ボクシング

ジェイソン・モロニーの強さとは?戦績と評価まとめ「タフな河野を滅多打ち!」「激似の双子ボクサー」

ボクシングの世界最強決定トーナメント、WBSSのバンタム級が今月いよいよ始まりました。
4試合行われる1回戦のうち、3試合目の日本時間21日に開催されるのが、IBF同級王者ロドリゲスvsWBA同級2位モロニ-戦です。
日本ではあまり知られていないモロニ-選手。その経歴は?強さや戦績にも迫りました。

双子プロボクサーって珍しい!確かに似てる!
Sponsored Links




ジェイソン・モロニーの強さとは?

ジェイソン・モロニ-選手は現在27歳。写真は笑顔がさわやかでなかなかのイケメンですね。
経歴は以下の通りです。

【国籍】オーストラリア

【生誕】1991年1月10日、オーストラリア・ビクトリア州ミッチャム生まれ

【身長とリーチ】身長168cm、リーチ170cm

【ボクシングスタイル】オーソドックス

【愛称】ザ・スムース・ワン

【特記事項】双子の兄弟、アンドリュー・モロニー選手も同じ現役プロボクサーで、顔はもちろん戦績も18戦負けなしとそっくりです。

WBSS開始前、ジェイソン・モロニ-選手はメディアに「WBSSに参戦できて興奮している。僕にとってこれは夢の実現だ!」と熱っぽく語りました。
オーストラリアではアマチュアで高い実績を誇るモロニ-選手。その強さは、アマ仕込みのテクニックやフットワーク、さまざまなボクシングスタイルにも柔軟に適応する能力にあるといわれます。

「世界チャンピオンになることは長年夢だった。ついにチャンスが来た。僕は両手でこの機会をつかむつもりだし、全力で勝ち抜き、オーストラリアを代表して新しい王者になると本当に信じている」と力説。
「僕は今まで無敗だけど、数字を並べるのが目的じゃない。世界に衝撃を与えたいんだ!」と自信を見せています。

WBSSプロモーターのザワーラント氏も「モロニ-はこのトーナメントでもエキサイティングな一人。彼はオーストラリア・ボクシング界最大のホープの一人であり、パンチのパワーもあるファイター。私たちはWBSSにふさわしいと自信を持って選んだ」と高く評価しているようです。

https://twitter.com/JasonMoloney1/status/1045441016038227968

モロニーの戦績

モロニ-選手はアマチュアからキャリアをスタート。英連邦に所属する50以上の国と地域が参加する一大スポーツ大会、「コモンウェルスゲームス」に、2010年にボクシングのオーストラリア代表として出場経験があります。

2014年にプロに転向。戦績は17戦14KO無敗です。

これまでに、バンタム級でWBAオセアニア王座と英連邦のコモンウェルス王座のタイトルを獲得しています。
ちなみにコモンウェルス王座は双子の兄弟アンドリュー選手も獲得しており、兄弟王者はオーストラリアで初めてだそうです。

日本のファンとして目を引く試合は、今年5月にオーストラリアで行われた、元WBAスーパーフライ級王者の河野公平選手との対戦でしょう。
ノンタイトル戦でしたが、モロニ-選手はタフガイで知られる河野選手を連打で圧倒する強さを見せます。河野選手は目の上を切って出血が止まらなくなり、6回終了後にドクターストップのTKO勝ちとなりました。

河野選手は既にベテランの域にあるとはいえ、あの井上尚弥選手でも6回まで〝手こずった〟元世界王者。モロニ-選手の強さの片鱗がうかがえるようです。

Sponsored Links




モロニーのネットの評価

モロニーも無敗でレコードとしては井上とさほど変わらないな
どちらの選手も動画では見ましたが情報が少ないだけに注目
フットワークが変幻自在だなぁ。ロマチェンコみたい
思い切りのいい右フック、右ストレートも破壊力があって高いKO率にも納得いく
タフな河野を滅多打ちにしてるからスタミナもありそう
ロドリゲスとの全勝対決が楽しみだ
さすがにロドリゲス相手では6回か7回で止められるのでは…
がんばれオージーレジェンド。必ず新チャンピオンになって!
オーランドの試合が待ち遠しい!
表記「モロニー」派。「マロニー」だとなんか美味しそうで嫌

出典:twitter、https://youtu.be/gygMlcyXvJk

まとめ

WBSS1回戦は、7日の井上選手の圧勝に続き、14日にはWBO王者のテテ選手がアロイヤン選手を判定で下し、2人目の準決勝進出を決めました。
残るロドリゲスvsモロニー、バーネットvsドネアの2試合が終われば、準決勝の顔合わせが決まります。
14日の試合では、かつて「バンタム級最強」といわれたテテ選手も、アロイヤン選手の粘りの前にやや苦戦を強いられた印象でした。
どの対戦も実力者同士だけに、何が起こるか分からないのが一発勝負の怖さであり、面白さでもあります。
さて次戦はどういう結果になるでしょうか。

格闘技って、KOも判定も紙一重だからね!

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 井上尚弥vsロドリゲスどうなる?コメントと予想まとめ

  2. ゴロフキンの戦績一覧と凄さまとめ!「生涯1度もダウン経験なし!!」

  3. 那須川天心のボクシング技術の評価は?大晦日は誰と対戦するか予想してみた…

  4. メイウェザーvs那須川天心の体重差に心配の声!過去にあった?対戦予想も…

  5. 奈良判定とは?意味と事例を紹介!村田選手のコメントも

  6. ワイルダーとジョシュアがどっちが最強?予想をまとめてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP