ポーランドでは、米国がもっとも気にしているスパイ容疑ということで、
社員に責任を押し付け、ファーウェイとは、一切関係ないとしたかった。
3.逮捕者が、CFOのようなファーウェイの最重要人物の一人ではなく、現地の一従業員であったので、簡単に解雇することで、関係を断ち切れると考えた。

うーん、厳しいな!

この事件に関し、環球時報(中国当局系のメディア)の胡锡進編集長の評論が出ていますので、中国政府の考えを紹介します。

どうも事件が起こった直後に、胡編集長は、ポーランドを非難し、従業員擁護の記事を書いたものの、
その後の解雇を受けて、意見を全く変えたため、網友の一部から不信を買っています。

環球時報の胡錫進編集長の評論

ポーランドはファーウェイの従業員王偉晶を「スパイ活動」で逮捕したことを受けて、ファーウェイは王偉晶を解雇すると即座に発表した。外部から王偉晶の罪の認否についての情報がない状況下で、孟晩舟の逮捕後の完全な救済と比較されて、ファーウェイは一般従業員を「切り捨て」たと、世論は、道徳的に批判しました。一見すると、この批判は当っています。
ファーウェイの従業員をスパイ活動で告発するというようなことをポーランドがしたのは、明らかに背後に米国の影があり、ファーウェイを抑え込もうとする米国の行動の一部であると考えています。このスパイ容疑は、中国政府の情報を収集するのを助けるためにファーウェイが装置を取り付けているという米国の非難を直接反映したものであり、イランの禁輸をめぐる米国の紛争に違反したかどうかはファーウェイとは別問題です。ファーウェイの名声を貶めるための最初の奇襲である。

ファーウェイは、王偉晶にポーランドで技術およびビジネス情報を違法に収集させることなどできませんが、王偉晶がファーウェイの内部規則や個人としてポーランドの法律に違反したのかどうかというようなリスクをファーウェイはコントロールできなかった。

ファーウェイは18万人の従業員を有する世界的な通信技術の巨人であり、王偉晶で示されたようなリスクを軽減するための努力をしてきましたが、それは別問題で、解雇の動機は明確で、これは、危機に瀕している会社にとって避けられない選択です。

ファーウェイが、王偉晶との契約を解除したからといって、中国政府がその合法的な権利と利益の保護をやめたわけではありません。中国大使館はすでに領事訪問を行い、これは領事館の彼への援助が開始されたことを意味します。この事件は世界中で広く注目されており、中国政府は、当事者に公正に審理するよう求めるよう最善を尽くすと思われます。

詳しく見てみると、ファーウェイは孟晩舟がカナダに逮捕された後に非常に短い声明を発表しただけで、カナダと米国の法制度は最終的に公正な結論を出すと確信しているとして、カナダに対していかなる非難もしませんでした。孟晩舟はカナダの法律に違反していないため、カナダの国境を通過する際に米国の要請でカナダに逮捕され、カナダが行ったことは世界に衝撃を与え、法的および外交的な抜け穴が明らかになりました。それで、中国政府と中国世論は初期段階で激しい非難を浴びせました。

中国が王偉晶事件にどのように対応するかは新たな挑戦であり、中国の対応としては孟晩舟事件での対応を完全に再現することはできないし、すべきではありません。しかし、中国国民の正当な権利と利益を保護する点に変わりはなく、その点を割引するべきではありません。ポーランドがスパイ案件を提起したことを考えると、それに対応するには別のロジックが必要です。

世論のレベルでは、ファーウェイを倒そうとする勢力にだまされてはいけない、彼らに勢いをもたらしてしまいます。ファーウェイは中国の民間ハイテク企業であり、技術に真剣に取り組み、複雑な地政学から距離を置こうとしていますが、ファーウェイが技術的な飛躍を達成すると、地政学上の問題が生じることになり、今日の受難に至ったのです。

今日のファーウェイがどれほど難しい状況にあるのか想像できます。中国の世論、我々がするべき唯一のことはファーウェイを理解し、同情と励ましを与えることであると思います。 ファーウェイは、成長の途上で遭遇する運命的な嵐の洗礼に耐えているのです。

ファーウェイが一般従業員を「切り捨て」たとの、世論の批判に対し、ファーウェイは困難な時期にあり、アメリカの攻撃にさらされているとして、ファーウェイを擁護し、国民全体で、支えてゆくべきだと説いています。
この従業員については中国国民として中国政府が保護をしようとしているとも述べています。

では、この論評に関する中国の網友の反応をみましょう。

ファーウェイ逮捕者を解雇への中国の反応

元木木木:私はあなたの視点が本当に好きだということがわかりました、お話は素晴らしい。
1月13日 14:26

被封无数次渣狼:車を守るために一兵卒を棄てた、国際的な笑い話になった。ファーウェイも国家を誘拐したが、我々はも個人経営者スパイ】【副業スパイ】と言うことになってしまう。
1月13日 14:52

僵尸研究员:この人は情報を収集して自宅で遊んでいると推定されます[笑] 1月13日 14:48

小P真的很爱giao:憎らしい米帝だ[ウーッ]。
1月13日 14:25

蓝衣服老头:外国には一致して前向きに
1月13日 14:26

安橙尔的麻麻:ファーウェイは民間企業であり、国有企業ではありません。このような決定をせざるを得ません。ファーウェイを支持しよう。
1月13日 15:16

你得学好X:ファーウェイは民間企業でも、国営企業でもありません。帝王の企業です。
1月13日 20:41

木空0_酒语:この決断は大胆で鼻息の荒いもので、これも世界的な基本規約に立脚しているファーウェイなんです。
1月13日 14:38

孙阿舅:完全に互いに矛盾しており、この問題に対する完全な解決策はありません。
この後、ファーウェイ、ZTE、TCL等の企業の悪だくみを持つことでしょう、米国とその手下は混乱を収め、きっと多くのダメージを与え、そして一つずつ問題を解決してゆくでしょう。
これには思想的な準備が必要です。
1月13日 19:22

吾乃常山赵孑龙:結局のところ、この家庭は非常に長い間編集者であり続けてきました、黒を白と言うこともできるし、城が粉々になることもあり得ます。
1月13日 14:45

 

このような問題では、当局の意見への賛成支持が圧倒的となるのが、普通ですが、今回は、従業員を捨てたとか、編集長への批判のコメントもかなり含まれています。、

当局が抑え込んでいるのでしょうけど
[/speech_bubble]
Sponsored Links




ファーウェイ逮捕者を解雇への日本の反応

スパイ容疑で逮捕。
中国なら当事国に対して猛抗議するのが普通だけどね。
まだスパイと確定した訳でもないのに早々と解雇。実に怪しいと思いませんか?
元人民解放軍のトップにいた人間が創業した会社だし…共産党政府の命令でヤバい行動をしてたんじゃないの?
日本と違って中国では推定無罪の原則がないようなものなので判断は難しいのですが、遂に馬脚を現しましたね。
ファーウェイは8つのパスポートを持っていたCFOが逮捕された際に「社は中国国家との繋がりは無い」と子供でも分かる嘘をついた時点で発言の信用性が無くなりました。
そして今回のスパイ容疑に対する迅速な解雇はスパイ行為があったことをファーウェイが認めたようなものであり、かなり深刻な企業体質であることがより明確になりました。
これを『とかげのしっぽ切り』といいます。
会社とは無関係なんて誰が信じるというのでしょうかね?
洗いざらいブチ撒けたらスッキリするだろうし、他国にもプラスになると思いますよ。
カナダで捕まったCFOは解任しないのかな?8冊ものパスポートを使い分ける人は、先進国の常識では犯罪者だと思うけどなぁ~
12月にカナダで逮捕された孟晩舟さんは同社を解雇されていない。
逮捕した国が違うとはいえ容疑も似たようなものだし、会社の名声を損ねたのは同じなのに、ダブルスタンダードだと思う。
個人で出来るわけない。
国家ぐるみでしょうね。
ファーウェイの社員は個人的にスパイ活動をし、会社は関与していない?
ファーウェイってすごい会社だが、そんな事誰が信じるのだろうか。
スパイに失敗したから解雇ですね。
当然のことです。
そこまでの末端だったという事でしょうか。
裏切られたと思ったこの社員が洗いざらい話す可能性は考えなかったのかな
イリーガルは捕まったら切り捨てられるものだからね、しゃーない
むしろファーウェイ副社長が切り捨てられなかったことのほうが驚きだった
容疑が確定してないのに?ヒドイ。確定していれば分からん話ではない。誤認逮捕だったらどうする?
やはり下っ端は容赦無く切るんですね。

不自然な素早さですな(笑)

出典:ヤフコメ

日本では、当然カナダ事件と対比してトカゲの尻尾切りだとのコメントが大多数となっています。
このような決定で、かえってファーウェイの関与を隠そうとしているのが、明らかになったのではという意見もいくつかありました。

まとめ

ファーウェイが逮捕された従業員を直ちに解雇した理由とこの事件への中国の反応をまとめました。

今後、ファーウェイを含む米中の次世代通信システムについての覇権争いがますます激しくなると思われます。
ファーウェイ、中国政府はどのようにこの事態に立ち向かうのか注視しておく必要があります。

Sponsored Links




関連記事

  1. ファーウェイCFO孟晩舟の妹のインスタにびっくり!「社交界デビュー20…

  2. ファーウェイ孟晩舟CFOの経歴は?海外の反応まとめ「ザッカーバーグが中…

  3. ゴーンショックへの海外の反応「また偶像が倒壊した」「リストラで多くが憎…

  4. クレーマー対応マニュアルで韓国のデパートが従業員保護へ!日本はどうする…

  5. NGT48の公演動画で謝罪を振り返る!炎上の感想まとめ

  6. 韓国レーダー照射事件への中国の反応は?「東北アジアの危機が遠のいたから…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP