スポーツ全般

小川雄勢の柔道グランドスラム放送をスマホでも見る方法!強さの評価は?

柔道のグランドスラム大阪大会が25日までの日程で大阪市で開幕しました。グランドスラム大会は東京五輪を見据えた代表選考でも重要な国際大会。名選手を多く輩出してきた日本の「表看板」ともいえる男子重量級で注目されるのが、小川雄勢選手です。小川雄勢選手の試合を生放送、特にスマホで見る方法はあるのでしょうか。

小川選手、益々お父さんに似てきた!
Sponsored Links




小川雄勢の柔道グランドスラム放送をスマホでも見る方法

柔道のグランドスラム大会は、国際柔道連盟(IJF)が主催する「ワールドツアー」の一つで、世界選手権、マスターズ大会に次ぐ3番目の格付けの主要国際大会です。全日本柔道連盟は五輪などの代表選考では国際大会の成績を特に重視しており、グランドスラム大阪大会の結果も重みを持ちます。

今回の日本勢は中量級などでの活躍が注目されますが、日本のお家芸といえばやはり100kg超級。かつては「無差別級」とも呼ばれ、山下泰裕、斉藤仁さんら名だたる世界柔道界のレジェンドを生んできた階級です。そこで今大会期待されるのが小川雄勢選手です。

この柔道グランドスラム大会は、テレビではテレビ東京系列の地上波で放送されますが、生中継で、またスマホで見るにはインターネットの動画配信「Paravi」がおすすめです!

Paraviはテレビ東京のほか、TBS、日本経済新聞社などが運営する動画配信サービス。Paraviは柔道グランドスラム大阪大会を全試合独占ライブ配信します。会員登録の初月は無料キャンペーンもあるようですので、柔道ファンにとってはグランドスラム大会をスマホで「無料視聴」できるチャンスともいえそうです。

Sponsored Links




小川雄勢の強さとは?

スマホでも楽しめる、柔道グランドスラム大会の重量級で期待の小川雄勢選手。柔道や格闘技ファンには「小川」という名字でピンとくる方も多いでしょうが、小川雄勢選手の父は、バルセロナ五輪柔道95kg超級銀メダリストで、世界選手権優勝や全日本選手権7回制覇も成し遂げた、格闘家の小川直也さんです。

そのDNAを受け継いだ小川雄勢選手は1996年、横浜生まれの22歳。今は明治大学に在籍中で、身長190cm、体重135kgとお父さんと変わらぬ堂々の体格です。意外なのは、幼い頃は「男だから出番が多い」との理由でクラシックバレエを習っていたこと。小学4年の時に父の経歴を知って、父の道場に入門し柔道を始めたそうです。

中学、高校でめきめき頭角を現し、全日本ジュニアで優勝するなど活躍。父と同じ明大に進み、昨年のグランドスラム東京大会では決勝でリオ五輪100kg級金メダリストのクルパレク選手(チェコ)と対戦。一進一退の長丁場攻防の末に指導2で勝利して、グランドスラム大会初優勝を飾りました。

小川雄勢選手の組み手は左組みで、得意技は払い腰や支え釣り込み足。ただ父・直也さんいわく「20歳頃の自分より技のバリエーションは豊富で強いが、決定的な得意技がないのが課題かな」とも評されています。100kg超級は全日本選手権王者の原沢久喜選手ら強豪揃いの階級。東京五輪に向けてはホープ・小川選手の一層の成長が期待されており、その意味でも今グランドスラム大会は重要な試金石となります。

Sponsored Links




小川雄勢のネットの評価

小川直也さんのお子さん雄勢選手、楽しみです
柔道の小川雄勢選手、一番好き。息子にしたいですね
小川雄勢かっこよすぎ
暴走王Jr 小川雄勢「1番になりたい」
数年後、プロレスに転向して大地と戦ったらドラマだよなー
14分を超える激闘の末頂点に立った前回大会 今年も粘り強い柔道に期待です
小川直也の息子雄勢が吉田秀彦率いる柔道実業団チームパーク24へ入社。柔道、PRIDE時代の因縁を知る人にとっては実に感慨深い
2005年大晦日PRIDE男祭りで吉田氏と戦った小川直也氏!!あのピリピリ感、激闘が今も目に焼き付いている。明大つながり。今後も楽しみです、小川Jr!
柔道小川かと思ったけど、違います。カーリング山口だった(^^)
渋谷の場外馬券売場で、柔道の小川直也選手が警備をしているのを見たのが思い出

出典:twitter

まとめ

現在の柔道は「合わせ技一本」が復活し、指導差決着を少なくした攻撃的な新ルールを採用。男子重量級では東欧や中央アジア、韓国などの筋肉質でスピードや強力な投げ技を持つ選手が席巻しています。世界選手権で日本は、2003年大会の棟田康幸さんを最後に10大会連続で頂点を逃すなど低迷しているのが現状。打破するには小川選手ら若手の台頭が是非とも必要だといえます。

柔道はルールが問題。リオ金の絶対王者リネールも決勝は「?」な試合だったし…

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 子供の習い事でスポーツはいつからやるのがベスト?科学的な根拠と大谷翔平…

  2. 宮川紗江からパワハラ告発された体操協会とは?「膿がたくさん出てくる」「…

  3. サビーナアルシンベコバの現在!世界女子バレーに出るか調べてみた

  4. 那須川天心の次戦RISE129の相手は?なぜロッタンとやらない?

  5. 紀平梨花のスポンサーはどこ?株価が上昇する?

  6. 堀口恭司の強さとは?那須川天心最強の刺客の理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP