ボクシング

スペンスvsマイキーガルシアのテレビ放送と日本時間!井上尚弥級同士が彼の解説で生中継!

▼WOWOWは今1か月分の料金で2か月分視聴可能!▼





※今なら
『3/17 10:00ガルシアvsスペンスjr』
『4/13 ロマチェンコvsクロラ』
『4/21 クロフォードvsカーン 』
『4/28 WBSSテテvsドネア』
『5/19 井上尚弥vsロドリゲス』

『3/23 娼年 松阪桃李が脱いで話題の映画』
『4/7 16:00 浜崎あゆみ 生中継ライブ』
『5/26 全仏OP 大坂なおみ錦織圭』
等の生中継も見ることが出来ます!





スペンスvsマイキーガルシアを生中継のテレビ放送で視聴する方法を調べました!

パウンド・フォー・パウンド(階級を超えたランク付け)の7位(ガルシア)と10位(スペンス)の試合というだけでも価値があるのですが
ガルシアは2階級あげて5階級制覇を狙ったある意味「賭け」であります。
無敗に執着せず、まさに「世紀の挑戦」をするガルシアの男意気をこの目で見たいと思うのは私だけではないでしょう!

絶対見逃さないために、テレビ視聴方法はもちろんネットで見ることができるのか?日本時間でいつか?
スペンスとガルシアの事前に見ておきたい動画や情報を紹介していきます。

スペンスvsマイキーガルシアのテレビ放送の視聴方法

スペンスvsマイキーガルシアのテレビ放送の視聴方法ですが、
各媒体調べ一覧にしました。放送されるのはWOWOWメンバーズオンデマンドのみです。つまりはWOWOWです。
世界戦とはいえさすがに日本の一般にはマイナーなので地上波はありません。

 TVスマホ最低支払料他番組も
見れる?
WOWOW△(スマホつぐなぐ必要あり)2484円(税込)
DAZNなしなし初月0円
地上波なしなし0円
スカパーなしなし439円+α
登録番組による

WOWOWと聞くと「敷居が高いのでは?」と思う人が多いのですが、簡単に登録出来て、簡単に退会も出来ます。
退会して再入会するのもOKです。けっこう気軽です。

条件としては、自分のTVにBS放送があるか?
ない場合は諦めるしかありません。確かめる方法も含め以下です。

▼WOWOWで生中継視聴する方法はこちら▼

1、WOWOWは初回登録1ヶ月分の料金で2か月見ることが出来るキャンペーン中
2、すべての番組が見放題で課金されるない!
3、WOWOWはなんと新作映画が課金なしで、追加配信が早い!
4、BSがあれば意外と簡単に登録、解約ができる!
リモコンの「BSボタン」→「チャンネル9」で 「受信できません」「エラー202」と出なければOK! あなたはWOWOWを契約して見ることができます!

最低支払料金は2484円(税込み)(2か月以内解約の場合) ※WOWOWオンデマンドに登録することで見ることが出来ます!

家を締め切ってヘッドホンとお酒 これで現地以上の最高のスポーツ観戦できるよ(笑
  

※今なら
『3/17 10:00ガルシアvsスペンスjr』 『4/13 ロマチェンコvsクロラ』 『4/21 クロフォードvsカーン 』
『4/28 WBSSテテvsドネア』 『5/19 井上尚弥vsロドリゲス』

『3/23 娼年 松阪桃李が脱いで話題の映画』
『4/7 16:00 浜崎あゆみ 生中継ライブ』
『5/26 全仏OP 大坂なおみ錦織圭』
等の生中継も見ることが出来ます!

登録後に「WOWOWメンバーズオンデマンド」に必ず登録してください!オンデマンド登録自体には料金はかかりません。
これを完了することで、スマホでアプリをダウンロードして見ることができます!

※視聴可能なのは「WOWOWメンバーズオンデマンド」です。WOWOWプライムやWOWOWライブがありますがメンバーズオンデマンドを選択。

BS通ってるなら見た方がいい!だってガルシア5階級制覇したら10万円以上の価値ある試合だよ!
僕も現地で試合観戦したことあるけど、交通費含め10万以上だったけど、正直観覧席からだと背中見せられると何も見えなくて正直よくわからんかった…テレビだとカメラが複数あって見やすい角度のものが見れるので、ちゃんと分析的に見る分にはテレビの方がいい。

一応まとめますと

・視聴可能はWOWOWで、オンデマンドで見ることができる!
最低支払料金は2484円(2か月縛り。2か月で退会してもOK)
・BSが通っているなら契約できる!(リモコンでBS 9ch が映ればOK)

・申し込んだら「WOWOWメンバーズオンデマンド」に登録しよう!

・これで15分くらいで観ることができます!

スペンスvsマイキーガルシアの日本時間

スペンスvsマイキーガルシアの日本時間は、3月17日(日)10時00分。から視聴スタート。
ただし、毎回のことですが、10時から試合が開始されるわけではなく、前座から始まりますので2試合消化後のパターンが常です。

以前もゴロフキンの試合などは、10時から視聴開始でしたが、13時前後から始まりましたね。
たいてい視聴開始時間と対戦時間はズレるので視聴開始からyahoo!リアルタイム検索、で「ガルシア」と検索して最新情報を
得ておきましょう。誰かが確実に「もうすぐ始まる!」とつぶやいていますから。

ちなみに「見逃し」た人は、WOWOWライブにて、「3月18日22時」より配信しています。これはその時間から始まります。

なんと解説は井上尚弥選手と、伊藤雅雪選手だよ!正直、解説も井上選手は一流って感じるわ。やっぱ頭良くないと王者に君臨できないんだなあとすごく分かる。
もう語彙力・トーク力でも井上選手に勝てない
▼WOWOWは今1か月分の料金で2か月分視聴可能!▼





※今なら
『3/17 10:00ガルシアvsスペンスjr』
『4/13 ロマチェンコvsクロラ』
『4/21 クロフォードvsカーン 』
『4/28 WBSSテテvsドネア』
『5/19 井上尚弥vsロドリゲス』

『3/23 娼年 松阪桃李が脱いで話題の映画』
『4/7 16:00 浜崎あゆみ 生中継ライブ』
『5/26 全仏OP 大坂なおみ錦織圭』
等の生中継も見ることが出来ます!





スペンスvsマイキーガルシアを見るべき3つの理由

スペンスvsマイキーガルシアはたしかに終わった後、ハイライト動画がyoutubeであがる可能性はあります。
しかし、それを見て満足できるでしょうか?
少なくとも僕は、「結果が分かった後」で見る試合は、アドレナリンの量がライブ観戦の10分の1以下だと思います。
本当に、ダウンの瞬間を何度か見る、といったくらいのメリットしかありません。

しかし、ライブの「生中継」は「次の瞬間何が起こるのか」分かりません。
結果が誰も分からない中での、あの歓声・選手の超集中力モードの目、自分が予想だにしなかった戦略、展開。
これが生中継の醍醐味であり、後からyoutubeなんかで見る見逃しの10倍以上の興奮と楽しみがあります。

私は最近ではドラマさえも見逃しより放送される時間に見るようにしています。そうじゃないと自分も集中しないし、面白さが全然違うからです。
ということで前書き長くなりましたが、見るべき3つの理由を紹介!

無敗同士・PFPトップ10内同士!

分かりやすく言えば、井上尚弥レベルの2人の対決となります。
P4Pというのはパウンド・フォー・パウンドの略で、つまりは「階級を超えたランク付け」をThe Ringという有名ボクシング雑誌が
ボクシングに精通した人たちによってランク付けをしたものとなります。

かつては、パッキャオやメイウェザー、最近ではロマゴン→ゴロフキン→ロマチェンコが1位となっています。
井上尚弥は現在6位。
参考リンクも示しておきます。


出典:https://www.ringtv.com/ratings/?weightclass=251

ガルシアのある意味無謀な5階級制覇狙い!

PFPの順位ではガルシアが7位、スペンスが10位ということで
これだけ見るとガルシアが強そうに思えるかもしれませんが、
ガルシアは2階級あげての対戦となります。

かつてPFP1位のロマゴンが階級をあげて挑戦したところ、
シーサケットに大の字にされるKOを食らったことは衝撃でありました。

そう、つまり技術だけでははかれない、体重差というか体格差によるパンチの差の影響は大きいのです。
スペンスとガルシアの体格差を見てみましょう。

※もちろん体重は規定のものに減量によって合わせてきますが、当日体重は数キロ変わるのは良くあることです。

 スペンスガルシア
身長177cm168cm9㎝
リーチ183cm178cm5cm
適正であろう
階級
ウェルター級
63.50kg~66.68kg
スーパーライト級
61.23kg~63.50kg
1階級差

ガルシアの適正階級はライト級かス-パーライト級か迷うところですが
掲示板の感想などを多く見て、スーパーライト級という人が多かったのでそうしてみました。
ただ、前回までライト級で戦っていたので2階級あげての挑戦となります。

この2か月、超面白い番組がやる

まずボクシングに関しては、4/28にWBSS準決勝のドネアvsテテがやります!
これもWOWOWオンデマンドです。
この勝者が井上尚弥と決勝でやることになるでしょう。ドネアが来ると個人的には面白いのですが..。

さらに5月19日4:50より井上尚弥vsロドリゲスがWOWOWでやります!(2か月内ではないですが…)

地上波は今のところ決まってないです。もしかしたら無理やり押し切ってどうにか放送するかもしれませんが
地上波はない可能性も十分あります。

その他ボクシング以外でも面白いのを紹介します。

・3/23 娼年R-15 松坂桃李が脱いで話題の2018年一番売れた映画
・3/20~ 錦織圭 マイアミOP(ATP1000)
・4/7 16:00~ 浜崎あゆみ 生中継ライブ
・4/13 ロマチェンコ防衛戦
・4/14~ 錦織圭 モンテカルロOP(ATP1000)
・5/26~ 錦織圭・大坂なおみ グランドスラム全仏OP
等々があります。

▼WOWOWは今1か月分の料金で2か月分視聴可能!▼





※今なら
『3/17 10:00ガルシアvsスペンスjr』
『4/13 ロマチェンコvsクロラ』
『4/21 クロフォードvsカーン 』
『4/28 WBSSテテvsドネア』
『5/19 井上尚弥vsロドリゲス』

『3/23 娼年 松阪桃李が脱いで話題の映画』
『4/7 16:00 浜崎あゆみ 生中継ライブ』
『5/26 全仏OP 大坂なおみ錦織圭』
等の生中継も見ることが出来ます!





スペンスの戦績と強さ

腹筋って割れるの6個だと思ってたけどスペンスは8個に割れてるでーー!
覚え方としては、ボクシング版ケンブリッジ飛鳥だね

本名:エロール・スペンス・ジュニア
国籍:アメリカ
出身地:ニューヨーク州ロングアイランド
誕生:1990年1月13日(29歳)
戦績:24戦24勝0敗(21KO)
利き手:左
スタイル:オーソドックス
タイトル:IBFフェザー級

スペンスは現在11連続KO継続中で、最も恐れられるボクサーの一人です。
リーチが長いので中間距離での対戦が得意で、力みのない綺麗なキレのあるジャブで相手は攻撃しづらいのが分かります。

だからといって接近戦が弱いわけでもなく左右のフックで仕留めるシーンが何度かありました。
つまり「イン」でも「アウト」でも勝負できる万能型です。

ただ、ここ1年半はそこまで強い選手とやっていません。ネックをいうならそこでしょう。
最後に強い相手と戦ったのは、2017年5月ケル・ブルック戦では。
そこでの勝利でPFP入りしましたが、言ってみればそれ以上の経験がないので物足りなさを感じている人も多いようです。

しかし、個人的にボクシングの評論家でフォローしてて尊敬する杉浦氏が2018年1月に次のようなことを記事で言ってます。

メイウェザーの次のスーパースターの候補はスペンス
・特にブルック戦は圧巻だった
・試合内容でも勝負できる本格派
出典:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/54193

と称している。

また別記事では
「メイウェザー本人が自身の後継者として太鼓判を押す男」として紹介もされていた。
出典:https://news.yahoo.co.jp/byline/miurakatsuo/20160124-00053733/

この記事には非常に興味深いことが書かれていた
「メイウェザーをスパーリングでボコった」という噂はここからきている。

2015年の話で当時スペンスは5戦消化した程度。
メイのメインスパーリングパートナーとなったスペンスだが、
メイが目にアザを作っていたのだ。
これがスペンスが作ったものだと噂されていて、確証はないがメイも強く否定していないのでそうではないか?と言われている。

とにかくあのメイウェザーが太鼓判を押している選手だけに「本物」といえるでしょう。
実際通称が「The Truth」

あーーなんかここまで聞いてスペンスの方が強そうな気がしてきた
▼WOWOWは今1か月分の料金で2か月分視聴可能!▼





※今なら
『3/17 10:00ガルシアvsスペンスjr』
『4/13 ロマチェンコvsクロラ』
『4/21 クロフォードvsカーン 』
『4/28 WBSSテテvsドネア』
『5/19 井上尚弥vsロドリゲス』

『3/23 娼年 松阪桃李が脱いで話題の映画』
『4/7 16:00 浜崎あゆみ 生中継ライブ』
『5/26 全仏OP 大坂なおみ錦織圭』
等の生中継も見ることが出来ます!





ガルシアの戦績と強さ

本名:ミゲル・アンヘル・ガルシア・コルテス
国籍:アメリカ
出身地:カリフォルニア州ベンチュラ
誕生:1987年12月15日(31歳)
戦績:39戦39勝0敗(30KO)
利き手:右
スタイル:オーソドックス
タイトル:フェザー級・スーパーフェザー級・ライト級・スーパーライト級の4階級制覇

ガルシアは、タイプとしては「堅実」で、スピードが特別あるわけではありません。
何がとびぬけているのか?と聞かれると答えずらいのですが、よく言われることとしては「教科書通り」
これは良い意味でも悪い意味にも取れますね。

左ジャブ+強烈なワンツーが特徴で、相手の嫌がるジャブでガードを崩し、強烈なワンツーでKOの山を築いた印象です。
タイミングがドンピシャで入るのはボクシングセンスによるものでしょう。
そして、恐らく頭が良く、試合の組み立てや対応力が高いので、今まで勝ってこれたと言えるでしょう。

ですので、パワーで劣るであろう、今回のスペンス戦では、今までのように左ジャブで崩せるか分からないし
特別なスピードがあるわけではないので、体格が上でかつ強い相手にどこまで今までのスタイルが通用するのか
疑問に思う人が多いというのが現実です。

しかし、それでもあえて挑戦する、男気は素晴らしいので、私もガルシアを応援してしまうでしょう。

人が不可能だというのを挑戦する人はやっぱかっこいいよね。無敗に執着がないのが分かるし。
▼WOWOWは今1か月分の料金で2か月分視聴可能!▼





※今なら
『3/17 10:00ガルシアvsスペンスjr』
『4/13 ロマチェンコvsクロラ』
『4/21 クロフォードvsカーン 』
『4/28 WBSSテテvsドネア』
『5/19 井上尚弥vsロドリゲス』

『3/23 娼年 松阪桃李が脱いで話題の映画』
『4/7 16:00 浜崎あゆみ 生中継ライブ』
『5/26 全仏OP 大坂なおみ錦織圭』
等の生中継も見ることが出来ます!





スペンスvsマイキーガルシアの予想とオッズ

2人の対戦に向けての準備の特集動画もいいですね!

さて、スペンスvsガルシアの予想をしていきましょう。

まずはオッズからです。bet365とウィリアムヒルズどちらも

スペンス:ガルシア=1.25:4.00

となっています。
圧倒的にスペンス有利ですね。

実際、過去の試合を見ると、特に素人が見た場合、相手が弱ければ弱い程倒した相手が強く見える心理現象があります。
なので、過去戦だけでは強さは測れないというのが正直なところで
素人には見えないフェイントの掛け合い、コンビネーション、動体視力の良さなどの優劣は
実際に対峙しないと分からないところがあります。

ロマチェンコvsリゴンドーなんかも、あんなに差があったのはショックだったなー。やっぱやらないと分からない

ただ、ここまでの見た目と噂からすると、スペンスが有利以外のなにものでもありません。

世界戦の経験が少ないのだけがネックであり、
ディフェンスの神様であるメイウェザーのお墨付き。

インでもアウトでも勝負できる柔軟性。ボクシングIQも高いと思われる柔軟性。

それに対して、体格で劣るガルシアが、打開する戦略が浮かばないというのが正直なところであります。

判定でスペンス。

Sponsored Links




スペンスvsマイキーガルシアのネットの反応

やはり皆が口をそろえるように、スペンス有利を言っていますね…。

ここでガルシアが意外性を見せて欲しい

まとめ

いかがでしょうか?
メイウェザーのお墨付きがついたスペンスは体格的にもすべてが有利さを示しています。

しかし、それでも5階級制覇の歴史に名を残すためか、勝負するガルシアが素晴らしいし、応援したいところであります。
どうなるか?

これはもう待てません!田口vs田中戦も前日にありますから
見ている方の精神が持つか分かりませんがボクシング漬けの土日となりそうです!

▼WOWOWは今1か月分の料金で2か月分視聴可能!▼





※今なら
『3/17 10:00ガルシアvsスペンスjr』
『4/13 ロマチェンコvsクロラ』
『4/21 クロフォードvsカーン 』
『4/28 WBSSテテvsドネア』
『5/19 井上尚弥vsロドリゲス』

『3/23 娼年 松阪桃李が脱いで話題の映画』
『4/7 16:00 浜崎あゆみ 生中継ライブ』
『5/26 全仏OP 大坂なおみ錦織圭』
等の生中継も見ることが出来ます!





関連記事

  1. ワイルダーvsフューリーの結果と海外の反応!判定に不服の声の理由

  2. 村田諒太が引退しない理由!次戦は誰がありうる?

  3. 井上尚弥対ロドリゲスの予想「教科書のような王道ボクシング」「井岡一翔タ…

  4. メイウェザーvs那須川天心の結果詳細と反応まとめ「これが体重差か」

  5. ワイルダーとジョシュアがどっちが最強?予想をまとめてみた

  6. ロマチェンコの海外の反応!井上尚弥が語る評価に感嘆!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP