ニュース

北センチネル島の先住民とは?ドローン画像から推測できる実態とは?

北センチネル島を訪れたアメリカ人宣教師が地元部族に殺害される事件が発生したようです。
近づくと死ぬと恐れられる北センチネル島の先住民とはいったい何者なのでしょうか?
ドローン画像から推測できる実態を見ていきましょう。

今の時代だからこそ、そっとしておこうよ、って人が多いね
Sponsored Links




北センチネル島の先住民とは?

北センチネル島の先住民とはいったい何者なのでしょうか?

北センチネル島はマレー半島とインド亜大陸に挟まれたベンガル湾に浮かぶ小さな孤島で、インドの領海内に位置しています。
島は手つかずのジャングルと透明度の高い海、真っ白な砂浜が広がり、とても美しい島です。

その北センチネル島に古くから住んでいるのが先住民のセンチネル族。
センチネル族に関する確かな情報は現在もほとんどなく、言語や生活習慣も分かっていません。

センチネル族は長い歴史の中で外界との接触を一切拒否していて、近づく元は誰でも襲撃する非常に好戦的な部族です。

「近づくと死ぬ」と恐れられ、今回の宣教師殺害事件の他にも過去に地元漁師2人が殺害される事件も起こっています。

世界にはまだそんな部族がいるんだね
近づいたら問答無用で攻撃されるとか怖い…
Sponsored Links




ドローン画像から推測できる実態とは?

では、実際北センチネル島の先住民センチネル族とはいったいどんな実態なのか、ドローンやヘリコプターなどで撮影された映像からそれを探ってみましょう。

センチネル族を実際に捉えた映像を確認してみると、たしかにセンチネル族は外界との関わりを拒絶した非常に原始的な生活を送っているようです。

そして非常に好戦的なのも本当のようで、ドローンを長い棒のようなもので威嚇し追い払う様子が撮影されています。

いったいなぜセンチネル族はそこまで頑なに外界との接触を拒むのでしょうか?

その理由の1つは、推測ですが、抗生物質の発達に伴い体制が強化されたウィルスなどによる疫病から自らを守るためと言われています。

実際、世界の他の部族では最後の生存者がそうした疫病により死亡し絶滅してしまうということも起きていて、自らの種の存続を守るためにはセンチネル族の行動はある意味当然のことなのです。

センチネル族のような秘境に住む先住民は世界中が注目し、危険を顧みないバックパッカーや冒険家などが何度も接触を試みたりもしていますが、そうした軽率な行動によりセンチネル族を絶滅に追い込む可能性があるということを私たちは忘れてはいけません。

ほんとに旧石器時代みたいな生活をしてるんだね。食べ物とか病気の時とかどうしてるんだろう?
たしかにセンチネル族からしたら私たちは未知のウィルスを運んでくる敵なのかもしれないね。本当にそこまで考えているのかな…
Sponsored Links




センチネル族に関するネットの反応

新たにセンチネル族の犠牲者が
センチネル族のこと知ってて行ったんなら自殺行為だわ
センチネル族そもそも信仰とかあるのだろうか
事件は痛ましいがセンチネル族ロマンだな
文明見接触のセンチネル族っていうのがいるんだね。すごく興味深い
もともと外部接触で部族に被害があって以来攻撃的になったんじゃなかったっけ
昨日からセンチネル族が気になって仕方ない
センチネル族思ったよりいろんな意味ですごい。鎖国の方が平和だったかもね。わからんが。
出典:twitter

センチネル族に関するネットの反応をまとめてみました。

まとめ

北センチネル島の先住民センチネル族の実態についてまとめてみました。
ドローン映像などから探ってみると本当に文明との接触を拒絶し原始的な生活を送っている部族のようです。
頑なに外界を拒絶するのは疫病などから自らを守るためとも言われています。
今は立ち入ること自体違法ですが、センチネル族との交流を図るなど軽率な行動はせずそっとしておいてあげるのが彼らにとって一番良いことなんでしょうね。

Sponsored Links




関連記事

  1. ラオスのダム決壊被害動画と日本で心配されるダムとは?

  2. カルロスゴーンショックの黒幕は誰か?3つのネットの説をまとめてみた

  3. 計画停電のメリットとデメリットは?意味はあるのかの声が多いが

  4. 高輪ゲートウェイで192.168.11.1の意味とは?「そういうことか…

  5. Apple発表会は日本時間で9月のいつ?中継リンクもシェア!

  6. 桜田五輪相の問題発言の海外の反応「彼は完全なサイバーセキュリティを備え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP