MLB

アンドゥハーの成績を大谷翔平と比較!動画を見て分かるその凄さ!

2018年ア・リーグの新人王が事実上アンドゥハーと大谷翔平に絞られました。
アンドゥハーの成績を大谷翔平と比較して、動画からその凄さを分析しました。

Sponsored Links




アンドゥハーの成績を大谷翔平と比較してみた

アンドゥハーの成績を大谷翔平と比較し、動画からその凄さを解析しました。

2018年ア・リーグ新人王の最終候補3人が、エンゼルスの大谷翔平投手、ヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手、グレイバー・トーレス内野手と発表されました。
このうち、大谷とアンドゥハーのどちらかが有力と見られています。

アンドゥハーはヤンキースのレギュラーとして、149試合出場で規定打席を超えています。
また、レギュラーシーズンに加えて、プレーオフにも出場しています。
一方、大谷は、打者としてはDHとして、104試合に出場し、かつ投手として10試合に出ています。

両者を比較してみましょう。

アンドゥハーが打率。本塁打。打点で上回っており、DHで守備につかない大谷に対し、アンドゥハーはレギュラーの三塁手として、136試合に出場しています。
守備は必ずしもうまいとは言えませんが(失策15で、守備率0.948)、守備を全くしないDHとの差は大きいと言えます。

大谷が上回っているのは、OPSと盗塁数のみです。

一方、大谷の強みは投手として10試合に出場し、4勝2敗、防御率3.31の成績を残している点です。

同じ土俵で比べることができないので、両者の優劣を比べるのが非常に難しいこととなっています。

なお、ア・リーグ月間最優秀新人はそれぞれ2度ずつと、同じです。

アンドゥハーの動画から分かるその凄さ

まず、アンドゥハーの打撃の動画を見てみましょう。
順に、4月、6月、11月のものです。

以上を含めアンドゥハーの打撃の特徴(Sporting News参照)を見てみましょう。
・アグレッシブな打者で、早いカウントから狙ってゆき、初球でのバッティングでは打率.351本塁打6本の記録を残している。
・ストライクゾーンの打撃コントロール力が良い。ストライクゾーンに入った球に対するスイングで、91.8%をバットに当てている。
すなわち、どんなタイミングでも打てる球が多く、バットをゾーンに長くとどめることができるので、速球が来る予想が外れて、
遅い球が来たとしても、レフトに引っ張ることができる。
・ホームランの多くはレフトに飛んでいるが、それ以外に広く打球を飛ばすことができている(広角に打てる)。

Sponsored Links




アンドゥハーに関するネットの反応

アンドゥハーはじめ素晴らしい活躍をしたライバル達が数多くいるなかで受賞となれば、ファンとしてはこれ以上のことはない。本人も自信が確信に変わるんじゃないだろうか。
2度の右ひじ故障があっての、新人王候補とは凄いです。
つくづく故障・離脱が残念です。
こうして比べてみると、大谷の長打効率凄いな。
特に本塁打。
ホームラン大好きメジャーなら、当然選んでくれるよね。
日本でバリバリに活躍してたスーパースターが新人王って、何か違和感がある。
ここは二刀流を歴史に残すためにも記者は大谷を選ぶべきだ。
アンドゥハーが優秀といっても例年並みの優秀、走る、投げる、かっとばす大谷さんは新人王の歴史でも初めての人材。
オオタニサーン一択ですよやっぱり!
インパクトでは断然大谷だが記者がどう感じてるかが分からないね。
方向性がちがうから比較が難しいよね。
すうじてきにはアンドゥハー、インパクトと希少性なら大谷
俺が投票するならアンドゥハーかな
この流れなら記者投票である以上大谷で決まりかな?
新人王はMVPと一緒で総合力なんだろうし投手成績加えないとおかしいでしょ?
2018年メジャーア・リーグ新人王は大谷翔平で決まり!
アンドゥハーが獲らなければ世界が納得しない!
僅差で大谷でしょう。なんといっても二刀流。
やはり投手として、そして打者としての才能と実績をみれば大谷が受賞が妥当だろう、おまけに盗塁もできる俊足だし。

出典:ヤフコメ

もちろん大谷新人賞獲得のへの期待が全開ですが、一抹の不安も隠せません。
中にはへそ曲がりで、アンドゥハーを押すコメントもありますが。

まとめ

アンドゥハーの成績を大谷翔平と比較し、動画を含めて、その打撃の凄さを見てきました。

アンドゥハーが新人王に恥ずかしくない成績を上げていることは否定しませんが、
ここは二刀流でMLBにおける新たな地平を切り開いた大谷翔平に新人賞をと願いたいものです。

13日の発表が待たれます。

Sponsored Links




関連記事

  1. グレイバートーレスの成績!新人王候補は日米野球来る?

  2. 大谷翔平の投手復帰が9/3に決定!時間とネット視聴方法

  3. イチロー復帰2019は日本戦って?いつ?チケット発売に備えよう

  4. トミージョン手術の費用と成功率は?大谷翔平の2020年以降を占う

  5. アクーニャJrの成績!日米野球でも観れるその身体能力とは!?

  6. 日米野球2018日本代表を2014年と比較した!予想は何勝何敗?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP