ニュース

桜田五輪相の問題発言の海外の反応「彼は完全なサイバーセキュリティを備えている」「(アニメの)ホーマー・シンプソンとしよう」

サイバーセキュリティー担当の桜田五輪相の「自分でパソコンを打つということはない」との問題発言への驚きの海外の反応を見てみましょう。
擁護する人はいるのでしょうか?

Sponsored Links




桜田五輪相の問題発言に海外も反応

今国会で審議予定のサイバーセキュリティー基本法改正案の担当大臣である桜田義孝五輪相(68)が、これまでパソコンを自分で使用したことがないと断言しました。

「ご自身でパソコンは使うか」と国会で質問され、「25歳の時から独立し、そういうことは常に従業員、秘書に指示をしてやっているので、
自分でパソコンを打つということはない」と言い切りました。

さらに、「日本の原発にUSBジャックはあるか」との別の質問に対しても、
「(USBを)使う場合は穴を入れるらしいですけど、・・・」とUSBについての知識がなかったことを露呈しました。

この驚きの問題発言に海外のメディアから多くの報道がなされました。
ロイター通信:「東京五輪に向けたサイバーセキュリティー対策の準備の監督責任者であるにもかかわらず」PCを使ったことがなかった。
ニューヨーク・タイムズ紙:「コンピューターを使わない人も多いだろうが、その多くは国家のサイバーセキュリティーを担当してはいないだろう。
でも、そういう人が実際にいるのだ」
英ガーディアン紙:「システムエラー:日本のサイバーセキュリティー相、コンピューターを一度も使ったことがないと認める」とのタイトル。

ワシントン・ポスト:「驚きの告白」とし、過去の慰安婦発言を紹介し、「軽率な発言をするという、積年の評判がある」、
「高齢化社会が進む日本では、桜田氏のように技術に疎い人は珍しくない」との内容です。

桜田五輪相の技術的な知識の不足は、65歳以上の人口が人口の28%を占めていると日本の高齢社会では必ずしも珍しいことではありません。
2015年の政府調査によると、 60歳以上の人々の3分の2以上がインターネットにほとんどアクセスしていなかった

また、世界中の有名人の中には、この技術に精通していない人もいます。トランプ大統領はツイッターを頻繁に使うものの、コンピューターは使わないと報告されています。

では、この記事に対する海外のネットユーザーの反応はどうでしょう。
ワシントンポストの上記記事へのコメントで見てゆきましょう。

桜田五輪相の海外の反応まとめ

彼の名前を英訳するなら「ホーマー・シンプソン」とする。
彼は“D’OH!”と言っている。
(注:アメリカのテレビアニメ「ザシンプソン」の主人公。“D’OH!”は彼が馬鹿なことをしでかしたときや良くない事が起こった時、もしくは彼自身に良くない事があったときに使うキャッチフレーズ。オックスフォードディクショナリーに追加登録されたことで有名。
もうめちゃくちゃだ!
技術的には、彼はコンピュータをまったく使用していないので、サイバーセキュリティの脅威から日本で最も安全な人の一人だ!
逆に言えば、彼は完全なサイバーセキュリティを備えている。もしコンピュータを全く使用しないなら、サイバーセキュリティの問題はありえない!
彼の準備不足はすべての他の人を恐怖に陥れる。
彼がサイバーセキュリティの法的枠組みを監督するために、コンピュータユーザーである必要がありますか?
米国防長官は、戦争で戦ったことがないだけでなく、軍隊にも勤めていない。
桜田は不器用な雇われ政治家なのだろうが、彼がコンピューターを使用していたとしても何も変わらないでしょう。
トランプはキャビネットでこの男を使える。他の恐竜たち(巨大で扱いにくい時代遅れなひとびと)に何かを教えることができるだろう。
素晴らしい!彼はトランプの次のサイバー皇帝かもしれない。

出典:ワシントンポスト2018/11/14記事へのコメント

驚き、呆れる、皮肉が大部分の反応ですが、一部に、監督するのに、実際にやれなくても良いとの意見がありました。しかし、桜田五輪相のオリンピックに関する答弁などを考えると、一般論でそう片付けることは日本の有権者にはとてもできないのではないでしょうか。

個々の答弁がすっきりしていれば、言えるけどね?

では、桜田五輪相はこれまでどのような経歴だったのでしょう(Wikipedia参照)。

Sponsored Links




桜田五輪相の経歴まとめ

1949年12月20日千葉県柏市正連寺に生まれの68歳。
高校卒業後は大工になり学費を稼ぎながら明治大学商学部に通った。
1976年 桜田建設創立
1996年 柏市議会議員(2期)、千葉県議会議員(1期)を経て衆議院議員総選挙に初当選し、以降4回連続当選。
2013年9月、文部科学副大臣
2016年10月、二階派に入会
2017年 第48回衆議院議員総選挙で7選
2018年10月 第4次安倍改造内閣の東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当相(サイバーセキュリティ担当大臣兼務)として初入閣。

若いころ苦労して、勉学に励み、建設業で成功を収めた方のようです。小学校しか出てなくても、土建業で成功し、政界で大いに活躍した田中角栄元首相を思い出させます。

<いままで問題とされた発言>
2013年10月5日、福島第一原子力発電所事故で発生した指定廃棄物の処理について「原発事故で人の住めなくなった福島の東京電力の施設に置けばいい」と発言した
2016年1月14日、従軍慰安婦に言及して「職業としての売春婦だった。それを犠牲者だったかのようにしている宣伝工作に惑わされすぎだ」との発言を
2018年10月2日 大臣就任会見で「東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当大臣の桜田義孝です」と自己紹介するところを「東京ぱらんぴっく、ぱらぴっく、パラピック競技大会、東京パラリンピック競技大会担当大臣の桜田義孝でございます」と3回も間違えた上に「オリンピック」を飛ばして自己紹介した。
2018年11月5日の参院予算委員会では、立憲民主党の蓮舫参院議員から聞かれた東京大会の基本コンセプトなどを即答できず、また大会予算の国の負担分「1,500億円」を「1,500円」などと言い間違えた。

桜田五輪相は衆議院当選回数として7回を数えるものの、大臣としての発言や答弁に不安があったので、もっともリスクの少ないとみられた五輪相にしたとの見方もあります。

まとめ

桜田五輪相の問題発言の内容とこれへの海外のメディア、ネットの反応をまとめました。

ワシントンポストの記事に「(日本の」60歳以上の人々の3分の2以上がインターネットにほとんどアクセスしていなかった」とありました。

総務省のH29調査で、60歳から69歳の日本の世代では、インターネット利用率は73.9%、インターネット利用機器でPCが47.7%、スマホが39.4%となっています。
次のように70歳以上のネット使用率もかなり高く、年々増加しています。

年代(歳)
60~6970~7980~
インターネット利用率

73.946.720.1
利用機器がPCの割合
47.427.2 8.1
利用機器がスマホの割合
39.416.1 5.2

今回の件では、桜田五輪相のお陰で、時代の遺物の恐竜にみなされた日本の高齢者も怒りを禁じえないのではないでしょうか。

家のじいちゃん怒り心頭!

「ホーマー・シンプソン」のように、オックスフォード辞典に載ることはないとは思いますが。何とかしてもらわないと!

Sponsored Links




関連記事

  1. 計画停電のメリットとデメリットは?意味はあるのかの声が多いが

  2. ドルチェ&ガッバーナのCM動画と炎上理由と経緯!1日で全てがひっくり返…

  3. 北海道ブラックアウトとニューヨーク・カナダ大停電との違いは?

  4. 高輪ゲートウェイ駅は130位なのになぜ決まった!?炎上してる「ダサい」…

  5. 水中毒とは?3歳の1日の目安は何リットルか調べてみた

  6. ラオスのダム決壊被害動画と日本で心配されるダムとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP